新型コロナウイルスワクチン接種時の特別休暇制度を導入

フューチャー株式会社

 家族のワクチン接種も「Family休暇」でサポート

 フューチャー株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長 グループCEO 金丸恭文、以下フューチャー)は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、社員とその家族が安心してワクチン接種を受けられるよう、接種時や接種後の副反応発生時に取得できる特別休暇制度を導入しました。

 特別休暇制度は、社員がワクチン接種を受ける際、最大2日間の特別休暇(有給)を取得でき、ワクチン接種後に副反応・副作用が生じて体調不良となった場合はさらに特別休暇(有給)が取得できるというものです。また、正社員、契約社員、アルバイトが就業時間中でもワクチン接種ができるよう、当該時間帯は勤務したものとみなします。さらに、二親等以内の家族がワクチン接種を受ける際の付き添いや副反応・副作用が生じた場合には、従来、家族の記念日や行事の際に取得できる「Family休暇」※を充てることを可能にしました。今後は、職場におけるワクチン接種をグループで進めていく予定です。

 フューチャーは初の緊急事態宣言が発令された2020年4月から全社的なリモートワーク体制に移行し、90%以上の社員が必要に応じてリモートワークを活用しています。また、コロナ禍により働き方の価値観が大きく変わるなか、社員がそれぞれの事情に合わせてUターン、Iターンなどフレキシブルに働くことを推奨しています。今後もすべての社員が働きやすく、個々の能力を十分に発揮できるような環境づくりに取り組んでいくとともにITコンサルティング企業グループとして多様化する社会課題に向き合い、誰もが時間や場所の制約のない働き方ができる社会の実現を推進することで、SDGsのGOAL8「働きがいも経済成長も」の達成に貢献します。

■概要■

 対象企業:フューチャー株式会社、フューチャーアーキテクト株式会社

 特別休暇制度の対象:正社員、契約社員、アルバイト

 二親等以内の家族の接種による「Family休暇」利用可能対象:正社員、契約社員

 対象期限:なし

 実施内容:

 接種時に特別休暇(有給)を付与

 就業時間中の接種は勤務とみなす

 接種後に副反応・副作用と思われる体調不良が生じた場合は特別休暇(有給)を追加付与

 家族の接種時の付き添い等には「Family休暇」を利用可能

 ※「Family休暇」とは、二親等以内の親族・姻族の看護や介護、子どもの学校行事等の理由により家族のために有給休暇を得する際、有給休暇を最大年5日間補填する制度。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ