JLL、グローバルからみた福岡とその不動産市場の魅力、展望を分析

ジョーンズ ラング ラサール株式会社

 国内外の投資家は今後の成長性に注目

 東京 2021年9月15日 – 総合不動産サービス大手JLL(日本法人: 東京都千代田区、代表取締役社長: 河西 利信)は、コロナ禍における福岡の不動産市況をセクター別に分析したレポート「福岡不動産市場の動向と展望」を発表しました。

 国内外の投資家は、都市としての「福岡」の魅力に注目しています。福岡は、地理的な特性を活かした九州ならびにアジアのゲートウェイ都市として発展しており、自治体が推進する都市の賑わいを創出するプロジェクト「天神ビッグバン」「博多コネクティッド」「ウォーターフロントネクスト」、それらの都市プロジェクトに関連する不動産開発も多く計画されています。現在進行形で進んでいる福岡の発展は投資家にとって魅力的であり、今後の成長性が期待されます。本レポートでは、不動産の観点からみたグローバル都市と福岡の都市比較や、各セクター(オフィス、リテール、物流、ホテル)における市場動向及び今後の展望をまとめています。

 2021年第2四半期 JLLオフィス プロパティ クロック

 「福岡不動産市場の動向と展望」の詳細は、下記リンクよりご覧ください。

https://www.joneslanglasalle.co.jp/ja/trends-and-insights/research

 JLL Aグレードオフィス定義

 JLLについて

 JLL(ニューヨーク証券取引所上場:JLL)は、不動産に関わるすべてのサービスをグローバルに提供する総合不動産サービス会社です。JLLは、最先端テクノロジーを駆使して、お客様や人々、コミュニティーに対し、投資機会や環境に配慮した持続可能な不動産ソリューションを提供することで、不動産の未来をかたちづくり、よりよい世界に貢献します。

 フォーチュン500に選出されているJLLは、2021年6月30日現在、世界80ヵ国で展開、従業員約92,000名を擁し、2020年の売上高は166億米ドルです。JLLは、ジョーンズ ラング ラサール インコーポレイテッドの企業呼称及び登録商標です。https://www.jll.com

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ