Team Sport in Life結成!武井壮「自分にあった楽しみ方で」

スポーツ庁

 Twitter「#週イチスポーツしよう!」キャンペーン開始!Sport in Lifeコンソーシアム加盟も募集!

 スポーツ庁では、一人でも多くの方がスポーツに親しむ社会の実現のため、「Sport in Lifeプロジェクト」として、さまざまな取組を行っています。国民全体で「スポーツ」に親しみ、日常生活の中で「スポーツ」の習慣づくりを広げていくことは、国民全体の健康寿命の延伸にも寄与するものとして、今日強く期待されており、「第2期スポーツ基本計画」(平成29年3月、文部科学省策定)では、成人の週1回以上のスポーツ実施率を65%程度まで引き上げることを目標の一つとして掲げております。

 その取組の一環として、この度、Team Sport in Life(チームスポーツインライフ)を結成いたしました。

 Team Sport in Lifeは『ひとつのチームで、スポーツをもっと生活の中へ!目指せ、週イチ、1000万人運動!』をコンセプトに結成。一人ひとりに自分に合ったスポーツを見つけてもらうために、さまざまなスポーツをわかりやすく五つの〇〇系スポーツに集約し、それぞれのスポーツを伝えるチームリーダーとして5名のアンバサダーが就任しました。

 それぞれ、ネオスポーツ系アンバサダーに、タレントで日本フェンシング協会会長の武井壮さん。親子系アンバサダーに、東京オリンピックにも出場した陸上女子100メートルハードルの寺田明日香さん。ジモト系アンバサダーに、サッカー日本代表の長友佑都さん。久しぶり系アンバサダーに、タレントでプロスケーターの村上佳菜子さん。ながら系アンバサダーに、お笑いタレントのゆりやんレトリィバァさん。以上の5名を起用いたしました。監督は、スポーツ庁長官の室伏広治が務めます。

 5名のアンバサダーには、スポーツ実施者の増加につながる取組事例の紹介や、国民にスポーツ参加を呼びかける役割を担っていただき「目指せ、週イチ、1000万人運動!」の機運を創出して参ります。

 またチーム結成のキックオフ対談として、親子系アンバサダーの寺田明日香さんと室伏長官との対談が行われました。この対談の模様や、各アンバサダーからのコメント動画などは、Sport in Lifeホームページよりご覧いただけます。

 この対談で寺田さんは「スポーツってすごく敷居が高いものだとまだ思われている方も沢山いらっしゃるなと思っていて、ちょっと身体を動かすことでもスポーツなんだよということが分かっていただけたら、もっと壁がなくなるんじゃないかなと思っています」と話し、室伏長官は「皆が楽しくスポーツができる環境や、またちょっとした知恵を働かせることでこんな楽しいことができるんだよということを発信して、人生の豊かさをスポーツを通してぜひ感じ取っていただきたいです」と呼びかけました。

 また、Team Sport in Lifeの取組として、本日9月15日(水)より10月31日(日)まで、国民の皆さまに参加いただける、Twitter「#週イチスポーツしよう!」キャンペーン実施いたします。Team Sport in Lifeの公式Twitterアカウント(@sportinlife_JSA)をフォローし、皆さまからのスポーツを楽しむツイートを募集し、発信します。投稿いただいた方々の中から、【チーム賞】として抽選で20名様にチームユニフォームを、【監督賞】として抽選で1名様にチーム監督の室伏広治スポーツ庁長官と親子系アンバサダー寺田明日香さんのサイン入りチームユニフォームが当たります。SNSキャンペーンの詳細はSport in lifeホームページ内の特設サイトをご確認ください。

 ※「スポーツ」には散歩や体操、サイクリング等の日常の中でのちょっとした運動も含まれます。

 ※スポーツをする際には新型コロナウイルス感染症予防対策をしっかりして、楽しみましょう!

 さらに、Sport in Lifeプロジェクトでは、趣旨に賛同する自治体・スポーツ団体・経済団体・企業などで構成するコンソーシアムを設置し、随時、加盟団体を募集しています。一人でも多くの人がスポーツに親しみ、スポーツをすることが生活の一部となる「Sport in Life」の実現に、ぜひご協力ください。

Team Sport in Life アンバサダー・監督コメント動画

#ネオスポーツ系アンバサダー 武井壮さんコメント

 「週一回スポーツする人を1000万人増やすために結成されたTeam Sport in Life、アンバサダー武井壮です。私は特にオススメするのはネオスポーツ系。いま新しいスポーツがどんどん生まれています!誰でも自分に合った楽しみ方で、楽しく気軽にスポーツするきっかけをお届けしていきたいと思います。「こんなネオスポーツやりました!」「こんな新しいスポーツ考えてみたよ!」などなど『#ネオスポーツ系』で発信お願いします!」

#親子系アンバサダー 寺田明日香さんコメント

 「私は娘と一緒に、アスリートとして陸上競技を頑張っております!子どもと一緒に親子でスポーツしやすい環境をつくっていきたい。私、寺田明日香は親子系スポーツを応援します!子育て前には運動していたけど、最近してない方もいらっしゃると思います。そんな皆さんに、親子で楽しめるスポーツや、イベント情報などを発信していきます。親子でスポーツしたよ!という方ぜひ『#親子系』で発信おねがいします!」

#ジモト系アンバサダー 長友佑都さんコメント

 「私、長友佑都は、愛媛からJリーグそして世界へ。私はジモトで鍛えられたから羽ばたくことができました。子どもや若者にはまずジモトでスポーツといい出会いをして欲しいと思っています。そして、進学や就職でジモトを離れている人は、今、いるところも皆さんの新しいジモトです。私、長友佑都はジモト系スポーツアンバサダーとして、日本中のジモトでスポーツがしやすい環境を作っていきたいと思います。皆さんも「ジモトでスポーツしたよ!」と『#ジモト系』とつぶやいてください!」

#久しぶり系アンバサダー 村上佳菜子さんコメント

 「ひさしぶり系アンバサダーの村上佳菜子です。私は今、プロフィギュアスケーターとして、改めて色々なジャンルのスポーツにチャレンジして表現力を磨いています。色々な経験を経てから改めて始めるスポーツは、とても新鮮でとっても楽しいです。皆さんの中で、昔スポーツやっていたけれど最近はちょっとという方がいらっしゃるかもしれません。色々な経験をした今だからこそ楽しめる、久しぶりだから楽しめるスポーツが必ずあると思います。そんな皆さんが気軽に久しぶりにスポーツを始めやすい環境づくりをお手伝いできればと思います!「久しぶりにスポーツしたよ!」という方は『#久しぶり系』で発信お願いします!」

#ながら系アンバサダー ゆりやんレトリィバァさんコメント

 「週1回スポーツする人を1000万人増やすTeam Sport in Lifeの人間です。分かっとるわ、見たらわかるやろ!ゆりやんです。他のメンバーの皆さんはバリバリのアスリートなんですが、私は、アスリートでも、昨日リートでも、今日リートでもありません。私は、ながら系アスリートです。例えば、ネタを考えながら片足立ちしてみたりですとか、電車を待ってる間に片足立ちをしてみたりですとか「え?そんなのもスポーツなの?」っていうことでも私が、ながら系スポーツとして認定します!皆さんも「私こんなんやってまーす」とかそういうのがあればぜひ『#ながら系』でシェアしてみてくださいね!」

Team Sport in Life 監督 室伏広治 スポーツ庁長官コメント

 「週1回スポーツする人を1000万人増やすために結成されたTeam Sport in Life監督の室伏広治です。多彩なチームメンバーと一緒に楽しく、気軽にスポーツするきっかけをお届けしていきたいと思います。いろんな、〇〇系スポーツがありますのでぜひ、皆さんのお気に入りをさがしてみてください。あなたがやりたくなるスポーツがきっとみつかります!皆さんも「こんな〇〇系スポーツやってみたよ!」といろんなハッシュタグと一緒に発信してみてください!」

Team Sport in Life について

 Team Sport in Lifeは『ひとつのチームで、スポーツをもっと生活の中へ!目指せ、週イチ、1000万人運動!』をコンセプトに結成。

 一人ひとりに自分に合ったスポーツを見つけてもらうために、さまざまなスポーツをわかりやすく五つの〇〇系スポーツに集約し、それぞれのスポーツを伝えるチームリーダーとして5名のアンバサダーが就任しました。

ネオスポーツ系スポーツ

 アンバサダー:武井壮さん

 スポーツイメージ:パラリンピックでカッコよかった車椅子バスケを体験、ゲーム感覚でE-バイク、最近話題のクライミング、など

親子系スポーツ

 アンバサダー:寺田明日香さん

 スポーツイメージ:大人気なく子供と鬼ごっこ、子供と一緒に水泳教室、足の上に子供を乗せて「飛行機」、 など

ジモト系スポーツ

 アンバサダー:長友佑都さん

 スポーツイメージ:地元の友だちで集まってサッカー、地域の運動会に参加、近所の公園で子供とキャッチボール、など

久しぶり系スポーツ

 アンバサダー:村上佳菜子さん

 スポーツイメージ:久しぶりにプール、子供の時によくやったフラフープ、オリンピックに触発されて中学校以来の卓球、など

ながら系スポーツ

 アンバサダー:ゆりやんレトリィバァさん

 スポーツイメージ:2駅手前で降りて通勤ウォーキング、歯磨きしながらスクワット、買ったお米を持ち帰りトレーニング、など

 5名のアンバサダーには、スポーツ実施者の増加につながる取組事例の紹介、国民にスポーツ参加を呼びかける役割を担っていただき「目指せ、週イチ、1000万人運動!」の機運を創出して参ります。

Sport in Life コンソーシアム加盟団体の募集について

 Sport in Lifeプロジェクトでは、趣旨に賛同する自治体・スポーツ団体・経済団体・企業などで構成するコンソーシアムを設置し、随時、加盟団体を募集しています。一人でも多くの人がスポーツに親しみ、スポーツをすることが生活の一部となる「Sport in Life」の実現に、ぜひご協力ください。 ※加盟には所定の手続きが必要です。

 Sport in Life コンソーシアムの加盟団体になると、「Sport in Life」のロゴマークが使用でき、スポーツ実施者増加に向けた取組や加盟団体間の連携・情報共有などに関するサポートを受けることが可能になります。

 詳しくはこちら:https://sportinlife.go.jp/

Twitter「#週イチスポーツしよう!」キャンペーン 概要

 <キャンペーン名>

 #週イチスポーツしよう!キャンペーン

 <キャンペーン概要>

 週イチ、スポーツする人を1000万人増やすために結成されたTeam Sport in LifeのTwitter公式アカウント「@sportinlife_JSA」をフォローの上、指定ハッシュタグ「#週イチスポーツしよう」と、五つの対象投稿の中から、応援したいスポーツを選んでツイートすると応募完了。「チーム賞」として、応募していただいた方の中から抽選で20名様にチームユニフォームをプレゼント。また実際にスポーツを楽しんでいる画像付きで投稿すると当選確率が2倍に!さらに「監督賞」として、一番投稿数の多かった対象投稿に投稿した方の中から抽選で1名様に、室伏監督と対談アンバサダーサイン入りのチームユニフォームをプレゼントいたします。

 <応募期間>

 2021年9月15日(水)~2021年10月31日(日)

 <応募方法>

 (1)Twitterにログインし、チームスポーツインライフのTwitter公式アカウント「@sportinlife_JSA」をフォローしてください。

 (2)指定ハッシュタグ「#週イチスポーツしよう」と、5つの対象投稿についている指定のハッシュタグ「#ネオスポーツ系 or #親子系 or #ジモト系 or #ながら系 or #久しぶり系」のいずれか、合計2つ付けて投稿してください。

 ※実際にスポーツを楽しんでいる画像に、指定ハッシュタグ「#週イチスポーツしよう」と、五つの対象投稿についている指定のハッシュタグ「#ネオスポーツ系 or #親子系 or #ジモト系 or #ながら系 or #久しぶり系」のいずれか、合計2つ付けて投稿するとチーム賞の当選確率が2倍になります。

 ※必ずアカウントを公開設定にして応募してください。アカウントを非公開設定にしている場合は応募対象外となります。

 ※指定ハッシュタグがついた第三者のツイートをリツイートまたは引用ツイートしている場合は応募とみなされません。

 <賞品・当選人数>

 チーム賞:チームユニフォーム 20名様

 監督賞:室伏監督と対談アンバサダーサイン入りのチームユニフォーム 1名様

 <当選連絡・賞品発送>

 厳正なる抽選のうえ、当選者を決定します。当選者の発表は行いません。

 当選者へはチームスポーツインライフのTwitter公式アカウント「@sportinlife_JSA」からダイレクトメッセージを利用してご連絡いたします。お送りするダイレクトメッセージ内に、賞品発送のために必要な情報を登録するフォームへのURLを記載いたしますので、指定された期限までに必ずご登録ください。期限までに登録が確認できなかった場合は、当選の権利を無効とさせていただきます。

 賞品の発送は2021年12月上旬頃を予定しております。

 詳しくはこちら: https://sportinlife.go.jp/campaign/

 ※「スポーツ」には散歩や体操、サイクリング等の日常の中でのちょっとした運動も含まれます。

 ※スポーツをする際には新型コロナウイルス感染症予防対策をしっかりして、楽しみましょう!

Team Sport in Life アンバサダー プロフィール

武井 壮(たけい そう)

 職業、肩書き、「百獣の王」。住所、「地球」、趣味「成長」。

 元・陸上十種競技日本チャンピオンにして、格闘技、野球、ゴルフなど、さまざまなスポーツの経験を持ち、現在も、テレビやラジオなどのメディア出演を中心に活躍しつつ、世界マスターズ陸上の4×100mリレーで金メダルをとったり、ゴルフやピアノに挑戦したりするなど、「自分史上最高」をめざして今なお日々成長を続ける、最強の48歳。

 2021年9月現在、公益社団法人日本フェンシング協会会長、本田圭佑氏が発起人のサッカーチーム・Edo All United監督を務めている。

寺田 明日香(てらだ あすか)

 陸上競技選手。女子100mハードルの日本記録保持者。小学校4年生から陸上競技を始め、小学校5年時・6年時ともに全国小学生陸上100mで2位。高校時代は100mハードルでインターハイ3連覇、3年時には100m・4×100mリレーと合わせて3冠を達成。社会人1年目に初出場した日本選手権で史上最年少優勝、以降3連覇を果たす。2009年には世界陸上ベルリン大会に出場、アジア選手権では銀メダルを獲得。2010年にはアジア大会で5位に入賞した。

 結婚・大学進学・出産を経て、2016年夏に7人制ラグビーに競技転向、現役復帰。

 2018年12月にラグビー選手としての引退と陸上競技への復帰を表明。翌2019年に100mハードルで12秒97の日本新記録を樹立して10年ぶりに世界陸上に出場。2021年には2度日本記録を更新し11年ぶりに日本選手権優勝を果たすと、東京オリンピックでは日本人21年ぶりの準決勝進出を果たした。

長友 佑都(ながとも ゆうと)

 プロサッカー選手。日本代表。FC東京所属。

 明治大学在学中にFC東京と契約、キリンカップのコートジボワール戦でA代表デビュー。

 2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会後、同年イタリア1部リーグ(セリエA)のチェゼーナに移籍。翌年、ミラノに本拠地を置くインテル・ミラノへ移籍。

 2018年に開催されたワールドカップロシア大会では、3大会連続、全4試合にフル出場。チームの決勝トーナメント進出に貢献。2018年1月から、トルコガラタサライSKに所属し、リーグ優勝に大きく貢献。同年はヨーロッパチャンピオンズリーグにも出場。2019年トルコ・スュペル・リグでリーグ2連覇、テュルキエ・クパス(トルコ・カップ戦)優勝の2冠達成。2020年8月から2021年7月までオリンピック・マルセイユに所属。2021年9月12日、11年ぶりに古巣のFC東京への移籍が決定。

村上 佳菜子(むらかみ かなこ)

 プロフィギュアスケーター、タレント。 1994年、名古屋市生まれ。フィギュアスケートの2010年世界ジュニア選手権で優勝。2014年ソチ五輪に出場し、同年の4大陸選手権で優勝した。2017年に引退。各地のアイスショーに出演し、テレビ番組の司会やスポーツ取材などでも活躍している。

ゆりやんレトリィバァ

 お笑いタレント。2011年 、NSC大阪校35期生首席卒業する。2013年映画「スタートレック」イベントPR大使を務める。同年4月からMBS「ロケみつ ザ・ワールド」隔週レギュラー。2014年MBS「ごぶごぶ」などに出演。2016年第一回漫才協会大賞トータルコーディネイト部門賞を受賞。趣味は映画鑑賞(大学で映画研究をしていた)、書道、ダンス、水泳、ピアノ、似顔絵を描く。特技は英語、ダンス。アイドルグループ吉本坂46のメンバー。

室伏 広治(むろふし こうじ)

 スポーツ庁長官。陸上競技のハンマー投げ選手として2000年シドニー、2004年アテネ、2008年北京、2012年ロンドン五輪に出場。アテネ五輪では陸上・投擲種目でアジア史上初の金メダルに輝いた。現役中の2007年に中京大学大学院体育学研究科にて博士号を取得。2011年同大学スポーツ科学部にて准教授を務める。2014年には東京医科歯科大学にて教授を務めると同時に、スポーツサイエンスセンターのセンター長にも就任した。また、2014年に東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会スポーツディレクターに選任され、日本オリンピック委員会理事、日本陸上競技連盟理事、世界アンチドーピング機構アスリート委員などを歴任し、2020年10月より現職に就く。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ