ヒュンメルがBMZ社と共同開発、足の骨格バランスを整えるリカバリーサンダルを発売!

株式会社エスエスケイ

 立方骨を支えるリカバリーサンダル

 デンマークのスポーツブランドhummel(ヒュンメル)は、インソールメーカーBMZ社とリカバリーサンダルを共同開発。立方骨を支えることで、足の骨格バランスを整えるサンダルを、全国のスポーツショップで6月中旬より発売します。

■骨格バランスを整えるリカバリーサンダル

 今回発売のリカバリーサンダルは、サッカースパイク「ヴォラートII」でもタッグを組んだBMZ社との共同開発。BMZ社は、立方骨を中心に『足の骨格バランス』をサポートする考え方で特許を取得しており、「立方骨を下方から適度に支え、土踏まずを支えすぎない」という独自理論で、多くのトップアスリートと共に進化を続けるインソールメーカー。

 ヒュンメルと共同開発したのは、足の骨格バランスを整えるフリップタイプのリカバリーサンダル。特徴は大きく3つ。まず、フラップ下の広い箇所が足指の運動をサポートし、指に力を入れても地面を踏ん張れない「浮き指」を解消。足指がしっかりと使え、地面をつかめるように。足全体で衝撃も受け止めやすくなります。

 次に、かかとの外側前面に位置し、足本来が持つクッション性を機能させる立方骨の下に、ゆるやかなふくらみを持たせることで、立方骨をサポート。足のアーチ全体を適切に維持します。最後に、立方骨と踵骨前部を支え、足にある3つのアーチをサポート。足全体が安定感のある自然なバランスになり、アーチ崩れによる足への負担を軽減します。

 トレーニングや試合で疲れた足をケアし、翌日に疲労を引きずらないようにと開発したリカバリーサンダル。ホワイトとブラックのシンプルなデザインで、練習後はもちろん、デイリーにも活躍します。

■商品情報

 チューニングフリップ

 Price:¥5,390(税込)

 size:22.0・23.0・24.0・25.0・26.0・27.0・28.0・29.0cm

■ヒュンメルについて

 デンマークのスポーツブランド「hummel(ヒュンメル)」は、世界で初めてスタッド付きスパイクを開発し、1923年に誕生。革靴でサッカーをしていた当時、真っ平らな靴底にスタッドを付け、グリップ力の飛躍的向上をもたらし、今までできなかったプレーを可能にしました。そこで重過ぎるために理論上飛べないとされるマルハナバチ(ドイツ語でhummel)が努力を重ねて飛べるようになったという逸話を重ね合わせ、ブランドネーム&ロゴに採用。90年の歴史を経て、現在は“Change the World Through Sport.” (スポーツを通して世界を変える)をミッションに、独自のブランドストーリーを展開。新しいチャレンジを続けています。

 【OFFICIAL WEBSITE】http://hummel.co.jp

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ