「天体写真用レンズのマスターピース」!! 小型・軽量でコマ収差を抑え込んだAFレンズ「SAMYANG AF 24mm F1.8 FE」

株式会社ケンコー・トキナー

 6月25日発売

 株式会社ケンコー・トキナー(本社:東京都中野区 代表取締役社長:山中 徹)は、 小型・軽量でコマ収差を抑え込んだAFレンズ「SAMYANG AF 24mm F1.8 FE」の販売を、2021年6月25日より開始いたします。価格はオープンですが、66,500円(税込)の販売価格を想定しています。SAMYANGから、ソニーフルサイズミラーレスカメラに最適化したコンパクトAFレンズシリーズ 「タイニーシリーズ」に大口径広角単焦点レンズ 「AF 24mm F1.8 FE」を新たに追加しました。

 AF 24mm F1.8 FE は、重量230g、全長71mm、8群11枚(ASP2枚、HR3枚、ED2枚の計7枚の特殊レンズ)を採用しています。また、9枚の絞り羽根、58mmのフィルター径、19cmの短い最短撮影距離を実現しています。

 AF 24mm F1.8 FEには、天体写真撮影の為の「LEDインジゲーター」付きの新機能「アストロフォーカスモード」が搭載されています。この「アストロフォーカスモード」は、新設計の「フォーカスホールドボタン」で操作できます。フォーカスホールドボタンを押しながらカメラにレンズを装着することによって、事前に設定したピント位置に自動で移動することができる機能です。

高性能でコンパクトな広角単焦点レンズ

 大口径の広角単焦点レンズでありながら、F1.8の開放から周辺の隅々まで圧倒的な解像度を実現しました。

 球面収差やコマ収差を抑えた設計となっており、天体撮影や風景撮影に適しております。

天体撮影のためのアストロフォーカスモード

 AF 24mm F1.8 FEには、天体撮影をサポートするために「LEDインデックス」を備えた「アストロフォーカスモード」を搭載しています。アストロフォーカスモードが起動すると「LEDインデックス」が1回点滅し、無限遠にピント位置が異動します。

 フォーカスホールドボタンを使用して、自分好みのフォーカス位置を保存することもできます。

使いやすさを追求したフォーカスホールドボタンとカスタムスイッチ

 -フォーカスホールドボタン

 フォーカスホールドボタンを押すとその撮影距離にピントを固定することができます。また、カメラ本体のメニュー設定からフォーカスホールドボタンに他の機能を割り当てることも可能です。

 -カスタムスイッチ

 カスタムスイッチを搭載することで、操作がより直感的に簡単にすることができました。絞り制御モードやMFモードなど、さまざまな機能※をスイッチに割り当てることができます。

 ※今後フォームウェアのアップデートによりさらに多くの機能が追加される予定です。

小型・軽量でモダンなデザイン

 重さ230g、長さ71.5mmと小型・軽量。コンパクトなEマウントミラーレスカメラに組み合わせた際の機動性に優れています。また、マット仕上げにレーザー彫刻を施し視認性を高めています。

 5ヶ所にウェザーシーリングを施しているため、ほこりや雨などから保護をすることができます。

風景や室内、スナップ、Vlog撮影にもおすすめできる焦点距離

 AF 24mm F1.8 FEは、広角83.7°という優れた画角を誇ります。また、最短撮影距離が0.19mなのでより近づいて撮影をすることが可能です。

美しく自然なボケ味

 AF 24mm F1.8 FEは、F1.8の明るいF値により鮮明なピントと美しいボケを実現しております。

進化した高速かつ静粛なオートフォーカス

 オートフォーカスは、より正確に素早く合焦させるだけではなく、いかに静かな動作ができるかを考える必要があります。AF 24mm F 1.8 FEは、最新のステッピングモーターを搭載し、より静かに正確なオートフォーカスを実現することができました。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ