フランス大会総括

F50-League Japan 合同会社

 各チームコメント発表

サントロペでシャンパンファイト!

 日本チームがセールGPシーズン2で2度目の勝利

 『風の使い』ネイサン・アウタリッジが新ウィングを見事に操りフランス・セール・グランプリのタイトルを獲得 -リーダーボードのトップに

 2021年9月12日、フランス・サントロペで開催されたフランス・セール・グランプリの最終日、きらめくサントロペの海は何千人ものファンの興奮に包まれました。新たに導入された29メートルの巨大ウィングセールを搭載したF50、8カ国による戦いは、微風コンディションの海上で快心の走りを見せたネイサン・アウタリッジ率いるジャパン・セールGPチームが大きな勝利を手にしました。

 日本は、新たに開発された巨大ウイングの力を最大限引き出すことに成功しました。チームを今季2勝目に導いたアウタリッジは、今回も『風の使い』というニックネームにふさわしく、変化する風を巧みに見極め、適材適所に鋭いパフォーマンスを発揮しました。予選上位3艇による決勝レースは、日本に続き、ジミー・スピットル率いるアメリカが2位。3位にはフィル・ロバートソン率いるスペインが入り、それぞれ表彰台を飾りました。

 アウタリッジのコメント:「結局、これはシーズン最後の本番に向けての序章にすぎませんが、100万ドルの賞金がかかるグランド・ファイナル進出圏内にいることは嬉しいですね。 ・・・それにしても、海面はとてもトリッキーでした。決勝レースでは、ジミー(スピットル)が素晴らしいスタートを見せましたが、今回も終盤、彼を抜き去ることができました。前回優勝したターラントではジミーの不運が原因でしたが、今回の勝因は、トップマーク左右のどちらを回航するかの判断でした。それでも、最後フィニッシュまで気は抜けず、かなりストレスを感じました。私たちは他のチームに比べ、新ウイングに少し慣れていると思います。私自身ではなく、クリス(ドレイパー)はデンマーク大会3日前に新ウイングのテスト走行に携わっていたので、大きくて重いという点については理解していたと思います。大きい分確かにパワフルですが、艇をフォイリングさせるのは簡単ではありませんでした」

 この結果、日本チームは、トム・スリングスビー率いるオーストラリア・チームを抜いて、リーダーボードのトップに躍り出ました。

 「これまで少し浮き沈みがありましたが、今回、二度目の優勝を手にし、総合でも数ポイント差をつけの首位はとても嬉しいです。欧州ツアーを良い形で終えたいと思っているので、次のスペイン大会カディスではトップ3に入ることが今のチームの目標です」

 アメリカは、予選レースでトップに立ち、決勝レースで有力視されていましたが、勝負所での日本の圧倒的なパフォーマンスに、立ちはだかれ、2位で大会を終えました。

 スピットルのコメント:「チームにとっては、素晴らしいレースであり、素晴らしい大会でした。ダイナミックなレースで、コース上にはまるで地雷がたくさんあるかのようでした。そんなコンディションの中、素晴らしいレースをした日本に敬意を表します。決勝も不安定な風のコンディションでレースが行われましたが、だれにとっても条件は同じです。いまのところ、風の変化が激しいコンディションでは、日本が少し優位に立っているようですね。全チームの中で、クリス・ドレイパー(日本チームのウイング・トリマー)が29メートルのウイングに最も多くの時間を費やしていますが、それが日本の勝利の理由だとは思いません。彼らは純粋に他チームよりも良いセーリングをしただけだと思います。チーム全体としては、メンバーの変更やCJ(ポール・キャンベル・ジェームズ)が怪我から復帰したこともあり、その中で2位を獲得できたことはとても良い結果だと思います。また、今回の大会では、骨折や物への衝突、沈没などの事故が発生しなかった初めての大会となりました(笑)。残りの大会で少しずつ結果を残し、100万ドルを目指します!」

 フィル・ロバートソン率いるスペインは、第5レースでイギリス艇に衝突されながらも、表彰台に立つことができました。

 ロバートソンのコメント:「第5レースのスタート前、私たちはスタートラインに対し有利な位置にいました。その時、ベン(エインズリー)は、後方風下側から勢いよく進入し、強引に割り込んできました。実際そのスペースはなく、イギリス艇は私たちのボートに接触。その結果、船体後部に大きな穴が開き、重大な損傷を受けました。ちょっと残念で悔しいし、理想的ではなかった。決勝進出はできたけど、レース前の限られた時間内で応急処置をし、構造的に問題ないことを確認する必要があったため、レース前の十分な準備ができませんでした。結果は3位でしたが、決勝では負けて終わったので、あまりいい気分ではありませんね。決してうまくセーリングができたわけでもありませんし、タフなレースコースでした」

 残り1ヶ月となった今、スペインチームは10月9~10日にアンダルシア州カディスで開催されるホームイベントを心待ちにしていることでしょう。

 ロバートソンはこう付け加えます。「今回の大きな目標のひとつは、ホームイベントであるカディスに向けて勢いをつけること、そしてその勢いを持続させ、さらに発展させることでした。今回はそれができたと思います。しっかりとしたパフォーマンスができ、チームもいいリズムをつかんでいるので、次のカディスでは、表彰台の一番上に立てるよう思いっきり攻めていきます!」

 第5レースのスタート前、エインズリー率いるイギリスチームによるアグレッシブな行為にたいするペナルティーにより、レースも大きく順位を落とし最終的には決勝レース進出を逃してしまいました。

 エインズリーのコメント「第4レースはまずまずの結果で、3位以内をなんとか確保していましたが、第5レースでも少し攻めていく必要がありました。スタート前、ラインに向け隙間を狙ったのですが、残念ながら狙っていたスペイン艇とデンマーク艇の間のスペースが、最後で閉じてしまい、通り抜けることができませんでした。この際、スペインと衝突し、当然ながらペナルティを受けました。これでレースを失い、3位以内に入るチャンスを失いました。とはいえ、この大会から多くのことを学んだと思います。このようなコンディションで艇を走らせ、新しい29mのウイングを使用できたことは大成功でした。決勝レースを逃し悔しいですが、カディスに向けポジティブな要素がたくさんありました。総合順位も緊迫してきましたね、非常にエキサイティングです!」

 ニュージーランドは、随所に好成績を取り、決勝戦進出にとどく勢いでした。しかし、第5レースで最下位となり、1点差で4位。惜しくも表彰台を逃してしまいました。

 デンマークは、第4レースでトラブルに見舞われながらもを完走し、第5レースでトップフィニッシュする素晴らしいパフォーマンスを見せたましたが、最終5位となりました。

 開幕戦から勝利が遠のいているイギリスは6位。スペインとの接触で4点のペナルティが課せられ、総合ランキングも2位から4位に転落しています。

 ビリー・ベッソン率いるフランスは、地元開催にも関わらず最後まで勢いに乗れず、7位に終わりました。また、2大会連続で優勝し、ハットトリックを狙っていたトム・スリングスビー率いるオーストラリアは、意外にも今大会最下位となりました。

 セールGP第6戦は、10月9~10日にスペインのカディス・アンダルシアで開催されます。これが欧州ツアーの最終戦となり、第7戦、12月17~18日に開催されるシドニー大会で2021年を締めくくります。

 フランス・セイル・グランプリ // サントロペ- 結果

 1 // 日本

 2 // アメリカ

 3 // スペイン

 4 // ニュージーランド

 5 // デンマーク

 6 // グレートブリテン

 7 // フランス

 8 // オーストラリア

  シーズン2のリーダーボード(5大会終了後)

 1 // 日本 // 37 pts

 2 // アメリカ // 35pt

 3 // オーストラリア // 35pt

 4 // イギリス // 34 pts

 5 // スペイン // 31 pts

 6 // ニュージーランド // 30 pts

 7 // デンマーク // 28 Pts

 8 // フランス // 27 pts

セールGP シーズン2大会スケジュール

 第1戦 バミューダ大会(ハミルトン)2021年4月24日(土)・25日(日)

 第2戦 イタリア大会(ターラント)2021年6月 5日(土)・ 6日(日)

 第3戦 イギリス大会(プリマス)2021年7月17日(土)・18日(日)

 第4戦 デンマーク大会(オーフス)2021年8月20日(金)・21日(土)

第5戦 フランス大会(サントロペ)2021年9月11日(土)・12日(日)

 第6戦 スぺイン大会(カディス)2021年10月9日(土)・10日(日)

 第7戦 オーストラリア大会(シドニー) 2021年12月17日(金)・18日(土)

 最終戦アメリカ大会(サンフランシスコ)2022年3月26日(土)・27日(日)

 ◆お問い合わせ◆

 ジャパン・セールGPチーム / 広報 渡部 雄貴(わたなべゆうき)

 ywatanabe@sailgpjpn.com +818029729195

 セールGP日本語サイト

https://ja.sailgp.com/#l

 Partners

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ