3Dキャラクター制作ソフトウェア 『VRoid Studio』正式版が今夏リリース決定!誰でも使える新サンプルモデルを6/29(火)より無料配布開始

ピクシブ株式会社

 ~アクティブユーザーの9割が海外!インフォグラフィック「数字でみるVRoid」も初公開~

 ピクシブ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:國枝信吾、以下ピクシブ)は、3Dアバター事業「VRoidプロジェクト」において、提供する3Dキャラクター制作ソフトウェア『VRoid Studio』の正式版を2021年夏にリリースすることを決定しました。

 VRoid Studio正式版のリリースに先駆けて、2021年6月29日(火)より、3Dキャラクターの創作に活用できるサンプルモデル3体をVRoid Studioに追加。さらに、3Dキャラクターの投稿・共有プラットフォーム『VRoid Hub』にて、そのまま使用可能なモデルデータを無料でダウンロード配布いたします。

 また、同日の6月29日(火)より、インフォグラフィック「数字でみる!VRoidと世界のアバターシーン」を公開いたします。ユーザーデータをインフォグラフィックとして公開するのはVRoidプロジェクトの開始以来、初の試みとなります。近年、VTuberブームやコロナ禍でのバーチャル需要の伸長により、盛り上がりを見せる世界のアバターシーンや、地域・言語を超えて成長するVRoidプロジェクトのこれまでの軌跡を、数字やグラフで体感いただけます。

 ▼インフォグラフィック「数字でみる!VRoidと世界のアバターシーン」

https://vroid.com/news/3rmZO2zqNGU20UpNV7O1rQ

VRoid Studio正式版が2021年夏にリリース決定

 VRoid Studioは、表現力を活かしてオリジナルキャラクターを簡単に作れる3Dキャラクター制作ソフトウェアです。自分らしい3Dモデルを誰でも簡単に制作し、活用できる世界を目指し、2018年8月3日(金)にβ版を一般公開して以降、細やかなアップデートを重ねてきました。この度、ユーザーの皆さまからいただいてきたフィードバックと、世界的な3Dキャラクターモデルの需要の高まりを受け、2021年夏にVRoid Studio正式版をリリースすることを決定しました。

 正式版では、ソフトウェアのインターフェースデザインを全面的に改修し、さらにキャラクター表現の幅を広げる新機能を追加予定です。クリエイターの皆さまにはもちろん、新たに3D創作にチャレンジしたい初心者の方にも使いやすいソフトウェアを目指して、現在鋭意開発を進めています。生まれ変わったVRoid Studioに、どうぞご期待ください。

誰でも使える!新サンプルモデル3体を無料ダウンロード配布

 VRoid Studio正式版のリリースに先駆け、3Dキャラクターの創作に活用できるサンプルモデル(.vroid)データ3体を無料配布。本データは2021年6月29日(火)よりVRoid Studioに追加され、モデル制作のベースとして利用することができます。また同時に、VRoid Hubにて同3体のモデル(VRM)データを無料配布いたします。誰でもダウンロード可能で、すぐに自身の3Dアバターとして各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツでご利用いただけます。

 ■AvatarSample_A

 ダウンロードはこちら:

https://hub.vroid.com/characters/2843975675147313744/models/5644550979324015604

 ■AvatarSample_B

 ダウンロードはこちら:

https://hub.vroid.com/characters/7939147878897061040/models/2292219474373673889

 ■AvatarSample_C

 ダウンロードはこちら:

https://hub.vroid.com/characters/1248981995540129234/models/8640547963669442173

 ※利用条件については下記ヘルプをご覧ください。

https://vroid.pixiv.help/hc/ja/articles/4402394424089

インフォグラフィック「数字でみる!VRoidと世界のアバターシーン」

 VRoidプロジェクトは3D創作を世界中の方に楽しんでいただけるよう、2018年のβサービス開始当初から、キャラクター制作ソフト『VRoid Studio』や共有サービス『VRoid Hub』、スマートフォンアプリ『VRoid Mobile』といった各種サービスを、日・英の二言語で開発・提供して参りました。

 サービス開始から3周年を迎える現在では、各サービスのアクティブユーザーの約9割が海外ユーザーとなりました。VRoidから3D創作文化が花開き、地域や言語を越えたアバタームーブメントがグローバルに盛り上がりを見せています。

 中でもキャラクター制作ソフト『VRoid Studio』は注目度が高く、直近2年で日本ユーザーが約2倍になるだけでなく、海外ユーザーが約3倍にも伸長しています。

 VRoid Studioは日本発のソフトウェアとして、世界中のクリエイターに愛用されています。日本についで北米と中南米からのダウンロードが多く、次点でヨーロッパ、アジア、オセアニア、アフリカとなっています。

 こうして、世界中のクリエイターが3D創作を楽しんだ結果、VRoidから生まれた「アバター人口」がついに100万体を突破。現在、大都市の人口と同規模の3Dキャラクターたちが『VRoid Hub』に投稿されています。

 アバターの楽しみ方は様々ですが、注目が集まるのはアバターで自撮りをする「バーチャルフォト」です。月に20万を越える作品がスマートフォンアプリ『VRoid Mobile』で撮影されています。アバターのデザインにこだわったり、写真ビジュアルの演出を工夫したりと、世界中のクリエイターがバーチャルな自撮りを楽しんでいます。

 VRoidプロジェクトでは、誰もが個性豊かな自分のキャラクターを持ち、そのキャラクターを他者とのコミュニケーションや創作活動に活用できる「1人1アバター」の世界の実現を目指しています。今後も、3Dキャラクターを利用したコンテンツをより多くの方に楽しんでいただけるよう、さまざまなサービスを提供してまいります。

【予告】ユニクロ「細田守アニメーションワークス UT」とのコラボが決定!バーチャルTシャツをVRoidモバイルで無料配布&コラボキービジュアルを共同制作

 最新作『竜とそばかすの姫』をはじめとする細田守監督作品のUTコレクション「細田守アニメーションワークス UT」と、VRoidのコラボレーションが決定。株式会社ユニクロと共同開発した、UTコレクションのバーチャルTシャツ(全6柄)を3Dキャラの作成・撮影が出来るスマホアプリ『VRoidモバイル』にて7月16日(金)より無料配布します。

 合わせて、本UTコレクションを着用したアバターたちが『竜とそばかすの姫』の舞台であるインターネット上の仮想世界<U(ユー)>を楽しむスペシャルコラボキービジュアルを、共同制作。登場するアバターはすべて『VRoid Studio』で制作されています。

 ※詳細は7月16日(金)にVRoid NEWS(https://vroid.com/news)にて公開します。

 ■ VRoidプロジェクトとは https://vroid.com/

 誰もが自分の3Dアバターを持ち、3Dモデルを使った創作活動やVR/AR空間でのコミュニケーションを楽しめる環境を多くの人に届けることを目的とした、ピクシブ株式会社による3Dアバタープロジェクト。絵を描くようにアバターが作れる3Dモデリングツール『VRoid Studio』、手軽にアバターを作り写真撮影が楽しめるカメラアプリ『VRoidモバイル』、3Dモデルを投稿し各種VR/ARサービスやゲーム内で共通アバターとして利用できるサービス『VRoid Hub』などを提供。

 ■ピクシブ株式会社 http://www.pixiv.co.jp

 所在地 : 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-23-5 JPR千駄ヶ谷ビル6F

 代表取締役:國枝信吾

 事業内容:インターネットサービス事業

 設立日:2005年7月25日

 お問い合わせ:村松(むらまつ)・小出(こいで)・島崎(しまざき)・久米(くめ)

 メールアドレス:info@pixiv.co.jp

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ