ネットショップの売上金を使って直接お支払いが可能に!BASEがVISA加盟店で売上金を使える「BASEカード」の発行受付を9月21日より開始

BASE株式会社

 - 個人・スモールチームのキャッシュフロー早期化を実現、2022年にはモバイル決済やリアルカードでの決済にも対応。 -

 ネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」を運営するBASE株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役CEO:鶴岡 裕太 以下 BASE)は、「BASE」加盟店のキャッシュフロー早期化を目的に、ネットショップの売上をすぐに全国のVISA加盟店で利用できるバーチャルカード「BASEカード」の提供を開始いたします。まずは、9月21日(火)より先行受付を開始し、翌週以降に順次バーチャルカードの発行を開始してまいります。なお、より多くのBASE加盟店に「BASEカード」を使った決済をお試しいただけるように、カードご利用時の決済金額から最大で5%をキャッシュバックする「BASEカードリリース記念キャンペーン」を9月28日(火)から12月26日(日)まで実施いたしますので、あわせてお知らせいたします。

■「BASE」カード発行開始の背景

 -資金繰り対策にたどり着けない小規模ショップの課題解消へ -

 BASEは、これまでも加盟店に対して売上金の入金日を最短で翌営業日に短縮できる「お急ぎ振込」や、資金調達をリスクなく行えるサービス「YELL BANK(エールバンク)」を通じて、個人やスモールチームが運営するネットショップの資金繰り早期化を推進してまいりましたが、この度提供を開始する「BASEカード」では、顕在化した資金ニーズの解消だけではなく、ショップオーナーが資金の悩みに直面することなくいつでも円滑な経済活動を行えるように、さらに多くの潜在的な資金課題に対する予防を見据えてサービスを提供開始いたします。

○ 個人・スモールチームの資金繰りに関する課題

 「BASE」カードの発行対象となる「BASE」加盟店の現状として、9割以上が4名以下でネットショップを運営する個人・スモールチームという特徴があります。かねてより「BASE」では、ショップオーナーが抱える潜在的な資金繰りの課題について将来的な対応を検討してきましたが、「BASE」加盟店を対象に実施した資金繰りに関する最新のアンケート調査によって、実際に資金繰りの悩みに直面しても「解消に踏み出せない」「何をしたら良いかわからない」といった対策面での課題があることがわかりました。

 資金繰りに関しては、回答者の半数以上が「困った経験がある」と回答していますが、それについて実施した対策に関しては、約4割が「何もしていない」と回答しており、課題に直面していても適切な解決方法にたどり着けていない現状があります。

 また、「BASE」ではもとより、一般的な決済サービスでは月末締め、翌月数営業日後に入金されるサイクルが多い中で、ショップオーナーからの売上金の振込申請に対して10営業日後には口座に売上を入金するという早期入金サイクルを提供してまいりましたが、「ネットショップの売り上げが入金されるまでの時間(10営業日)を長いと感じている」と回答したショップオーナーが回答者の約7割も存在していました。

<ネットショップの運営資金に関するアンケート>

1、資金繰りで困った経験はありますか?

 ある・・・53.6%

 ない・・・46.4%

1-1、1で困った経験のある方は、どのような対策をされましたか?

 金融機関に相談した・・・29.3%

 家族や知人に借りた・・・25.5%

 何もしていない・・・40.4%

 その他・・・4.8%

1-2、1-1で資金繰りの対策を「何もしていない」と回答された方は、その理由を教えてください。

 お金を借りることに抵抗があった・リスクだと感じた・・・73.9%

 そもそもどんな手段があるかわからなかった・・・24.5%

 その他・・・1.6%

2、資金繰りで困ったご経験のある方は、具体的にどんなシーンで困りましたか?

 資金繰りに関して具体的に困ったシーンについては、記述式の質問に対する一部の回答をご紹介いたします。全体的に仕入れに関連した内容が多く、そのほかには、広告費用の捻出やコロナ禍での見通しの不安定さ等の回答が寄せられました。

 【一部の回答例】

 ・仕入れができなかった

 ・仕入れ数を減らすことになった

 ・原料の支払いが遅延した

 ・注文が増えても、仕入れが思うようにできない

 ・広告ができなかった

 ・コロナ禍で売り上げの予想がつかなくなり当面の運営資金に不安がある

 ・ロット数が多いものがなかなか作れない

 など

3、銀行等の金融機関を利用できず資金繰りに困った経験はありますか?

 ある・・・16.1%

 ない・・・40.7%

 銀行等の金融機関には相談したことがない・・・43.2%

4、ネットショップの売り上げが入金されるまでの時間(10営業日)は長いと感じますか?

 長いと感じる・・・65.1%

 短いと感じる・・・19.6%

 その他(ちょうど良い、法人のため特に影響はない、特に考えたことがない等)・・・15.3%

  「BASE」では、こうした個人・スモールチームの資金繰りに関する課題は、キャッシュフロー早期化により解消され、いつでも売上金を使用できる状態にすることで、よりショップオーナーの経済活動がスムーズに行われると考えています。

 そこで、まずは、オンライン決済で利用可能なバーチャルカード「BASEカード」の発行を開始いたします。2022年の上半期中にはリアルカードの発行も予定しており、オンライン・オフライン問わずネットショップの売り上げを好きなタイミングで使用できる環境を目指します。

 <資金ニーズに関する調査アンケート>

 対 象: BASE加盟店

 調査期間: 2021年9月7日(火)~9月13日(月)

 調査方法: インターネット調査

 回答数 : 656名

■「BASE」カード概要

 受付開始日:  2021年9月21日(火)

 U R L : https://cp.thebase.in/basecard

 発行対象 : ネットショップ作成サービス「BASE」加盟店

 バーチャルカード発行手数料・年会費: 無料

■「BASEカードリリース記念キャンペーン」

 バーチャルカードの発行開始を記念して、キャンペーン期間内に「BASEカード」をご利用された際に、ご利用毎に決済金額の1~5%がネットショップの売上残高にキャッシュバックされるキャンペーンを実施いたします。

 キャッシュバック実施期間: 9月28日(火)~ 12月26日(日)

 <キャッシュバック条件>

 バーチャルカードをお申込の際の本人確認方法によりキャッシュバックの割合が異なります。

 ・eKYC(※1)をご利用の場合・・・5%

 キャッシュバックは、1決済あたり上限500円まで。カード1枚につき上限金額5,000円まで。

 ・eKYCをご利用されていない場合・・・1%

 キャッシュバックは、1決済あたり上限500円まで。カード1枚につき上限金額2,000円まで。

 ※1 electronic Know Your Customer オンラインでの顔認証による本人確認

■今後の展望

 「BASEカード」は2022年上半期に、オフラインでも全国のVISAカード加盟店での決済に使用できるリアルカードの発行を予定しております。

 また、この度行ったアンケート調査に加えて、実際には売上のあるネットショップの半数以上が「お急ぎ振込」を利用されていたり、1ヶ月に1度のペースで資金調達サービス「YELL BANK」を活用して資金調達を実現されているショップオーナーもいることから、資金繰りのニーズとそれに応じた対策は多様な選択肢が求められていると考えています。

 そこでBASEでは、引き続き160万を超える「BASE」加盟店それぞれのショップ規模や、ニーズにあったキャッシュフローを幅広い選択肢からサポートできるように、既存の「お急ぎ振込」「YELL BANK」「BASEカード」に加えて、2022年中の提供を目標に「発送前の売上の買取」やそのほかにも新たな信用創造等による資金調達サービスの開発に取り組んでいます。

 BASEは引き続き、ネットショップ作成サービス「BASE」を利用することで、ネットショップ運営がかんたんになるだけでなく、ショップオーナーにリスクが無く、自動的にキャッシュフローの課題を解消するサイクルを構築し、さらにショップ運営が円滑に行われる環境を、金融事業(※2)を通じて提供してまいります。

 ※2「お急ぎ振込」「YELL BANK」「BASEカード」は、弊社100%子会社のBASE BANK株式会社が企画・開発するサービスです。

 以上

○「BASE」の「お急ぎ振込」とは

 ネットショップからの売上金の振込申請に対して通常10営業日かかるところを、振込申請金額の1.5%の手数料で振込までの期間を最短翌営業日まで短縮できる機能です。

○ 資金調達サービス「YELL BANK(エールバンク)」とは

 「BASE」を利用するショップオーナーが、リスクが無く、即時に資金調達ができる金融サービスです。「BASE」のデータから、各ショップの将来の売上金額を予測して「YELL BANK」がショップオーナーから将来の売掛債権を買い取ります。買い取った金額は即時にショップオーナーに支払われるため、ショップオーナーは将来の売上を”今すぐ”利用することができます。資金調達後はショップの商品が購入される度に、売上から「YELL BANK」へ一定の支払率に応じた金額が支払われるので、ショップオーナーは支払いを気にすることなく商品制作に集中することができます。「YELL BANK」がショップから買い取った将来債権が万一発生しない場合には、そのリスクを「YELL BANK」が負担いたします。

<「BASE(ベイス)」について>

 「BASE」は、ものづくりをする個人・法人、地域活性を支援する自治体等の行政をはじめ、160万ショップにご利用いただいているネットショップ作成サービスです。

 個人・スモールチームの利用にも最適化されたサービスを提供しており、直近1年以内にネットショップを開設する際に利用したカート型ネットショップ開設サービスの調査において、ネットショップ開設実績4年連続No.1を獲得しています。(2021年2月 調査委託先:マクロミル)

○ ネットショップ作成サービス「BASE」の特長 https://thebase.in

 誰でも簡単にネットショップが作成できるWebサービスです。初期費用・月額費用などの固定プランが無く、商品が売れた際のみ手数料が発生するシステムです。商品が売れるまでは、無料でリスクなくご利用いただけるのが特長です。

 導入が簡単な決済機能、おしゃれなデザインテーマ、トランザクション解析ツールなどネットショップ運営に必要な機能を備えており、費用やWeb技術、時間などのさまざまな理由でこれまでネットショップを始めることが困難だった方も、気軽に始めていただくことが可能です。簡易な操作性でネットショップを運営できるので、商品を企画・生産・製造されている方が、ものづくりをしながら販売まで対応することができます。

 【会社概要】

 会 社 名 : BASE株式会社 (英語表記 BASE, Inc.)

 代 表 者 : 代表取締役CEO 鶴岡 裕太

 所 在 地 : 〒106-6237 東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー 37F

 設 立 : 平成24年(2012年)12月11日

 資 本 金 : 85億4,806万円[2021年6月30日現在]

 U  R  L : https://binc.jp

 事 業 内 容 : Eコマースプラットフォーム「BASE」の企画・開発・運営

 関 係 会 社 : PAY株式会社 / BASE BANK株式会社

 BASEは、「Payment to the People, Power to the People.」の企業ミッションのもと、ネットショップ作成サービス「BASE」を通じて経済活動が活発に行われる環境構築に取り組み、個人・スモールチームの可能性を広げるパートナーとして、皆様の活動に寄り添います。

 会 社 名 : BASE BANK株式会社 (英語表記 BASE BANK, Inc.)

 代 表 者 : 代表取締役CEO 鶴岡 裕太

 所 在 地 : 〒106-6237 東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー 37F

 設 立 : 平成30年(2018年)1月4日

 資 本 金 : 1億25百万円[資本準備金を含む/2021年6月30日現在]

 U  R  L : https://basebank.jp

 事 業 内 容 : 金融事業の企画・開発・運営

 関 係 会 社 : BASE株式会社(BASE BANKはBASE株式会社の100%子会社です)

 既に仕組みは存在しているけれども、多くの人がその恩恵を享受できていない。 その様な現状を無くすために生まれたのがBASE BANK株式会社です。「銀行をかんたんにし、全ての人が挑戦できる世の中に」を企業のミッションとして、「BASE」加盟店を対象とした「お急ぎ振込」「YELL BANK」「BASEカード」をはじめ、リスクの無いあたたかい金融事業の企画・開発を行っています。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ