飲食店応援! #腸活飯 プロジェクトはじまります。納豆パワー満点の腸活メニューで、おなかから元気に。

sonomono

 SNSでも話題の"sonomono納豆菌シリーズ(こな納豆)"をお取り扱いいただける飲食店様を全国募集しております。

 そのもの株式会社(本社所在地:福岡市中央区、代表:日高 絵美)は、SNSでも話題の"sonomono納豆菌シリーズ(こな納豆)"をお取り扱いただける飲食店様を全国に募集しております。「ヘルシーなイメージで打ち出したい」「他店と差別化したい」「納豆の旨味を活かした新しいメニューを作りたい」「SNSで話題性を求めている」など、今の時代にマッチしたお店の新メニューとして、”納豆パワー満点のおいしい腸活”のご提案いかがですか?

 sonomonoは、腸活や菌活で腸内環境を整え、自己免疫力をあげるための食生活を推進しています。そこで、食と人を結ぶ飲食店において、腸活や栄養食としても人気の「こな納豆」を使ったメニュー「#腸活飯」を発信していただき、さらなるサービスの向上を目指される飲食店を応援したいと考えております。生活者の健康ニーズが高まる中、sonomono納豆菌シリーズは、「腸活」や「栄養バランスアップ」を手軽に取り入れられると、SNSでも絶大な支持を得ています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

▼全国の飲食店を応援します! #腸活飯 プロジェクト

https://sonomono.jp/spr1/choukatsumeshi-p/

今求められているのは、おいしくてヘルシーな#腸活飯 。話題性も抜群!リピーター促進にも。

 「こな納豆」をお取り扱いいただいいる店舗では、お料理にはもちろん、デザートやドリンクなど色々なメニューにご活用いただいております。

(お料理)和洋折衷どんな料理にも合います。納豆の強い粘りや匂いを抑えながらコクや旨味を引き立てます。

(デザート)アイスクリーム、あんこやチーズなど、デザートとの相性も抜群。

(ドリンク)コーヒーにコクが増し、香ばしい味わいを楽しめます。スムージーやプロテインにも!

#腸活飯 プロジェクト5つの安心サポート

1.商品や使い方について、専任スタッフがしっかりレクチャー(※オンラインサポートもOK!)

2.店頭用のPOPなど販売促進サポートも充実

 3. 長期保存ができるため、在庫管理や食品ロスも安心

 4. 商品を店頭で販売することでリピーター促進に

 5.少数から仕入れ可能なので、トライしやすい

 インスタグラム(#こな納豆)では、離乳食の必須アイテムとして大変好評いただいています。「こな納豆」を使った料理やスイーツなど(#腸活飯 )のレシピ投稿でお店のPRもどしどしアップしてください。

Instagramでも大人気!「こな納豆」について

 ご飯にかけて食べるイメージが強い納豆ですが、sonomono納豆菌シリーズ「こな納豆」は、納豆をフリーズドライ(凍結乾燥)して、さらさらとしたパウダー状にした納豆粉末100%の商品です。フリーズドライにすることでタンパク質の劣化を防ぎ、納豆の高い栄養価を壊さずまるごと、さらに腸活に欠かせない「納豆菌」を効率的に摂ることができます。

▼こな納豆は、選べる2タイプ

 「こな納豆」は、納豆の風味を味わいたい方、納豆の匂いや粘りが苦手な方のために2タイプご用意しております。お料理によって使い分けもできますのでメニューの幅が広がります。

▼佐賀県江北町有機研究会で栽培された希少な大豆を厳選

 「こな納豆」の原料となる大豆は、より安心な国産大豆にこだわり、佐賀県江北町有機研究会で栽培された希少な大豆を厳選しています。1980年代から、町ぐるみで安心安全な農作物の生産に取り組む江北町有機研究会は、自然の中に存在しない農薬や化学肥料には頼りません。土の中で微生物がしっかり働き、大豆の生育に必要な養分を効率的に摂れる圃場作りを実践。日々の観察、手作業での除草や害虫駆除など手間ひまをかけた分、ふくよかで品質の良い大豆が収穫できるのです。

▼すごいぞ!納豆菌

 納豆菌は増殖に適さない環境になったとき、 生きるための手段として耐久性の高い特殊な殻をつくることができます。この殻のことを“芽胞(がほう)”といいます。この状態になると、100度のお湯で10分以上煮沸しても死滅せず、胃酸にも負けることなく、生きたまま腸まで届いて、自ら善玉菌として働きながら、乳酸菌のエサとなるオリゴ糖をつくるなど乳酸菌を元気にしてくれます。 sonomono納豆菌シリーズ(こな納豆・そのもの納豆・おつまみ納豆)は、この“芽胞状の納豆菌”を効率的に摂ることができます。

納豆菌はすごい!町民200人のうんこで最新のDNA解析!

 2020年11月から医師や専門家の監修により、原料の大豆の産地、佐賀県江北町(こうほくまち)の町民、約200名様を対象に2か月間にわたり、1人3回のうんこを採取して、最新のDNA解析で腸内細菌叢の変化を解析するプロジェクトが進行中です。うんこ(腸内細菌叢)から健康状態が見えるなんてすごくないですか!??

 こちらの取り組みにもぜひご注目ください。

▼江北町健康プロジェクト特設サイト

https://sonomono.jp/spr1/kouhokumachi/

そのもの株式会社

 ■飲食店応援!腸活飯プロジェクト詳細はこちら

https://sonomono.jp/spr1/choukatsumeshi-p/

 <商品について>

 ■こな納豆:https://sonomono.jp/spr1/kona/

 ■そのもの納豆:https://sonomono.jp/spr1/sono/

 ■おつまみ納豆: http://sonomono.jp/spr1/otsu/

 <そのもの株式会社について>

 ■そのもの株式会社:https://sonomono.jp/spr1/

 ■公式Instagram:https://www.instagram.com/sonomono_jp/

 ■公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCnH1lEuMw0WVEeKIp7TY42Q/videos

 <飲食店様のお問い合わせ専用窓口>

 ■飲食店専用受付ダイヤル▼?TEL:092-406-5077(平日10時~17時)

 ■飲食店専用問い合わせフォーム▼?https://sonomono.jp/sc/applys

 ■担当:杉本、田中(※腸活飯のプレスリリースを見てとお伝えください)

 ■MAIL:info@sonomono.jp

 <一般の方のお問い合わせ・ご注文>

 ■商品に関するお問い合わせ・お客様注文受付ダイヤル:0120-361-160

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ