非正規・家族も対象 新型コロナウイルスワクチン接種特別休暇を設定

学校法人追手門学院

 学校法人追手門学院(大阪市中央区、理事長:川原俊明)は、新型コロナウイルス感染拡大防止策の一環として、非正規を含めフルタイムで週5日以上勤務するすべての教職員に対して、ワクチン接種特別休暇を設けます。

 対象となるのは、学校法人追手門学院が設置する、追手門学院大学(大阪府茨木市)、追手門学院中・高等学校(大阪府茨木市)、追手門学院大手前中・高等学校(大阪市中央区)、追手門学院小学校(大阪市中央区)、幼保連携型認定こども園追手門学院幼稚園(大阪府豊中市)の、合わせて5つの学校・園でフルタイムで週5日以上勤務する派遣などの非正規を含めた教職員およそ680人です。

 期間は6月21日から当面の間で、ワクチン接種1回につき1日の特別休暇を付与し、対象者の2親等以内の家族のワクチン接種の付き添いにも適用します。さらに接種に伴う副反応が出た場合は1日追加で付与します。

 2回目の接種も同様の取り扱いとし、感染拡大防止の一助にしていきたいと考えています。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ