【視聴無料】『位置情報計測ガイドライン』発行の米MRCへのインタビュー動画を配信

一般社団法人LBMA Japan

 メディアの調査や格付けを目的とした認定を行う米国の非営利団体MRCに対し、MRCがリリースしている位置情報計測ガイドラインについてインタビューした動画を配信。また、7月28日よりオンラインにて『位置情報DXカンファレンス』を開催します。

 位置情報を活用したマーケティングやサービス施策の促進を目的に活動する37社の企業連合である、一般社団法人LBMA Japan(東京都千代田区/代表理事:川島邦之)は、メディアの調査や格付けを目的とした認定を行う米国の非営利団体MRCに対し、MRC(※1)がリリースしている「位置情報計測ガイドライン」についてインタビューを実施し、この動画を公開しました。

 ※1 MRC: メディア・レイティング・カウンシル(Media Rating Council:CEO George W.Ivie)はメディアに関して調査と評価を行う非営利団体です。(http://mediaratingcouncil.org/ )

 インタビュー対象 Ron Pinelli Jr.(デジタル・リサーチ&スタンダード部シニアバイスプレジデント)

 概要 前半: MRCの概要に関して/後半: 位置情報広告業界の過去・現在・未来に関して

 字幕 日本語字幕

 インタビュー動画は、LBMA Japanホームページ (https://www.lbmajapan.com/ ) にて掲載しており、サイト会員(登録無料)に公開されています。位置情報計測の位置付けや、今後の展開への参考にして頂くことを目的に、このインタビュー動画を日本で公開いたしました。

 一般社団法人LBMA Japanは、今後も位置情報業界を活性化させるために施策を行ってまいります。

 また、本年3月に開催され、大好評だったオンラインカンファレンスを受け、次のカンファレンスを7月28日~30日(主催:技研商事インターナショナル株式会社)の3日間に渡り「位置情報DXカンファレンス2021 July ONLINE」の開催を予定しています。(視聴無料)

7/28-30開催 位置情報DXカンファレンス2021 July ONLINE(視聴無料)サイト → https://www.lbmajapan.com/conference-2021-july

 LBMA Japan会員企業を中心に、様々な企業が登壇し、位置情報を活用したDX(デジタルトランスフォーメーション)について語ります。

登壇予定企業(順不同) KDDI株式会社/株式会社ローソン/国土交通省/株式会社セブン&アイ・クリエイトリンク/株式会社ナビタイムジャパン/Near Pte. Ltd./マップマーケティング株式会社/株式会社オリコミサービス/株式会社ブログウォッチャー/クロスロケーションズ株式会社/株式会社unerry/三井住友海上火災保険株式会社/株式会社ゴーガ/エムシードゥコー株式会社/株式会社博報堂DYアウトドア/株式会社データインサイト/Supership株式会社/株式会社トリドールホールディングス/HERE Japan株式会社/株式会社ジョルテ/ESRIジャパン株式会社/株式会社ゼンリンマーケティングソリューションズ/ポスタス株式会社/京セラ株式会社/Pinmicro株式会社/国際航業株式会社

■一般社団法人LBMA Japan

 LBMAの日本支部であると共に、日本国内に於ける位置情報マーケティング、サービスを推進する非営利社団法人です。現在、日本国内で事業を展開する37社が加盟しています。

 所在地:東京都千代田区神田神保町2丁目20番地13

 設立:2020年2月

 代表理事:川島邦之

 会長:Asif Khan

 ■主な活動

 ・「デバイスロケーションデータ:共通ガイドライン」のアップデート・運用

 ・位置情報を活用したマーケティング・サービスの推進

 ・位置情報活用のマーケティングの共通指標の策定

 ・カンファレンスの開催等、ロケーションベースドマーケティングの普及活動

 ■一般社団法人LBMA Japanに関する問い合わせ先

https://www.lbmajapan.com

 info@lbmajapan.com

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ