シンガポール投資運用会社Pavilion Capitalから資金調達を実施

株式会社ネットプロテクションズ

 ~約10億円の調達を行い、財務基盤を強化~

 *English follows Japanese* 株式会社ネットプロテクションズホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柴田 紳、以下、当社)は、シンガポールの投資運用会社であるPavilion Capitalを引受先とする約10億円の第三者割当増資について実施しました。加えて、株式会社アドバンテッジパートナーズがサービスを提供するファンドからPavilion Capitalに対して総額約10億円の既存株式譲渡を行います。今回の資金調達及び株式譲渡により、Pavilion Capitalの当社に対する出資比率は約2.2%となります。

■資金調達の目的

 Pavilion Capitalは、世界で最も高い評価を受けている投資会社のひとつであり、東南アジアを中心に投資業務を通して広い企業のネットワークを保有しています。今後、当社が東南アジア領域への進出を視野に入れた際、Pavilion Capitalとの関係性を構築した状態で臨めることは非常に価値が高いと判断し、今回の合意に至りました。

 なお、今回調達した資金は、事業拡大にむけたプロモーション活動の強化及び新規機能開発等に対応するための財務基盤強化等に活用していきます。

■Pavilion Capital 日本投資Head チュン チーコンのコメント

 ネットプロテクションズホールディングスは、日本で初めて未回収リスク保証型の後払い決済を提供したパイオニア企業であり、これまでの事業実績、事業規模、蓄積データ量など全てにおいて、日本のBuy Now Pay Later(以下、BNPL)領域におけるNo.1プレイヤーです。本投資以前から同社の取り組みには非常に感銘を受けており、今後の成長にも期待をしています。Pavilion Capitalは、同社が今後も日本のBNPL領域をリードしていくと確信しています。同社の経営陣と末長く協力し、国内外で愛される企業・サービスを一緒に構築していくことを楽しみにしています。

■ネットプロテクションズホールディングス 代表 柴田 紳のコメント

 この度、日本のBNPLサービスのNo.1であり、リーディングカンパニーとして当社を評価いただき、Pavilion Capitalから資金調達を行えたことを、心より嬉しく思います。

 Pavilion Capital の広範なネットワークや数多くの投資実績による知見にもご協力いただきながら、国内外を問わずサービスや企業価値の成長を加速させていきます。今回の投資により、加盟店様及び利用者様にはこれまで以上の利便性を提供できるようになると考えています。

 当社は『つぎのアタリマエをつくる』をミッションに掲げ、後払い決済の総合プロバイダーとして、これからも事業拡大・成長を続けてまいります。

■株式会社ネットプロテクションズ 会社概要

 当社はテクノロジーを活用して新しい信用を創造する「Credit Tech(クレジットテック)」のパイオニア企業として、あらゆる商取引を円滑にしていくことを目指しています。2002年より、日本で初めて未回収リスク保証型の後払い決済サービス「NP後払い」の提供を開始し、年間流通金額では前年比約113%のスピードで成長を続け、国内ECの後払い決済市場において現在ではシェアNo.1(注1)を誇る加盟店基盤を有し、年間ユニークユーザー数(注2)が1,580万人に達し、2021年3月までに累計利用件数が2.8億件を突破するまでに至りました。2014年より、同サービスにより培った独自の与信ノウハウとオペレーション力を企業間取引向けに展開した「NP掛け払い」の本格販売を開始し、年間流通金額では前年比約127%のスピードで成長を続けており、国内掛け払い決済市場において、No.1の取扱高シェア(注3)を維持しております。2017年には、購買体験がこれまでより快適になるやさしい後払い決済「atone(アトネ)」の提供を開始しました。さらに2018年には、台湾においてもスマホ後払い決済サービス「AFTEE(アフティー)」をリリースしました。これらの事業を通じて、顧客の購買歴・支払い歴をあわせた取得難度の高い信用ビッグデータを保有しており、今後は様々な領域でのデータ活用・展開を模索していきます。

 ・商号 :株式会社ネットプロテクションズ

 ・代表者 :代表取締役社長(CEO) 柴田 紳

 ・URL :https://corp.netprotections.com/

 ・事業内容 :後払い決済サービス「NP後払い」の運営

 企業間決済サービス「NP掛け払い」の運営

 訪問サービス向け後払い決済サービス「NP後払いair」の運営

 新しいカードレス決済「atone(アトネ)」の運営

 台湾 スマホ後払い決済「AFTEE(アフティー)」の運営

 ポイントプログラムの運営

 ・創業 :2000年1月

 ・資本金 :1億円

 ・所在地 :〒102-0083 東京都千代田区麹町4-2-6住友不動産麹町ファーストビル5F

 注1)当社推計(加盟店ベース)。2021年1月7日付通販新聞掲載の「第75回通販・通教売上高ランキング」に掲載されている300 社のうち、家電や高級ブランド品などを扱う企業を除いた239社を対象とし、その239社の中で後払い決済を導入している企業166社の後払いアウトソースサービスの導入状況を当社グループで調査(2020年3月1日時点)。また、上記239社のうち、後払い業務をインハウス化(自社提供)している会社は49社、後払いを導入していない会社は73社存在する。

 注2)年間ユニークユーザー数は、2020年4月1日~2021年3月31日における「NP後払い」の利用者のうち、氏名・電話番号の双方が一致する利用者

 注3)当社推計(取扱高ベース)。公表資料からデータ取得可能なプレーヤーの取扱高から推定される掛け払い決済市場=NP掛け払い取扱高:677億円 + Paid取扱高(※外部取扱高のみ、株式会社ラクーンホールディングス説明資料より):198億円 + MF Kessai取扱高(※マネーフォワードケッサイ株式会社のプレスリリースから当社グループ推計):200億円 (集計期間それぞれ2019/11-2020/10)

Net Protections Launches Capital Alliance with Singapore Fund Pavilion Capital, Raising Approximately One Billion Yen and Strengthening Financial Base

 Net Protections Holdings, Inc. (“Net Protections”; headquartered in Tokyo’s Chiyoda Ward; Shin Shibata, CEO) has issued new shares through a third party allotment to Pavilion Capital, in a capital raise valued at approximately one billion yen. In addition, funds served by Advantage Partners Inc. have sold shares of Net Protections to Pavilion Capital for approximately one billion yen. Through this financing round, Pavilion Capital has acquired 2.2% of Net Protections’ total shares.

■Background and Purpose of the Capital Alliance

 Pavilion Capital which is regarded as one of the top investment funds and is known for its wide network of investments throughout Southeast Asia. We believe that this capital alliance with Pavilion Capital will support our strategies for business expansion in Southeast Asia. We intend to use the proceeds of this capital raise to strengthen our financial base, support our marketing and promotion initiatives and develop new features for our services.

■Comments from Representatives of Both Companies

Head, Japan Investments CHOUN Chee Kong, Pavilion Capital

 Net Protections is a leading provider of after payment services which guarantees full payment with zero risk for merchants and has consistently demonstrated outstanding business performance, large business scale and a tremendous quantity of accumulated data. It is the number one Buy Now Pay Later (BNPL) player in Japan.

 We have closely monitored Net Protections’ activities and look forward to future growth. Pavilion Capital is confident in Net Protections’ leading position in the Japan BNPL industry and will provide great support to continue to build the company and its businesses both in Japan and overseas.

Shin Shibata, CEO, Net Protections Holdings, Inc.

 We are excited to enter into this capital alliance with Pavilion Capital and appreciate their recognition of our position as the leading provider of BNPL in Japan.

 With the resources and business networks of Singapore-based Pavilion Capital, which has achieved numerous successful investments, collaboration between our two companies will accelerate the growth of our business and company value in Japan and overseas. This alliance will help us to continue to provide excellent services to both merchants and users.

 As a multi BNPL service provider with the mission to “Create New Standard” for every user, we will continue to grow and expand our business.

■Overview of Net Protections, Inc.

 Net Protections is a market pioneer in the field of Credit Tech that strives to utilize technology to enable safe and smooth transactions. In 2002, Net Protections began providing NP Atobarai, a BNPL service that guarantees full payment with zero risk to merchants in Japan. For the year ended March 31, 2021, annual transaction volume increased 113% as compared to the previous fiscal year. NP Atobarai holds a dominant market share (※1) and is favored by numerous enterprises in Japan with over 15.8 million unique users (※2) and has processed more than 280 million transactions to date. In 2014, Net Protections introduced NP Kakebarai, a B2B payment on credit service which eliminates unnecessary operations while boosting productivity. For the year ended March 31, 2021, NP Kakebarai’s annual transaction volume increased 127% as compared to the previous fiscal year, and NP Kakebarai has a dominant position in Japan's B2B payment industry (※3). In 2017, Net Protections launched the atone service, a membership BNPL payment service for B2C that delivers a superior shopping experience for customers. In 2018, Net Protections launched AFTEE, a B2C BNPL service in Taiwan.

 Through these multiple services, Net Protections continues to accumulate consumer transaction data, which will allow us to pursue new opportunities in the field of big data analysis and fulfill our mission to “Create New Standard.”

 Company Name:Net Protections, Inc.

 Representative:Shin Shibata, CEO

 Website:https://corp.netprotections.com/

 Business Outline:B2C E-Commerce Payment “NP Atobarai”(“Buy Now Pay Later (BNPL)” Service)

 B2B Payment “NP Kakebarai”

 B2C payment “NP Atobarai air” for day-to-day services

 B2C Membership Payment “atone”

 B2C E-Commerce Payment in Taiwan “AFTEE”

 Reward Point Program: NP Point Club

 Founded:January, 2000

 Capital:100 million yen

 Headquarter:SUMITOMO FUDOSAN KOJIMACHI FIRST BILDING 5F, Kojimachi 4-2-6, Chiyoda-ku, Tokyo 102-0083 Japan

 *1)Based on a survey we conducted of 239 companies, consisting of Japan’s top 300 e-commerce companies (according to the “75th E-commerce and Mail Order Sales Ranking” published in the Tsuhan Newspaper on January 7, 2021, but excluding certain companies for which we do not believe payment-after-delivery services are commonly used, such as luxury brands and home electronics), 166 utilized third-party payment providers as of March 1, 2020, 49 offered in-house payment-after-delivery services and 73 did not utilize payment-after-delivery services.

 *2)Source: Company information. The number of annual unique users is calculated as the number of NP Atobarai users during the fiscal year ended March 31, 2021 based on the matching of names and phone numbers.

 *3) Company estimate based on public disclosures by peer companies. The annual transaction volume for NP Kakebarai was 67.7 billion yen, as compared to annual transaction volume of 19.8 billion for Paid, a service by Raccoon Holdings Co., Ltd. (for the period from November 2019 to October 2020) and 20.0 billion for MF Kessai, a service by Money Forward Kessai Co., Ltd. (for the period from November 2019 to October 2020).

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ