UnionPay、JRFと提携契約を締結 日本から各地のUnionPayカードへ国際送金が可能に

UnionPay(銀聯国際)

 国際カードブランド、 UnionPay International(銀聯国際、本社:上海)は、国際送金会社である株式会社ジャパンレミットファイナンス(本社:東京都港区、以下:JRF)と国際送金業務の提携契約を締結し、2021年9月15日より、MoneyExpressサービスの提供を開始します。これによりUnionPayカードでの、より安全で迅速な国際送金が可能になります。

 MoneyExpressは、従来の銀行振り込みとは異なり、送金時に事前に為替レートをロックし、送金はカード会計通貨で銀聯カード口座に直接入金します。入金は、12時間以内で完了し、受け取る際の手数料は無料です。

 JRF送金用カードの利用、JRF銀行口座への振り込み、JRFの国際送金用モバイル・アプリケーション「JRF Wallet」と、11拠点あるJRFの日本オフィスからの送金が可能です。

 今後もUnionPay Internationalは、次世代型国際送金戦略を見据えつつ、お客様の利便性向上に取り組み、より質の高い送金サービスの提供を目指します。

UnionPayカードとは

 UnionPayカードは、世界180の国と地域で使用可能です。加盟店は6,300万店に上り、70の国と地域で発行されています。(2021年6月時点)

 Unionpayが提供するQRコード決済は、世界中の約3000万店舗で、また、非接触IC決済「クイックパス」は、世界中の約2500万店舗で利用可能です。(2021年6月時点)

 ◆UnionPayカードWEBサイト: http://www.unionpayintl.com/jp/

UnionPay International(銀聯国際)とは

 UnionPay International(銀聯国際)は、UnionPayの国際事業を取り扱う子会社です。幅広い顧客基盤を持ち、良質で便利・安全なグローバル決済サービスを提供。増加する世界各地の会員に対しても日常に便利でその地に根付いたサービスを提供しています。

 日本では2006年よりカード発行業務を開始し国内の加盟店数は130万店を突破しています。また、各大手銀行や全国のコンビニATMでも利用可能です。(2021年6月時点)

 MoneyExpressはUnionPayが提供するクロスボーダー送金サービスです。今まで、MoneyExpressはすでに、アメリカ、日本、シンガポール、オーストラリア、イギリス、ロシアなど45の国と地域でローンチしました。(2020年12月末時点)

■株式会社ジャパンレミットファイナンスについて

 2011年9月に設立。資金決済に関する法律に基づく資金移動業者ならびに前払式支払手段(第三者型)発行事業者。財務省関東財務局長資金移動業者第00024号、財務省関東財務局長第三者型発行者第00737号にて登録済。

 海外送金事業では、外国銀行等を支払委託先として、アジアを中心に80カ国以上へ送金が可能となっております。(2020年12月時点)

https://www.jpremit.com/

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ