みんな電力を通じて、横浜の“動くガンダム”が、ハマウィングの電力を利用開始

みんな電力株式会社

 エンターテイメント×再エネで脱炭素を加速、「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」へ協賛!

 バンダイナムコグループの株式会社Evolving G(代表取締役:佐々木新、所在地:東京都杉並区)とみんな電力株式会社(代表取締役:大石英司、所在地:東京都世田谷区)は、横浜市風力発電所「ハマウィング」で発電した電力を株式会社Evolving Gが運営する「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」に供給することに合意し、5月より供給を実施しております。「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」は2020年に横浜市の山下ふ頭にオープンした複合施設で、全高18メートルの実物大“動くガンダム”が注目を集めています。既に当施設へ再生可能エネルギー100%の電力が供給されており、電力由来のCO2排出量はゼロとなっております。また、みんな電力株式会社は、9月より、協賛社として「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」に参画してまいります。株式会社Evolving G / みんな電力株式会社

 ハマウィング(左) と実物大の“動くガンダム” / (C)創通・サンライズ

1.取り組みの背景

 バンダイナムコグループでは、各事業分野において年度ごとにCO2排出量の削減目標を設定し、エコに関する取り組みを通した削減努力を行っています。2020年度のグループ全体の排出量は2013年度対比約29%の削減となる52,256t-CO2となりました。2008年度から排出量管理とともにユニットごとに原単位※1による管理も導入し、CO2排出量の削減に努めています。2021年4月には脱炭素化社会に向けた目標として「2050年までに自社拠点(社屋、自社工場、直営アミューズメント施設等)におけるエネルギー由来の二酸化炭素排出量 実質ゼロ」を掲げ、目標達成に向けた取り組みを推進しています。

 みんな電力株式会社は、「Zero Carbon Yokohama」を掲げる横浜市に賛同し、2019年より再エネを通じた地域連携施策として電力を供給しています(■横浜市とみんな電力の取り組みを参照)。このたび、脱炭素社会の実現に共感いただいたEvolving Gの協力を得て、多くのファンを魅了し続けるガンダムとのコラボレーションが実現しました。自治体のみならず、エンターテイメント業界と連携していくことで、再エネ切り替えに対する社会的関心を高め、気候変動問題の解決に貢献していきます。

 ※1従業員や延床面積あたりのCO2排出量

2.スキーム概要

 ブロックチェーン技術を活用したP2P電力トラッキングシステム「ENECTION2.0」を利用して、横浜市風力発電所「ハマウィング」で発電した電力を「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」に供給しています。「ENECTION2.0」を通じて30分ごとに発電量と需要量をマッチングし、取引として約定。発電所を特定した電力供給を実現しています。

 「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」は、再生可能エネルギー100%の電力※2でCO2排出量ゼロの事業運営を行っています。

 ※2 「ENECT RE100プラン」の電源構成は、FIT電気+再エネ電気で100%です。うち、FIT電気分は非化石証書を購入することで再エネ100%を実現します。なお、インバランス発生時など再エネ比率が100%にならない場合がありますが、その際も証書によりCO2排出係数ゼロは維持されます。

3.代表者コメント

 ■佐々木 新(株式会社Evolving G 代表取締役)

 実物大“動くガンダム”を通じて、CO2排出量の削減とものづくりを両立し、動かすエネルギーを有効活用することを大切にしたうえでのものづくりの素晴らしさを伝えていければと考えております。

■大石 英司(みんな電力株式会社 代表取締役)

 このたび再エネを通じた横浜市のランドマークの連携が生まれました!

 脱炭素社会の実現に向けて、再エネ電力への切り替えは非常に有効な手段であり、ご家庭でも簡単にできるアクションです。今回の取り組みが、ガンダムファンの皆さんが再エネや気候危機問題に関心を持っていただくきっかけになればうれしく思います。これからもエンターテイメント業界と力を合わせ、待ったなしの気候危機問題の解決に尽力していきたいと思っています。

■横浜市風力発電所「ハマウィング」について

 ハマウィングは2007年3月に運転を開始した、横浜市の環境行動のシンボル的事業です。市民や事業者と連携しながら再生可能エネルギーの普及を進める、都市型立地の風力発電所です。

年間発電量:約210万 kWh(一般家庭の年間消費電力量の約600世帯分に相当)

定格出力:1,980kW

横浜市 ハマウィング紹介ページ:

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/machizukuri-kankyo/ondanka/etc/hama_wing/furyoku.html

■横浜市とみんな電力の取り組みについて

 再エネ通じた地域循環共生圏の実現を目指し、2019年より主に東北地方で発電した電力を横浜市内の事業者に供給しています。

 2019年 9月~青森県横浜町の風力発電電力を横浜市内に供給(計16事業者)

 2020年10月~秋田県八峰町の風力発電電力を横浜市内に供給(計9事業者)

 2021年 4月~岩手県軽米町の風力発電電力を横浜市内に供給(計5事業者)

 また今年4月から横浜市風力発電所「ハマウィング」の発電電力を横浜市内に供給しています。(計3事業者)

■みんな電力について

 大手印刷会社で新規事業を担当していた大石英司が、再生可能エネルギー事業会社として2011年に設立。2016 年に発電者と生活者をつなぐ電力小売りサービス「顔の見える電力™?」を始めるなど、「納得感を持って選択する」という体験の提供にこだわり、2020年には清潔な空気環境の選択につながる空気環境改善事業「みんなエアー」を開始。今後もソーシャル・アップデート・カンパニーとして、独自のブロックチェーン技術を基盤とした「顔の見えるライフスタイル」の実現を目指す。2020年、第4回ジャパンSDGsアワードSDGs推進本部長(内閣総理大臣)賞を受賞。公式サイト:https://minden.co.jp/

■GUNDAM FACTORY YOKOHAMAについて

 全高18mの実物大ガンダムを動かすという夢を実現し、横浜で体感いただく施設です。

 『機動戦士ガンダム』TV放映40周年プロジェクトの一環として、株式会社Evolving Gが横浜市と連携し期間限定(2022年3月31日まで)でオープンしています。

 施設内には、”動くガンダム”を格納・メンテナンスワークを行うデッキ「GUNDAM-DOCK」と、”動くガンダム”の仕組みを楽しみながら学べる展示施設「ACADEMY」などが入った「GUNDAM-LAB」の2つのエリアで構成されており、「GUNDAM-DOCK」には、15-18mの高さから”動くガンダム”の頭部やボディを間近に見ることができる特別観覧デッキ「GUNDAM-DOCK TOWER」も設置されています。

 ガンダムという海外からも高い注目を集めるコンテンツと日本のものづくり、優れた技術力の融合をライブで体感頂けます。公式サイト:https://gundam-factory.net/

■本件のお問い合わせ先

 ~GUNDAM FACTORY YOKOHAMAに関するお問合せ~

 GUNDAM FACTORY YOKOHAMA PR事務局((株)プラップジャパン内)

 担当:吉川(070-2161-6959) Email: g-pr@ml.prap.co.jp

~みんな電力株式会社に関するお問合せ~

 広報担当 中村(080-7142-5287)佐藤(080-7142-5295)

 E-mail :pr@minden.co.jp

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ