商用車のEV化促進に向けた、バッテリー交換式EVトラックの研究開発への参加について~伊藤忠商事、いすゞ自動車、JFEエンジニアリング、エッチ・ケー・エスとの共同プロジェクト~

株式会社ファミリーマート

 株式会社ファミリーマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:細見 研介)は、伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長COO:石井 敬太)を代表企業として環境省に採択された「令和3年度バッテリー交換式EV開発及び再エネ活用の組み合わせによるセクターカップリング実証事業」において、実証事業のフィールド提供企業として参加することになりましたので、お知らせいたします。本実証事業で開発されるバッテリー交換式EVトラックを当社の店舗配送に導入し、実証データとして活用することで、商用車のEV化を促進し、物流網の脱炭素化を目指します。

1.本プロジェクトの目的

 日本政府は、2050年までにカーボンニュートラルを目標として掲げています。特に全CO2排出量のうち約4割は運輸部門が占めており、物流網の脱炭素化は必要不可欠となります。しかし電動自動車(EV)においては、航続距離や充電時間、充電インフラ、価格といった課題を抱えており、特に稼働時間の長い商用車ではバッテリーの充電に一定の時間を要する事から、充電器の運用に課題があり、商用車のEV化が進んでいない現状があります。

 また、政府の目標達成のためには再生可能エネルギーを最大限に利活用することが求められますが、調整力となる蓄電機能が高価であることから、普及が限定的となっています。また地域の防災施設等は非常用電源が不可欠となりますが、必要十分な機能を維持しつつコストの低減も求められています。

 以上のような背景を踏まえて、本プロジェクトでは、バッテリー交換式トラックを開発する事により商用車のEV化を促進し、更に再生エネルギー由来の電力の活用を目指すことで、持続可能かつ地域貢献型の脱炭素型交通・物流モデルの構築を目指します。

2.実証事業の概要

 本プロジェクトには、ファミリーマートの他、伊藤忠商事株式会社、いすゞ自動車株式会社、JFEエンジニアリング株式会社、株式会社エッチ・ケー・エスの4社がパートナー企業として参画します。環境省公募の委託事業を通し開発されたバッテリー交換式EVトラック及びバッテリーパックを、ファミリーマートの配送車として運用し、バッテリー交換ステーションを埼玉県三郷市のファミリーマート三郷中央センターに設置することで、ファミリーマート各店舗までの走行実証を行います。

<実証概要>

 実証期間

 令和4年(2022年)度下旬~令和6年(2024年)度末 (予定)

走行ルート

 三郷中央定温センター(埼玉県三郷市)~ファミリーマート各店舗

車両

 バッテリー交換式EVトラック

テーマ

 【物流網の脱炭素化】

 ・トラックのEV化推進

 ・バッテリー交換式EVトラックの利便性・コスト競争力の検証

 【地域の再生可能エネルギー利活用・BCP対応】

 ・再生可能エネルギーを活用したバッテリー充電

 ・災害時の電力供給源としての役割(車両・ステーション)

3.参画各社の役割分担

 伊藤忠商事 全体のプロジェクト管理、事業性検討

 いすゞ自動車 バッテリー交換式EVトラックの開発

 JFEエンジニアリング  バッテリー交換ステーションの開発

 エッチ・ケー・エス バッテリーパックの開発

 ファミリーマート 実証フィールドの提供

 ファミリーマートは、今年創立40周年を迎えました。これからも「あなたと、コンビに、ファミリーマート」のもと、地域に寄り添い、お客さま一人ひとりと家族のようにつながりながら、便利の先にある、なくてはならない場所を目指してまいります。

 【ファミリーマート40周年プロジェクト】

 URL:https://www.family.co.jp/campaign/spot/2021_40th.html

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ