高画質・高速印刷をより簡単に実装できるサイネージ向けプリントヘッド 『T3200』を新発売

セイコーエプソン(株)

 セイコーエプソン株式会社およびエプソン販売株式会社(以下 エプソン)は、2021年度下期に高画質・高速印刷を簡単にプリンターへ実装できるプリントヘッドの新商品を追加し、サイネージなどに向けたラインアップを強化します。

 今回発売する4色一体型の『T3200-U3』(以下T3200)は、ひとつのプリントヘッドでCMYK 4色インクによる高速・高画質印刷の実現が可能です。さらにプリントヘッドにヒーターを内蔵することで、さまざまな粘度のUVインクに対応し、特にサイネージや商品パッケージの印刷に対して最適なデジタル印刷環境を提供することができます。

 また、2色一体型の『T1600-U3』(以下T1600)も同時に発売します。

 エプソンは、これらの新商品により、プリントヘッドのラインアップを6シリーズに拡充し、多様なデジタル印刷環境を提供します。

 ◆『T3200』の特長

 ・CMYK4色一体型により高画質印刷を簡単に実装

 4色インクの印刷をするためには、2色一体型プリントヘッドでは2つのプリントヘッドを組み合わせる必要があります。しかし『T3200』は、CMYK4色のインクを吐出することができるので、ひとつのプリントヘッドで対応が可能です。また、高精度に加工された位置決め構造を持っており、プリントヘッド間の位置を決めるためのメカ設計や設置時の調整に必要なコストと手間を削減しながら高画質印刷を実現します。

 ◆『T3200/T1600』の特長

 ・有効印字幅の拡大などによる高速印刷

 現行の4色一体型「I3200」の有効印字幅33.8 mm (1.33 inch)に対して、『T3200/T1600』は有効印字幅が67.2mm (2.65 inch)へと拡大しました。さらに、「I3200」からピエゾアクチュエーターを変更し、より高周波で大きいインク滴サイズを吐出可能にしました。これにより、「I3200」の「高画質印刷・簡単実装」のコンセプトは維持しつつ、より高速な印刷を実現します。

 ・ヒーター内蔵で、UVインクの対応性を向上

 『T3200/T1600』は、エプソンのPrecisionCoreシリーズで初めてヘッド内にヒーターを内蔵しています。これによりさまざまな粘度のUVインクを吐出することが可能になり、サイネージや商品パッケージを中心に、アプリケーションの幅を広げることができます。

 ・『T3200/T1600』を組み合わせてさまざまな種類のプリンター開発が可能

 T3200(4色一体型)とT1600(2色一体型)の2種類のプリントヘッドをフレキシブルに配置することで、色数や速度が異なるさまざまな種類のプリンターを開発することが可能です。例えば、T3200にはCMYKインクを搭載し、T1600にはホワイト、バーニッシュ(透明ニス)といった特色インクを搭載するような使い方もできます。

 今回発売する2商品により主にサイネージ印刷でのデジタル化を加速し、お客様に高画質・高速印刷をより簡単にプリンターへ実装できる環境を提供します。エプソンは独自の技術開発により、お客様のビジネス拡大に寄与し、インクジェットによるイノベーションをさらに加速させてまいります。

 ◆発売開始時期 2021年度下期

 ◆新商品のスペック

 PrecisionCoreプリントヘッドの詳細は、エプソンの技術ウェブサイトをご参照ください。

 マイクロピエゾ技術 https://www.epson.jp/technology/core_technology/inkjet/micro_piezo.htm

 マイクロピエゾ製造技術 https://www.epson.jp/technology/core_technology/basic_technology/precision_core.htm?rdct=micro_piezo

 以上

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ