PressRelease/カタリバ、伊豆山土砂災害で被災した子どものための居場所「カタリバパーク」を7/22より開設

認定特定非営利活動法人カタリバ

 避難先の子どもたちが安心安全に過ごせる居場所と学習の場を

 認定特定非営利活動法人カタリバ(本部:東京都杉並区、代表理事:今村 久美)は、静岡県熱海市伊豆山地区で発生した土石流で被災した子ども支援のための居場所開設、及び学習支援を、2021年7月22日(木)より開始することになりましたのでお知らせします。

■夏休みが始まり、学校にも学童にも居場所がない被災地の子どもたち

 2021年7月1日から続く大雨によって、土石流の被害を受けた静岡県熱海市をはじめ、鳥取県、島根県、九州地方など全国各地で被害が報告されています。

 カタリバの、災害時子ども支援 「sonaeru(ソナエル)」プロジェクトチームは、発災後の7月6日より現地入りし情報収集を開始、熱海での子ども支援のニーズ調査を行ってきました。発災直後は、人命救助、二次災害予防・対応、など、重要かつ対応すべき事項が山積みな中で、被災地の方々とコニュニケーションを取ること自体が難しい状況もありましたが、発災から2週間が経ち、徐々に現地の状況が見えてきました。

 被災地の保護者からは、避難生活に関するこんな悩みの声が出ています。

 ーーーーー

 ●前提として、自宅とは異なる避難所での生活なので常にストレスがかかっている

 ●新型コロナウイルス感染症対策で、行動に何かと制限がかかる

 ●熱海市の放課後児童クラブ(学童)は、昼間保護者のいない家庭の小学校児童が対象であるため、子どもを預けられない家庭もある

 ●夏休みが始まったら、毎日朝から晩まで子どもにつきっきりでの避難所生活になる

 ーーーーー

 「子どもが学校に行けない」「朝から晩まで子どもにつきっきり」という話で思い出されるのは昨年の全国一斉休校ですが、子を持つ親なら、(どれだけ子どもへの愛情があったとしても)その状態がどれだけのストレスか想像に難くないと思います。さらに、土石流により家が全壊、家族が行方不明になっている方もいるという状況下、子どものサポートは親だけで解決できる範囲を超えてきているというのが実情です。

 そのような状況から、子ども支援ニーズの高まりを感じていた矢先、熱海市役所内、健康福祉部社会福祉課子育て支援室から、子どもたちの居場所支援の要請もあり、このたび、避難生活を送っている家庭の子どもたちに居場所と学習支援の機会を提供することになりました。

■子どもの居場所「カタリバパーク」開設。パートナーの協力を得て

 2021年7月22日(木)より、避難所となっている熱海 金城館のスペースを借り、子どもたちのための居場所「カタリバパーク」を開設します。カタリバパークでは、子どもたちが安心・安全に過ごせる居場所を提供するほか、カタリバが創立以来20年で培ったノウハウをもとに、子どもたちへの伴走・学習支援も行います。ただ居場所を提供するだけではなく、子どもたちの心の安心につながる、学ぶ機会から取り残されないことを意識した、包括的な支援を行ってまいります。

 「sonaeru」では、災害発生時に子どもたちへの支援を一刻も早く届けることを目的とし、自治体・企業と事前にアライアンスを組んでおくという仕組みを整えており、今回の支援においても、アライアンス・パートナーの方々の協力を得て子どもたちの支援が実現しています。

 ▼今回支援に関わるアライアンス・パートナー

 ・特定非営利活動法人日本教育再興連盟(ROJE)

 ・特定非営利活動法人ezorock

 ※2021年7月21日現在。上記2社に加えて複数社調整中

 また、上記の連携のほか、今回新たに協力いただくことが決定した以下の企業・団体とも現地支援の連携を行っていきます。

 ・NPO法人しずおか共育ネット

 ・HUBlic合同会社(CLUB HUBlic)

 ・株式会社machimori(guest house MARUYA)

■「カタリバパーク」内イベントに参加できるボランティア募集予定

 「みんなの遊び場・カタリバパーク in 熱海」では今後、子どもたちが楽しめるイベント等のボランティアを熱海市内在住の方を優先に募集する予定です。後日、詳細が決まり次第、カタリバのWebページ内でお知らせしますので、熱海市の子ども支援ボランティアをお考えの方は、そちらの情報でご確認ください。

■「みんなの遊び場・カタリバパーク in 熱海」概要

 場所  :伊東園リゾート 熱海 金城館内のスペース

 対象  :伊豆山土砂災害によって避難生活中の4歳~12歳(小学6年生)

 内容  :避難中の子どものための居場所・学習支援

 開始日 :7月22日(木)~8月23日(月)、8月28日(土)、29日(日)

 開催時間 :9:00-17:00

 ※現地の状況により、内容が変更になる可能性があります。

 今回の支援は、日頃よりカタリバを応援してくださっている支援者のみなさまからのご寄付にて実現しています。みなさまのサポートに心より御礼申し上げます。(現在、今回の支援に特化した寄付募集は行っておりません)

 最後に、今回の豪雨により、静岡県のみならず、島根県や鳥取県、広島県などでも被害が報告されており、現地では現在も復旧に向けた厳しい状況が続いております。被害を受けられた地域の皆様には心よりお見舞い申し上げ、被災地域の一日も早い復興を心からお祈りしております。

■本件に関する取材について

 今回の熱海市での子ども支援については、被災した子どもたちの心身のケアを最優先とする熱海市の方針により、メディアからの取材は一律で辞退させていただきます。ご了承ください。

 その他、本件に関する問い合わせは下記フォームからご連絡ください。

https://www.katariba.or.jp/report/

■災害時子ども支援「sonaeru」について

 災害発生時に、子どもたちへの支援を一刻も早く届けることを目的とした緊急支援プロジェクト。これまでの被災地の子ども支援の経験から、「発災直後の子ども支援において、第三者が1秒でも早く駆けつけることが最も大事なことである」と捉え、平時から自治体・企業と事前にアライアンスを組んでおくことで、迅速な支援活動ができるような仕組みづくりに取り組んでいます。

https://www.katariba.or.jp/activity/project/sonaeru/

■認定特定非営利活動法人カタリバについて

 どんな環境に生まれ育った10代も、未来を自らつくりだす意欲と創造性を育める社会を目指し、2001年から活動する教育NPOです。高校への出張授業プログラムから始まり、2011年の東日本大震災以降は子どもたちに学びの場と居場所を提供するなど、社会の変化に応じてさまざまな教育活動に取り組んでいます。

 <団体概要>

 設立 : 2001年11月1日

 代表 : 代表理事 今村久美

 本部所在地 : 東京都杉並区高円寺南3-66-3 高円寺コモンズ2F

 事業内容 : 高校生へのキャリア学習・プロジェクト学習プログラム提供(全国)/被災地の放課後学校の運営(宮城県女川町・岩手県大槌町・福島県広野町・熊本県益城町)/災害緊急支援(西日本豪雨)/地域に密着した教育支援(東京都文京区・島根県雲南市・島根県益田市)/困窮世帯の子どもに対する支援(東京都足立区)

 URL :  https://www.katariba.or.jp/

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ