日本発パブリックブロックチェーンPlasm NetworkがFenbushi Capitalをリード投資家にPolkadot創業者ファンド、著名エンジェル投資家から11億円を調達

Stake Technologies Pte Ltd

 日本発のパブリックブロックチェーンであるPlasm Network(プラズムネットワーク)とShiden Network(紫電ネット ワーク)の開発をリードするStake Technologies Pte Ltd(シンガポール、代表取締役CEO 渡辺創太)はFenbushi Capitalをリード投資家にPolkadot共同創業者が設立したHypersphere Ventures、著名エンジェル投資家、Web3財団の助成金などから総額約 11億円の資金調達(*)を実施したことを発表します。(*)調達後の運用益を含む開発資金として調達

■ 今回のラウンドに参加した投資家

 これまでのラウンドでは以下の投資家の皆様より資金調達を実施しています。(※本発表は未発表であった複数のラウンドを含みます。)

Fenbushi Capital

 米リサーチ機関大手CB Insightsより2014年から2019年の投資実績ランキングで中国No.1に選出されたブロックチェーン、クリプト特化のVC。アドバイザーにはEthereum創業者のビタリック・ブテリン氏などが参画している。

Hypersphere Ventures

 Polkadotの共同創業者であるRobert Habermeier氏と元Web3 Foundationの幹部であるJack Platts氏によって設立された米国を拠点とするVC。

Gumi Cryptos Capital

 サンフランシスコと東京にオフィスを構えるブロックチェーン専門のVC。これまでの主な投資先には、1inch.network、OpenSea、Theta、Origin Protocol、SpaceMesh、Agoric、VEGA protocolなどに投資をしている。

TRG Capital

 ヨーロッパを拠点としたWeb3.0領域に投資を行うVC。Cointelegraphより2020年最もアクティブなブロックチェーン投資家に選出。

AU21 Capital

 米国に拠点を置く、元Houbiのゼネラルマネージャーと元ConsenSys, 元Galaxy Digital等のメンバーにより設立されたグローバルVC。Polkadot, Chainlink, Synthetix, Covalent, The Graphなどに投資をしている。

Digital Strategies

 ヨーロッパに拠点を置くPolymathの共同創業者によって設立されたVC。Casperlabs(lead), Keep等に出資をしている。

Sub0 Capital

 Polkadotエコシステムに専門的に投資を行うVC。Polkadot専門の著名メディアを中国で運営している。

SNZ Holdings

 中国上海を拠点に置くブロックチェーン、クリプト専門VC。Acala, Balancer, Brave, ConsenSys等に出資をしている。

Altonomy

 Goldman Sachs, Citibank, Morgan Stanley, CME Group出身者によって設立された世界的なOTCファーム。

East Ventures

 日本及びアジア、米国のIT分野のスタートアップ企業へ多くの投資を行なっている独立系のベンチャーキャピタル。数多くの日本を代表するインターネットサービスに出資している。

出井伸之氏

 クオンタムリープ株式会社 代表取締役会長 ファウンダー。2005年にソニー会長兼グループCEOを退任後、2006年にクオンタムリープを設立。同社の代表取締役会長 ファウンダーとして、大企業変革支援やベンチャー企業の育成支援を行う。

内山幸樹氏

 株式会社ホットリンク 代表取締役グループCEO。東京大学院工学系研究科在学中に、日本最初期の検索エンジンの開発に携わる。 博士課程を中退し、2000年に株式会社ホットリンクを設立、代表取締役社長に就任。

坂井豊貴氏

 慶應義塾大学経済学部教授、Economics Design Inc.取締役。専攻はメカニズムデザイン。著者に『多数決を疑う』『暗号通貨vs.国家』ほか。

■ 資金調達の背景

 当社は2019年の設立以降、一貫としてパブリックブロックチェーンの研究開発及び日本発となるパブリックブロックチェーン「Plasm Network」「Shiden (紫電)Network」の開発を進めてきました。パブリックブロックチェーンという次世代の産業基盤になる技術において日本が欧米諸国や中国に大きな遅れを取っている現状を打破すべく、米国、中国、ヨーロッパの世界有数のクリプト、ブロックチェーン投資家及び、日本を代表する投資家の皆様からこの度資金調達を実施しました。今回調達した資金は、プロダクト開発、国際的な人材採用、パブリックブロックチェーンエコシステムの拡大に充当します。

■ 投資家のコメント

Fenbushi Capital Partner Remington Ong氏

 "Stake TechnologiesとLonghashのアクセラレータで2019年に出会って以来、スケーラブルなスマートコントラクトプラットフォームをPolkadotのエコシステムに導入するというビジョンを反復して実行するチームの能力に一貫して感銘を受けてきました。 Kusama Networkの最初のスロットオークションに向けて、FenbushiはShiden NetworkとPlasm NetworkがKusamaとPolkadotの最初のパラチェインになるための入札をサポートできることを嬉しく思います。 パラチェーンになることは始まりに過ぎず、Web3エコシステムの発展に貢献してくれることを期待しています。"

 原文:Since meeting Plasm team in 2019, when Stake Technologies was one of the very first teams building on Substrate in Longhash’s accelerator, we have been consistently impressed by the team’s ability to iterate and execute on their vision of bringing a scalable smart contract platform into the Polkadot ecosystem,” said Remington Ong, partner at Fenbushi Capital. “As we approach the first set of Kusama slot auctions, Fenbushi is excited to support the Shiden and Plasm Networks in their bids to become among the first Kusama and Polkadot parachains. Becoming a parachain just marks the beginning, and we look forward to the team’s continued contributions to the growth of the Web3 ecosystem.”

Jack Platts, Hypersphere Ventures Partner, 元Web3 Foundation幹部

 "Plasmチームの技術力にはいつも感心させられており、Polkadotのパラチェーンオークションが近づくにつれ、彼らを支援できることに興奮しています。マルチブロックチェーンのアプローチは、PlasmとShidenがパラチェーンのエコシステム全体に重要な貢献をすることを意味しており、彼らの活動は他の将来のパラチェーンにも恩恵を与えることになります。"

 原文:“We were always impressed by the Plasm team’s technical prowess, and are excited to be backing them as parachain auctions approach. The multi-blockchain approach means that Plasm and Shiden will be key contributions to the overall parachain ecosystem, with their work benefiting every other future parachain as well.”

■ Plasm Networkについて

 Plasm Networkはパブリックブロックチェーンの直面している大きな課題である相互運用性(インターオペラビリティ)とスケーラビリティ(処理性能)の解決を目指す日本初パブリックブロックチェーンです。異なるブロックチェーンを接続するPolkadotに接続することでこれらの問題を解決します。また、Ethereum Virtual MachineをサポートしておりEthereum上にデプロイされたスマートコントラクトをPlasm Network上で使用することも可能です。

 今年1月には世界で初めてPolkadotのテストネット接続に成功、過去にはPolkadotエコシステム内で最多となる全6回の助成金をPolkadotの開発主体から獲得、トークン配布では約65億円相当のETHがスマートコントラクトにロックされるなどの実績を持っています。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ