Honda発 第1号スタートアップとして「株式会社Ashirase」を設立し、総額5,000万円の資金調達を実施

株式会社 Ashirase

 視覚障がい者向け歩行ナビゲーションを開発し、誰もが自分らしく在れる社会の実現を目指す

 株式会社Ashirase(代表取締役:千野 歩、以下当社)は、本田技研工業株式会社(以下、Honda)の新事業創出プログラムIGINITION発第1号スタートアップとして設立され、Honda及びリアルテックファンドからシードラウンドにて5,000万円 の資金調達を行いました。 今回の資金調達により、靴装着型IoTデバイス及びナビゲーションアプリを開発、2021年中に実証試験を実施します。また、そこでの結果を活用し2022年度中に製品化を目指します。

 視覚障がい者向け歩行ナビゲーションシステム「あしらせ」

 solution

聴覚を妨げず、安全への余裕を持てる世界初のナビゲーション

あしらせのコンセプト

 当社が開発している「あしらせ」は、ルート情報を足元から直感的に伝えることが出来ます。これまで苦労していたルート確認の作業から解放されることで、歩行者は安全確認に集中することが出来ます。自分自身で安全を担保しつつ余裕を持って歩けること。それが外出したいと思える気持ちや達成感を後押しでき、ひいては自立に繋がると考えています。

あしらせの特徴

 ・GNSS※1 測位情報と、ユーザーの足元の動作データから、視覚障がい者向けの誘導情報を生成

 ・白杖を持つ手、周囲の音を聞く耳を邪魔しない、足への振動によるナビゲーション

 ・振動の位置と振動させるテンポの組み合わせにより、直感的に理解可能な情報通知

 ・柔らかく、形状を保てる素材の採用により、違和感のない履き心地

 ・多くの靴に使用でき、容易に取り換えることが出来るシューズアタッチメントデバイス

 Background/Problem

当社が解決したい課題

 ロービジョン※2を含めた日本の視覚障がい者数は、国内164 万人※3、アメリカや欧州を含めた先進国全体では、1,200万人にのぼると推定されています。

 一方、盲導犬は国内1000頭程度しか存在しません。また、ガイドヘルパーは自治体ごとに利用制限が設けられているとともに、歩行支援では腕を掴むなど必ず密になることから、[MS(実4] コロナウィルスの影響でヘルパーを辞める方が増えていると言われています。

 こういった背景から、視覚障がい者の方たちは単独で歩行するケースが増えていると言われていますが、単独歩行には様々な課題があります。

 そこで私たちが注目したのは、下記三点です。

 ・歩行が出来ない、大変な思いをすることで、「外出が怖い」といった心理的課題を発生させている

 ・安全確認とルート確認に追われながら歩いている

 ・歩行時は聴覚に頼ることが多いため、音声ナビなどを使う聴覚を邪魔され、不安を感じたり危険に遭遇したりする

 当社では、これらの課題を解決する歩行ナビゲーションシステムを提供していきます。

 Mission

人の豊かさを「歩く」で創る

 当社は、「人の豊かさを”歩く”で創る」、をミッションに掲げ歩行を通じて、人生を豊かにする機会に出会い、人の可能性を広げられる社会を実現する企業です。

 歩行は、自分の足で行きたいところに行くことができるモビリティです。さらに、身体的にも様々な病気の予防・改善につながるだけでなく、五感を多く刺激するため心理的にも創造性が豊かになるなど多くの効果があります。

 私たちは、誰もが歩きたいと思え、歩き続けることができ、リアルな世界に触れられる。そのような「歩く」を創っていきます。

 Finance

本資金調達の目的

 あしらせは、視覚障がい者の生活に溶け込み、持続的に利用して頂きたいというコンセプトで開発しているため実際の利用シーンにおける価値検証が重要になってきます。そこで、視覚障がい者の方に実際の生活で使って頂くことが可能な、より最終仕様に近い試作を本年度に製作することを目的に、今回資金調達を行いました。

 Future

センシングと歩行ナビゲーション技術で新たな歩行を創造

 歩行における足の動きから、歩幅や歩行軌跡など人の歩行に対する様々な情報を入手することが出来ます。これらのデータと衛星データを連携し測位精度を向上するなど、人の歩行やナビゲーションに対する価値を向上するための様々な技術開発と事業展開を進めていきます。

 History

 ・2018年12月 Ashirase社の前身となる任意団体SensinGood Lab.が発足

 ・2018年12月 経産省主催「始動」プログラムにてシリコンバレー派遣メンバーに選抜

 ・2019年11月 S-Booster2019にて最優秀賞(賞金1000万円)を受賞

 ・2020年9月 「あしらせ」のプロトタイプが完成

 ・2021年2月 Asics Accelerator Programにて優秀賞を受賞

投資者コメント

 水野泰秀氏

 本田技研工業株式会社 常務執行役員 IGNITION審査委員長

 「Ashirase社は、視覚障がい者の方のために貢献したいという真剣な想いと、それを実現するために考え抜き行動する力、そして独創的な技術を持ったチームです。まさにHondaのチャレンジングスピリットを体現している彼らが、視覚障がい者への新たな価値を創造し、日本、そして世界を変えていくと信じています。彼らの夢が実現するまで、全力で支援していきます。」

 永田暁彦氏

 リアルテックファンド代表

 「千野さんの課題解決への想いは本物です。この強い想いこそが、人から応援され、世界を変えます。待っていてくださる視覚障がい者の方のために、私達もAshiraseと一緒に走り続けます。」

<本資金調達に参画する出資者・金融機関>

 1. Honda

 ・商号 :本田技研工業株式会社

 ・代表者 :代表取締役社長 三部敏宏

 ・所在地 :東京都港区南青山2-1-1

 ・設立 :1948年(昭和23年)9月

 ・主要製品 :二輪車、四輪車、パワープロダクツ

 ・HP  :https://www.honda.co.jp/

 2. リアルテックファンド

 ・正式名称 :リアルテックファンド3号投資事業有限責任組合

 ・運営会社 :合同会社リアルテックジャパン

 ・代表者 :代表業務執行役 永田 暁彦

 ・設立 :2014年12月26日

 ・事業内容 :投資事業、インキュベーション事業

 ・HP    :https://www.realtech.holdings/

<株式会社Ashiraseについて>

 ・社名 :株式会社Ashirase(アシラセ)

 ・代表者 :代表取締役 千野歩

 ・所在地 :東京都西東京市新町4-12-28

 ・設立 :2021年4月

 ・資本金 :2,500,000円

 ・事業内容 :歩行ナビゲーションシステム「あしらせ」の開発、販売、運用

 ・HP  : https://www.ashirase.com/

<お問い合わせ> info@ashirase.com(担当:徳田)

<注釈>

 ※1 GNSSはGlobal Navigation Satellite Systemを指し、衛星測位システムの総称となります

 ※2 「【日本眼科医会研究班報告 2006~2008】日本における視覚障害の社会的コスト」において、「よく見える方の眼で、矯正視力が0.1を超えるが、0.5未満」と定義されています

 ※3 出展:【日本眼科医会研究班報告 2006~2008】日本における視覚障害の社会的コスト

 URL: https://www.gankaikai.or.jp/info/kenkyu/2006-2008kenkyu.pdf

<関連リンク>

 従業員のアイデア・夢を実現する新事業創出プログラム「IGNITION」の全社展開を開始

 ~“人の役に立ちたい”という熱い想いで、新しい風を起こす~

 URL: https://www.honda.co.jp/news/2021/c210611a.html

 新事業創出プログラム「IGNITION」発のベンチャー企業「株式会社Ashirase」設立

 ~視覚障がい者向けナビゲーションシステム「あしらせ」の発売を目指して始動~

 URL: https://www.honda.co.jp/news/2021/c210611b.html

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ