エイジレスで普遍的なリラクシングウェアブランド<CATHRI>と佐賀県肥前の陶磁器をジュエリーに再構築したブランド<HIZEN jewelry>のポップアップイベントを日本橋三越本店で開催

株式会社ビームス

 2021年9月22日(水)~10月5日(火)開催

 株式会社ビームス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:設楽洋)の様々なレーベルから厳選したアイテムをセレクトし再編集する業態<BEAMS Planets>のディレクター佐藤幸子が監修した、福岡県の伝統的工芸品である「久留米絣」を取り入れたウェアを展開するブランド<CATHRI(カスリ)>と佐賀県肥前の陶磁器をジュエリーに再構築したブランド<HIZEN jewelry(ヒゼン ジュエリー)>のポップアップイベントを日本橋三越本店で開催します。

CATHRI_hizen_POPUP

 ポップアップイベントでは、<CATHRI>の通常コレクションの販売に加え、ブランドのアイコン的存在のガウンドレスのウエスト部分の久留米絣を、いくつかのヴィンテージ絣からお好きに組み合わせてオーダーいただけるセミオーダー会を開催します。

 また、佐賀県肥前地区の5つの産地、有田焼、伊万里焼、唐津焼、嬉野吉田焼、武雄焼の陶磁器を、ジュエリーという新たなカテゴリーによって表現する<HIZEN jewelry>を販売します。やきものの伝統的な質感や技法を活かし、陶磁器を宝石に見立てた美しいジュエリーをラインナップ豊富にご覧いただけます。

 さらに、<inapot(インアポット)>とマクラメアーティスト<Wood&Knot(ウッドアンドノット)>による、有田焼の古い器に植物を植えたプラントハンガーも販売します。

 どうぞご期待下さい。

■<CATHRI>

 重要無形文化財の久留米絣を取り入れたブランド<CATHRI>。

 エイジレスで普遍的なリラクシングウェアを日本から世界に発信します。

 様々な手法で表現されたアートのような絣を、どこにもカテゴライズされないデザインに落とし込み、

 唯一無二のデザインに昇華します。

 オフィシャルサイト:https://www.beams.co.jp/special/cathri/

 オフィシャルインスタグラム:https://www.instagram.com/cathri_official/

■<HIZEN jewelry>

 ジュエリーに昇華した、肥前の伝統工藝

 有田焼、伊万里焼、唐津焼、嬉野吉田焼、そして武雄焼。

 誰もが一度は耳にしたことがある肥前地区を代表する5つの陶磁器は、

 日本を代表する民藝として長年愛されています。

 そんな肥前を代表する陶磁器を宝石に見立てたジュエリーコレクション、

 それが『HIZEN jewelry』です。

 同じ肥前の陶磁器ではあるものの、産地ごとに特性が異なります。

 ジュエリーという小さなパーツで表現することにより、

 それぞれの魅力は、まさに千差万別。

 日本人にとって身近な陶磁器を

 ジュエリーという新たなカテゴリーによって表現する。

 ここから、新たなる肥前の伝統が始まります。

唐津焼(唐津市)

 古くから茶の世界では「一井戸、ニ楽、三唐津」という茶碗の格付けがあり、茶の湯の名品として多くの茶人に愛されました。また、「備前の徳利、唐津のぐい●(=2004年新規追加人名漢字)み」と言われるように酒器としての評価も高く、飽きのこない一品に出会う楽しみもあります。

design point

 唐津焼がもつ重厚感を最大限に生かすため真鍮素材にK18メッキをかけた地金を使用しVintageライクなデザインに仕上げました。

伊万里焼(伊万里市)

 伊万里大川山内では、江戸時代、佐賀藩の御用窯が置かれ、将軍家などへ献上する特別にあしらえた焼き物「鍋島」が焼かれていました。現在の窯元は、高度な技法を受け継ぎながらも新たな技術を取り入れるなどし、「伊万里・鍋島焼」として約350年の歴史と伝統を引き継いでいます。

design point

 一点一点手書きで書かれた絵柄を生かすように、SILVERで台座を作りました。磁器に負けないようエッジの利いた曲線で枠をデザインしました。

武雄焼(武雄市)

 武雄焼(古武雄)は、1590年頃から鉄絵・緑釉・鉄釉・刷毛目・叩きの技法で、大皿、瓶、壺、茶碗、甕など多様な焼き物が作られ、日本各地だけでなく東南アジアにも輸出されていました。現在はおよそ90軒もの窯元がそれぞれ、この伝統的な技法を生かしながら、個性を尊重し多様な作品を生み出しています。

design point

 武雄焼のもつ、温かく柔らかい色合いの陶器の質感を生かすべく、丸や柔らかいスタッズのパーツでシンプルに仕上げました。

嬉野吉田焼(嬉野市)

 天正5年(1577年)ころに始まり、その後、寛永年間(1624年~44年)、蓮池藩主、鍋島直澄が朝鮮陶工を吉田山に招き、磁器を焼かせた頃から本格的に製造が始まったといわれています。現在もスタイルにとらわれることなく技術向上に励んでいます。

design point

 常に新しいモノづくり挑戦している肥前吉田焼にはブリリアントカットのダイヤモンドのような磁器をリクエストしました。ダイヤモンドのクラシックなコレクションのようなラインナップです。

有田焼(有田町)

 17世紀初頭、朝鮮人陶工・初代金ヶ江三兵衛(通称:李参平)らによって有田町泉山から美術工芸品まで幅広い焼き物の生産を続けています。

design point

 有田焼の印象的な柄を最大限に生かすべくシンプルなデザインに仕上げました。 シンプルながらも真鍮にロジウムメッキをかけることで地金のエイジングを楽しめる一品です。

■<inapot>

 インアポットは2021年より横浜・天王町の花屋The Bulb Bookの中鉢が新しくスタートしたフラワー&プランツサービス。花と植物に関わる様々なものを提案していきます。

 オフィシャルインスタグラム :https://www.instagram.com/inapot__/

■<Wood&Knot>

 2016年より本格的に活動をスターとさせ、BEAMS Planetsでの展示販売やイベント、店舗装飾など日本の伝統文化や自然からinspiretionを自然素材のロープ、流木や動物の角、骨などを用いて作品を制作しています。

 オフィシャルインスタグラム :https://www.instagram.com/woodandknot/

 ■<BEAMS Planets>

 「BEAMS Planets」(ビームス プラネッツ)は、ビームスを取り巻く小惑星(ミニビームス)の意。ビームスの世界観をプロダクトに特化して表現・提案する新しいショップとして2013年8月にローンチ。独自の視点でセレクトした商品と共に、既存のBEAMSでも展開する小物、インテリア雑貨、アートなどを編集した“ジェネラル プロダクト ショップ”です。

 オフィシャルインスタグラム : https://www.instagram.com/beamsplanets/

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ