サステナビリティ情報サイトをリニューアル

ケイアイスター不動産株式会社

 ケイアイスター不動産株式会社は、2021年6月に新たにサステナビリティ推進室を発足させました。第三者の専門的な意見を参考にしながら、マテリアリティ(重要課題)の策定を進め、この度「サステナビリティ情報の発信」としてサイトをリニューアルしました。今後は同推進室を中心にESG要素を中心とした非財務情報のとりまとめや各種目標設定を行い、あらゆるステークホルダーにむけた情報発信を進めていきます。

 ケイアイスター不動産株式会社(本社/埼玉県本庄市、代表取締役/塙 圭二 以下 「当社」と言う。)は、2021年6月に新たにサステナビリティ推進室を発足させました。第三者の専門的な意見を参考にしながら、マテリアリティ(重要課題)の策定を進め、この度「サステナビリティ情報の発信」としてサイトをリニューアルしました。今後は同推進室を中心にESG要素を中心とした非財務情報のとりまとめや各種目標設定を行い、あらゆるステークホルダーにむけた情報発信を進めていきます。

 [サステナビリティ情報サイト]https://ki-group.co.jp/company/sustainability/

サステナビリティ推進室を発足

 当社は創業以来、不動産や建築に係わる様々な事業に取り組んできました。2017年に立ち上げたダイバーシティ推進室では、性別や国籍、障がいの区別なく様々な人材が多様な働き方を実現するための様々な施策に取組み、「新・ダイバーシティ経営企業100選」(令和2年度)、「なでしこ銘柄」(平成30年度、令和元年度)の認定を受けるなど評価を得てきました。また、2021年6月には、ダイバーシティ推進室を発展させ、次のステップに向けて、サステナビリティ推進室を発足させました。サステナビリティ推進室では、第三者の専門的な意見を参考にしながら協議を続け、この度、サステナビリティ推進方針と「豊・楽・快(ゆたか)なくらしを実現する商品」「人材制度・働き方」「品質管理・顧客満足」など8つのマテリアリティ(重要課題)を策定しました。

今後について

 今後はサステナビリティ推進室を中心に非財務情報のとりまとめや各種目標設定を行い、事業の持続的な成長のためESGの課題に取り組み、社内のガバナンス向上、国内外の社会的な課題の解決や、環境への対応、人権に関する課題、コンプライアンスの維持・改善、また、あらゆるステークホルダーにむけた情報発信を進めてまいります。

■ケイアイスター不動産とは

 「豊かで楽しく快適なくらしの創造」を経営理念に、「すべての人に持ち家を」をミッションとし、『高品質だけど低価格なデザイン住宅』の提供を行っています。仕入れから販売までの業務フローにITを導入した「ケイアイプラットフォーム」によって戸建住宅のサプライチェーンを最適化、分譲戸建業界における抜本的な効率性・生産性の向上により、コンパクトなセミオーダー型分譲住宅で日本トップシェアの実績を誇ります。1都14県(埼玉、群馬、栃木、茨城、千葉、神奈川、福岡、愛知、静岡、宮城、福島、佐賀、熊本、兵庫)で事業を展開しています。新築戸建を中心に年間5,000棟(土地含む)以上を販売(※)。2021年3月期の売上高は1,557億円(※)。デザイン性を重視し「KEIAI FiT(ケイアイフィット)」、「KEIAI TERRACE(ケイアイテラス)」「Ricca(リッカ)」、「和楽(わらく)」「IKI(イキ)」等、価格帯の異なる商品展開や地域特性を考慮し、お客様のニーズに対応しています。また、昨今は女性管理職を積極的に登用し、多様な働き方の実践が評価を頂き「新・ダイバーシティ経営企業100選」選定をはじめ様々な認定を頂きました。外国人実習生の積極的な採用など、ダイバーシティ推進に注力しています。(※グループ連結数値)

 【会社概要】

 社 名  ケイアイスター不動産株式会社(コード番号:3465 東証一部上場)

 代 表  代表取締役 塙 圭二

 所 在 地  〒367-0035 埼玉県本庄市西富田762-1

 資 本 金    82,105万円

 設 立  1990年11月

 従業員数   2,019名(連結 / 2021.4.1現在)

 U R L  https://ki-group.co.jp/

 事業内容  戸建分譲事業、注文住宅事業、総合不動産流通事業 ほか

 【リリースPDF】

https://prtimes.jp/a/?f=d29869-20210918-98c8ecfca0b109d137f6ae5d22c028e2.pdf

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ