転職ドラフト、ITエンジニアが履歴書をオンライン上で作成および管理できる「履歴書」機能を追加

株式会社リブセンス

 履歴書作成やダウンロードなど、自身のキャリアに関するドキュメントの一元管理が可能に

 株式会社リブセンス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:村上太一、東証一部:6054)が運営するITエンジニア限定の競争入札型転職サービス『転職ドラフト』(URL: https://job-draft.jp/)は、2021年9月21日にユーザーがマイページで履歴書を作成してダウンロードができる機能を追加いたしました。

■「履歴書」機能追加の背景と目的

 転職ドラフトは、ITエンジニアのプロジェクト経験やスキルをもとに、企業が年収付きの指名を行う競争入札型転職サービスです。ITエンジニアのみなさんの実力がより伝わるレジュメやアウトプットの作成を支援することで、実力が正当に評価される世界の実現を目指します。

 転職ドラフトが独自の調査を重ねる過程で、ITエンジニアの転職において下記のような課題やニーズがあることがわかりました。

1.転職サービスやエージェントを活用していても、選考途中で一般的なフォーマットの「履歴書」を求められることが多い(注1)

 2.転職サービスに登録したレジュメや職務経歴書とは別に「履歴書」を作成したり管理したりすることが手間に感じるため、一元管理したいというニーズがある

 これらのことから、ITエンジニアに最適なフォーマットの履歴書を作成して実際に活用できること、またそれを転職ドラフトのレジュメと同じ場所で管理できることで新たな価値提供ができるのではないかと私たちは考えました。

 そこでこの度、ユーザーのマイページに、「履歴書」を作成してPDF形式でダウンロードができる機能を追加いたしました。機能追加によって、転職ドラフトに参加するITエンジニアのみなさんが、自身のキャリアに関するドキュメントを一元管理し、活用できるようになります。

 なお、作成した「履歴書」はユーザー自身に活用いただくものです。転職ドラフトのサイト上で公開されたり、意図せず企業に共有されたりすることはありません。

 注1:転職ドラフトのルール上、参加企業は「書類選考を通過している」と判断した方に指名(年収付きスカウト)を行っており、指名後の書類選考は禁止しています。そのため、今回追加した「履歴書」機能を指名後の書類選考に用いることはできません。

■「履歴書」機能の3つの特長

1.マイページ内でレジュメと履歴書を一元管理できる

 ユーザーは、転職ドラフトのマイページの【RESUME】から「履歴書」を作成することができるようになりました。転職ドラフトの独自の企業ヒアリングに基づき、「基本情報」「連絡先」「学歴・職歴など」「その他」といった、転職ドラフト参加企業が履歴書に求める要素が含まれています。

2.現年収を明かさずに履歴書の作成ができる

 「現年収」を記入する項目がないため、企業に現年収を伝えずに選考を進めることができます。

 転職ドラフトではこれまでも、実力を正当に評価できる世界を実現するため、レジュメに「現年収」の記入欄を設けていませんでした。一般的な履歴書には存在する項目ですが、今回追加した「履歴書」機能においても、あえて項目自体を設けないことにいたしました。

3.PDFでダウンロードして企業に提出できる

 企業から履歴書の提出を求められた際に、作成した「履歴書」をPDF形式でダウンロードして提出することができます。作成した履歴書が転職ドラフトのサイト上で公開されたり、意図せず企業に共有されることはないためご安心ください。

■「履歴書」機能で提供したい価値

 転職ドラフトは、ITエンジニアがキャリアに向き合う際に、実力が正当に評価された市場価値を武器にする体験を提供したいと考えます。

 以前よりご好評をいただいているレジュメに対する無料フィードバック(注2)および、今回の「履歴書」機能の追加により、ITエンジニアが定期的に自身の経歴を棚卸し、市場価値をはかることができるプラットフォームであることを目指し、体験品質の向上につながる機能追加に引き続き取り組んでまいります。

 注2:転職ドラフトでは、ITエンジニアの実力がより企業に伝わりやすくなるよう転職ドラフト参加前の審査の際に、レジュメに無料でフィードバックを行っております。初回参加時だけでなく、2回目以降の参加の場合でも無料フィードバックを受けられる「再レビュー機能」を2020年3月よりβ版をリリース、2020年8月より正式リリースしております。

https://job-draft.jp/articles/473

■転職ドラフトについて(URL:https://job-draft.jp/

 「転職ドラフト」は、レジュメを登録すると企業から年収付きで指名が届く、エンジニア向けの転職サービスです。入札結果を参加者同士・企業同士それぞれ匿名で閲覧できるようにすることで、"リアルな"市場価値が把握できるようになります。

 今日、さまざまな企業において、優秀なエンジニアの採用は重要な経営課題である一方、日本の採用プロセスは未だ課題が多い状況にあります。また、ITエンジニアの多くが、自分の市場価値を把握したいというニーズを持つ反面、従来の年収査定サービス(2次情報)では明確に把握することができず、企業から直接評価を受け(1次情報)ることで自分の市場価値をリアルに把握できる環境が求められています。リブセンスでは、こうした課題を解決すべく「転職ドラフト」を開発、運営しております。

 ーーーーーーーーーー

本件に関する問い合わせ先

 ■ 転職ドラフトに関する取材等のお問い合わせ

https://job-draft.jp/contact_us

 ■ 転職ドラフト公式Twitter

https://twitter.com/tensyoku_draft

 ーーーーーーーーーー

■株式会社リブセンスについて(URL:https://www.livesense.co.jp/

 ・所在地 東京都品川区上大崎 2 丁目 25 番 2 号 新目黒東急ビル

 ・設立 2006 年 2 月 8 日

 ・資本金 237 百万円

 ・代表者 代表取締役社長 村上 太一

 ・事業内容 インターネットメディア運営事業

 株式会社リブセンスは、「あたりまえを、発明しよう。」をコーポレートビジョンに掲げ、求人領域、不動産領域など多様なサービスを展開。新しい“あたりまえ”の発明を通じて、より多くのお客様に、そして広く社会に必要とされる企業を目指しています。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ