【今、話題の絵本!】野良だった猫がゆっくり、うちの猫になるまでの心温まる話

株式会社アリス館

 書店員から感動の声 続々!!

 野良猫だったねこ。初めは、ひっかいたり、かんだり・・・。でも大丈夫。ゆっくりゆっくり、「うちのねこ」になるまでのお話。

 このお話はほぼ実話で、作者の高橋和枝さんの飼っているねこがモデルになっています。

 野良だったねこが、うちにやってきて、最初は近寄ることもできなかったのが、ゆっくりと「うちのねこ」になっていくまでの様子を描いた絵本です。ねこと人間がゆっくりと信頼感を育み、徐々に家族になっていきますが、もしかしたら、ねこと人間だけでなく、人間同士にもあい通じるところがあるのかもしれません。

 生き物と暮らすことの大切さ、命を預かることの尊さを知る。

うちのねこ 高橋和枝/作

 ある日、野良猫だったおとなのねこがうちに来た。ソファの下に隠れて出てこない。その後もねこは、かみついたり、ひっかいたり・・・。こわくないよ。だいじょうぶ。ゆっくりゆっくり「うちのねこ」になるまでのお話。

 4歳から

 32ページ

 26cm×22cm

 定価1,540円(税込)

 ISBN9784752009825

 発売日2021年7月19日

http://www.alicekan.com/books/post_238.html

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ