ピリッと辛い麺をミョウガや松の実など薬膳食材と一緒に 中国茶・台湾茶カフェ「茶語TEA SALON 新宿高島屋店」で 薬膳汁なし辣醤麺 期間限定メニュー登場

日本緑茶センター株式会社

 ポンパドール・ハーブティー、クレイジーソルト、ティーブティックを手がける日本緑茶センター株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:北島大太朗)は、運営する中国茶・台湾茶カフェ「茶語(Cha Y?) TEA SALON 新宿高島屋店」で、2021年9月11日(土)よりピリッと辛い麺に薬膳食材をあわせた期間限定フードニュー『薬膳汁なし辣醤麺(ラージャンメン)』の提供を開始いたします。

 ピリ辛の麺「薬膳汁なし辣醤麺(ラージャンメン)」が、秋の期間限定フードメニューで茶語新宿店に登場。

 唐辛子肉みそ、ニラをピリ辛麺と和えた汁なしの辣醤麺(ラージャンメン)に、香り爽やかなミョウガやセリ、松の実、山椒など薬膳食材を添えました。プルプル食感の白キクラゲスープとご一緒にどうぞ。

 食べ進めていく途中で、香りと味わいを添えるラー油「紅油」をかけて味変も楽しんでください。紅油は茶語店舗内で作っている自慢のおいしい調味料です。選べる中国茶・台湾茶と一緒にお召し上がりください。

薬膳汁なし辣醤麺(ラージャンメン)

 ■料 金:本日のセレクトティー付き 税込¥1,870

 ■提供期間:2021年9月11日(土)~10月終了予定

 【辣醤麺(ラージャンメン)とは】

 辛味を味わう中華辛味噌の豆板醤と、辛さの中に甘味のある中華甘味噌の甜麺醤を使ったピリ辛の麺。

 辣醤麺は麺と辛味スープで提供するものが多いですが、今回の茶語メニューは汁無しでお楽しみいただきます。

 【茶語について】

 茶語(チャユー)は、1996年に日本初の本格的中国茶カフェとして、新宿高島屋に第1号店が誕生。今年で創業25周年を迎えました。店名の「茶語」は、お茶を通して自由に語り合うという意味で名付けられました。

 店内のテーブル席では、中国茶・台湾茶のほか、紅茶、ハーブティー、マテ茶、など、世界中のお茶をゆっくりとお楽しみいただけます。

 フードメニューでは、お茶に合う季節の期間限定メニューや、こだわりのスイーツなどをご用意しています。

 静かで落ち着いた空間で、おひとり様でもグループ様でも、のんびりとおくつろぎのひとときをお過ごしください。

 販売スペースでは、中国茶・台湾茶のリーフやティーバッグ、茶器、お茶菓子もお買い求めいただけます。

 新宿高島屋店では、一部メニューをテイクアウトにてご提供しております。

 大丸札幌店では、豊富な種類の茶葉からお好みのお茶を選んで10gから量り売りで購入することも可能です。

 【店舗情報】

茶語(Cha Y?) TEA SALON 新宿高島屋店

 〒151-8580

 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 新宿高島屋6階

 営業時間 10:30~19:30(L.O 19:00)

 TEL:03-5361-1380

 札幌店もあわせてご利用ください ※提供メニューは新宿高島屋店とは異なります

茶語(Cha Y?) CHINA TEA HOUSE 大丸札幌店

 〒060-0005

 北海道札幌市中央区北5条西4-7 大丸札幌店4階

 営業時間 10:00~20:00(L.O 19:30)

 TEL:011-222-3595

 茶語ブランドサイト

https://chayu.net

 日本緑茶センター株式会社 公式サイト

https://www.jp-greentea.co.jp

 オンラインストア「ティーブティック」

https://www.tea-boutique.jp

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ