Abukuma FRESH。世界5大ビール審査会の1つインターナショナル・ビアカップ、フレッシュホップビール部門で銅賞を受賞

株式会社ホップジャパン

 純国産生ホップによるクラフトビールづくりを行うホップガーデンブルワリーが、手摘み生ホップを収穫後1時間以内で醸造に用いて造った、受賞フレッシュホップ100%ビール「Abukuma FRESH」のご紹介

 純国産生ホップを使ってのクラフトビールづくりを追求するホップガーデンブルワリー(株式会社ホップジャパン 本社:福島県田村市、代表取締役:本間誠 https://hopjapan.com/ )は、日本地ビール協会が国内及びアジアのクラフト・ビールの普及と振興、ビールの品質向上を目的として主催している「インターナショナル・ビアカップ」に今夏醸造の新商品を出品。9月24日・25日に開催された審査会にて943の銘柄が集まる中、フレッシュホップビール部門(樽)にて、その新商品「Abukuma FRESH センテニアル」が銅賞を受賞しました。これに伴い10月より都内取扱店での一般販売も開始いたします。

Won a Bronze Award!

 2015年に創業、2020年11月、福島県田村市のグリーンパーク都路に田村市、復興庁の支援によってブルワリー(醸造所)を開設した株式会社ホップジャパンでは、地元ホップ農家との二人三脚の取り組みによって、今夏のホップ最盛期に早朝収穫した生ホップを、すぐに醸造に用いるフレッシュホップ100%ビールの生産を昨年から計画し、今年8月に醸造、9月中旬に完成させました。

 出荷を開始したばかりの新銘柄「Abukuma FRESH センテニアル」ですが、1996年創設の世界で3番目の歴史を持つ国際ビール審査会にて評価されたことは、ホップジャパンが取り組んできた生ホップを使ってのビール造りに一定の評価をいただけたものと喜んでいます。

 本審査会での銅賞は「ビールスタイル・ガイドラインの基準をクリアし、外観、香り・味のバランスが優れているビール」に授与されるもので、これまで一般的な国内クラフトビール醸造で標準的であった固形加工されたペレットホップを使うクラフトビール造りに対して、手摘み生ホップを収穫後1時間以内で新鮮なまま醸造に用いて造るという国内では極めて珍しい手法のクラフトビール「Abukuma FRESH」での受賞となりました。

AbukumaFRESH

 穫りたてのみずみずしいホップの香りと風味が楽しめる「Abukuma FRESH」は、数量限定生産で、ホップ品種が異なる、

 「Abukuma FRESH センテニアル」

 「Abukuma FRESH チヌーク」

 の2種類があります。

 センテニアルはホップの苦味がしっかりと感じられる爽快な飲み口で一般的なIPAビールに近い味わい。

 チヌークはホップの苦味が穏やかで飲みやすい軽めの味わいです。

 苦味強めしっかりタイプのセンテニアル。

 苦味穏やか淡めタイプのチヌーク。

 このように苦味の強弱からお選びいただけますのでビールの苦味が不得手という方でも、楽しんででいただきやすいラインナップとなっています。

商品写真

「Abukuma FRESH」センテニアル、チヌーク

 賞味期限:製造日より要冷蔵保存で6ヶ月

 アルコール分:6% 非加熱処理

 容量:330ml 瓶入

 価格:600円(税込)

 本商品についてはネット通販利用者からも都内店舗での取り扱い要望がありました。それらの声を受けて都内店舗でも販売開始します。

《東京都内での販売取扱店》

 ◎ MuSuBu STORE

 〒108-0071 東京都港区白金台4-9-19

 HAPPO-EN URBAN SQUARE 1・2F

 TEL:03-6456-2030

https://www.happo-en.com/musubu/

 ◎ 丸正 野方北口店

 〒165-0027 東京都中野区野方6丁目13-4

 TEL:03-3336-1848

https://www.marusho-chain.jp/storeguidance/118/

《東京都内でのイベント販売予定》

 名称:発見!ふくしまキャンペーン

 主催:東京電力ふくしま流通促進室

 日時:2021年10月20日(水)~ 2021年10月27日(水)

 10:00~19:00

 場所:大丸東京 地下1階食品売場

 〒100-6701 東京都千代田区丸の内1丁目9-1

《ネット通販でのご購入は》

https://hopjapan.stores.jp/

《ホップ生産の国内状況》

 ホップは現在でも北海道や岩手県、山形県、宮城県などで栽培されていますが、その収量はわずかです。1970年代まで国産のビールには国産ホップが使われ福島県田村市でも栽培されていましたが、安く、大量に仕入れられる海外産品に切り替えられて行きました。そのため現在の国産ホップの使用量は全盛期の1割にも達していません。

手摘み生ホップ

 その収穫のほとんどは大手ビールメーカー向け契約栽培で、それによって国産ホップは何とか存続していますが、ホップ農家の後継者も少ない状況です。

 一方、近年、多くのクラフトビールブルワリーが起業する中、国産ホップを使いたいというブルワリーは増えています。しかし、小さな独立系ブルワリーがホップ農家から自由に買い付けることは現状困難です。

《ホップジャパンの取り組み》

 当社は創業者がアメリカ・シアトルでクラフトビールの魅力に取り憑かれ帰国後、クラフトビールをテーマとして2015年に創業しました。以後、福島県田村市の地元農家との連携によって田村産ホップを地元で栽培する農家が生まれ、農家との二人三脚で独自の栽培方法を確立。そうして出来た田村産生ホップ使用クラフトビールを2020年より醸造販売しています。

田村式ホップ栽培

 これまで定番・準定番品として7種類の銘柄の異なる田村産生ホップ使用ビールを製造販売しています。

 これらは収穫したホップを即日、冷凍保存し、ほぼ通年製造出来るようにして造られたものですが、今般、発売する「Abukuma FRESH」は収穫直後の生ホップを、そのまま醸造に用いるという生産方法でフレッシュホップ100%ビールとして完成させました。

既存商品ラインナップ

 これは国内独立系クラフトビールブルワリーが生ホップとペレットホップをブレンドしながら使うことが多数である中、100%シングル生ホップのみでの醸造への挑戦は稀有で画期的な試みとなっています。

 福島県田村市・地元農家・ブルワリーによる三位一体で実現した、この取り組みは田村方式とも言うべきもので、栽培から醸造に至るまで田村市独自のブルーイングモデルとなっています。

※The International Beer Cup(インターナショナル・ビアカップ)とは

 日本地ビール協会が主催し開催されているビール審査会。

 第1回開催は1996年。旧インターナショナル・ビアコンペティション。

 2014年から現在の名称に変更され、世界でも3番目の歴史を持つビール審査会。毎年開催されている審査会としては世界で一番古い歴史を持ち、日本のビールはもちろん、海外で販売されている世界のビールを対象とした審査会である。

The International Beer Cup2021 審査結果

https://www.beertaster.org/medal/ibc2021_award.pdf

※世界5大ビール審査会とは

 IBA [The International Brewing Awards]

 インターナショナル ブルーイング アワード、イギリスで開催

 WBC[World Beer Cup]

 ワールド ビア カップ、アメリカで開催

 AIBA[Australian International Beer Awards]

 オーストラリアン インターナショナル ビア アワード、オーストラリアで開催

 EBS[The European Beer Star competition]

 ヨーロピアン ビア スター、ヨーロッパで開催

 IBC[The International Beer Cup]

 インターナショナル・ビアカップ、日本で開催

 上記、5つのビール審査会が歴史があり、世界で著名な審査会。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ