関西でのマンション改装ビジネスの拡大に向けた基盤構築

YKK AP株式会社

 株式会社日東の株式取得(子会社化)に関するお知らせ

 YKK APは、マンション大規模修繕会社「株式会社日東」の発行済株式の全てを6月10日に取得し、マンション改装ビジネスの拡大に向けた基盤構築を行っていきますのでお知らせします。

 YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)は、マンション大規模修繕会社「株式会社日東 所在地:大阪府堺市(以下、日東)」の発行済株式の全てを6月10日に取得し、マンション改装ビジネスの拡大に向けた基盤構築を行っていきますのでお知らせします。

1.株式取得の理由

 当社は、第6次中期経営計画の重点施策として「集合住宅の改装強化」を掲げています。現在、首都圏・関西の大都市を中心に築年数の経ったマンション改装の需要増加が見込まれています。今後、マンション改装において更なる差別化を図る開口部改修用の商品・工法の開発、およびサービス向上のためには、工事会社と融合しノウハウを蓄積することが必要と考えました。2014年には首都圏でマンション大規模修繕工事事業を展開する株式会社YKK APラクシーの株式を取得し、事業展開を行っています。

 今回、新たに関西圏でマンション大規模修繕工事において、多くの実績と高い品質をもつ日東との事業展開により、技術の蓄積、開口部改修の普及促進につなげていきます。日東は、堅実な物件管理と高い工事品質を維持・向上させるために、人材を大切にする考えを持った企業でもあります。これらの企業姿勢が当社と合致することから、マンション改装ビジネスのパートナーとしてこのたび同社の株式取得を決定しました。

2.相手先企業の概要(2021年6月10日現在)

3.今後の見通し

 当社は、日東の工事・サービスに基づく顧客目線の実行力と、YKK APの有する開発力・技術力により更なる成長を目指します。また、日東の営業力を通じて顧客のニーズをより深く探ることで、選ばれる商品・工法開発を行うとともに、メーカーと工事会社との融合を図り、今後増えていく関西圏のマンションストックに対し、事業基盤の構築を行います。集合住宅におけるYKK APの高断熱商品での改装を促進することで、冷暖房費の抑制、カーボンニュートラル社会の実現など社会課題解決につなげていきます。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ