ビルドサロン、オンラインサロン開発時における初回ヒアリング内容の統計を発表。【株式会社ビルドサロン】

ビルドサロン

 オンラインサロン開発時の一般的な要件について統計調査の結果を発表。

 「オンラインサロン」の制作に特化したウェブ制作を行う株式付会社ビルドサロン(本社:東京都新宿区、代表取締役:上村十勝)は、実際に寄せられた顧客様の初回ヒアリングの回答内容に関する統計調査を実施しました。

■ 調査概要

 調査日時:2020年5月(現在のヒアリング形式を運用開始した時期)~2021年4月

 調査人数:ビルドサロンの初回ヒアリングにご回答いただいた個人事業主・法人様(99件)

 調査項目:オンラインサロン運営に関わる概要項目別

 株式会社ビルドサロンは、2020年5月から2021年4月までに寄せられた顧客様からの初回ヒアリングの内容を、それぞれの項目ごとに統計調査しました。(※個人事業主様 33件 法人様 66件)

■ 初回ヒアリングを行った時期

 現在のヒアリング形式を開始した2020年5月~現在までのヒアリング内容の統計を取りました。

ヒアリング実施数

 2020年 5月 5件 (現在のヒアリング形式を運用開始)

 6月 11件

 7月 8件

 8月 6件

 9月 6件

 10月 9件

 11月 6件

  12月 10件

 61件

 2021年 1月 6件

 2月 12件

 3月 7件

 4月 13件

 38件

■ オンラインサロンのジャンル

 オンラインサロンのジャンル(運営目的)として以下のような回答が得られました。

オンラインサロンのジャンル

 ・ビジネス/コミュニティとしての利用 34件(34%)

 ・自社ビジネス(事業)としての利用 32件(32%)

 ・その他の目的で利用 25件(25%)

 ・趣味に関する内容で利用 7件(7%)

 オンラインサロンのジャンルは多岐にわたり、趣味に関するものからビジネスなど運営目的は様々です。一つひとつが何かに特化したジャンルであるため、より熱度の高い会員の入会が見込めます。

 ジャンルの例としては以下の通りです。

 ▼ 特定の疾患を経験している人(乳がん、パーキンソン病など)

 ▼ 海外サッカーやメジャーリーグベースボール

 ▼ 投資、FX、資産形成

 ▼ 英会話、語学

 ▼ ヨガ、アーユルヴェーダ、ピラティス

 ▼ 犬、猫などペット

 ▼ 子供の成長、習い事……

 これ以外にも、ニッチなジャンルからたくさんの入会が見込めそうな定番ジャンルまで様々です。オンラインサロンは開設当初からターゲットを絞り込めるのが大きなメリットといえるでしょう。

■ サーバーの契約状況

 現在オンラインサロンを開設するために使用されるサーバーがあるのか、またはこれから用意をするのかについての調査結果です。

オンラインサロンのサーバーについて

 ・すでに(自社の)レンタルサーバーがある 45件(45%)

 ・自社でレンタルサーバーを用意する 12件(12%)

 ・まだレンタルサーバーはないのでビルドサロンで契約を代行してもらう 42件(42%)

 →ドメイン取得までお願いしたい 上記45件のうち23件(55%)

 すでにレンタルサーバーなどの設備が整っている顧客様は約半数となり、これからレンタルサーバーを用意する際、ビルドサロンにてレンタルサーバーの契約を希望するとの回答も多く寄せられました。

 なかには、そのようなシステムの設定が初めてであるという方も多くみられ、全面的にシステム整備をお願いしたいという意見も寄せられているのが現状です。

 ビルドサロンではこのようなIT関連に苦手意識を持っていたり、経験がない方に対しても手厚いサポートを行っています。

■ 料金、会員種別・ランク制について

 オンラインサロンを開設する際の料金形態(有料or無料)や、会員の種別によってランク制度を設けるのかといった内容に対する回答を調査したところ、以下のような結果となりました。

オンラインサロンの会員ランクについて

 有料会員のみ 66件(66%)

 無料会員 + 有料会員 33件(33%)

 有料会員のみにすると回答した顧客様のなかで、会員ランクの種別や料金形態についての詳細を伺ったところ、じつにたくさんの会員ランク制のご提案、考えが寄せられました。

 会員ランク制の詳細例については以下の通りです。

 ▼ 一般会員(無料)、プレミア会員(月額1,000円)、法人会員(月額12,000円)

 ▼ シルバー会員(月額2,000円)、ゴールド会員(月額5,000円) など

 会員のランクに応じて受けられるサービス内容が変わり、料金も変わるケースが多いです。また、会員にランク制を設けないと回答した方は、月額一律1,980円といった全ての会員が同一料金に設定されているといった提案もございました。

■ お試し期間について

 有料会員にお試し期間を設けるかについての回答も様々でした。

 お試し期間を設けると回答した方は、有料会員のみとする66件の回答のうち約半数の31件(47%)です。

 お試し期間の内容も様々であり、以下のような一例があります。

 ▼ 7日間無料トライアル

 ▼ 初月無料

 ▼ 初月500円 (2ヶ月目以降は月額2,000円)

 このように、お試し期間を設けることで入会者にオンラインサロンの良さを実際に体験してもらうことができ、納得してもらえた会員だけが残ることによって退会率を下げることが可能です。

■ まとめ払いについて

 有料会員のみと回答した方(66件)のうち、料金の支払い方法でまとめ払いを適用すると回答した方は45件(68%)でした。まとめ払いについての例は以下の通りです。

 ▼シルバー会員 1年まとめ払い 44,000円 (月額払い選択時は月額4,200円)

 ▼ゴールド会員 1年まとめ払い 120,000円 (月額払い選択時は月額12,000円)

 このように、まとめ払いを3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月に分類し、まとめ払いを選択する場合、1ヶ月ごとの支払額に換算するとは通常の月額料金よりも安く設定されています。

■ オンラインサロンはジャンルも運営方針も様々

 今回の、顧客様の初回ヒアリングを調査した結果から分かることは「顧客のニーズの多様化」です。それぞれ運営方針・サロンのジャンル・料金体系・支払制度は大きく異なり、共通点のようなものは特にみられませんでした。

 オンラインサロンの運営を成功させるためには、いかに入会者のニーズを満たし適正なコストで運営できるかだと思われます。サービスの内容、料金、運営者の人柄など、どれか一つでも欠けてしまうとたちまち会員は離れていってしまうため、その点は運営者の腕の見せ所だといえるでしょう。

■ 急成長するビルドサロン

ビルドサロンの累積ヒアリング実施数

 ビルドサロンでは、経常的にオンラインサロン付随システム開発の定形化を行ったり、オンラインサロンに関する調査を行い、オンラインサロン開発時や運用時の資料とし、オンラインサロンシステムの最適化をご提案しております。

 創業時からオンラインサロンにフォーカスし続けてきた株式会社ビルドサロンは、お陰様で法人設立から間もなく2年を迎えます。

 オンラインサロン・サブスクリプション会員制ウェブサイトの事であれば、ビルドサロンにご相談ください。

 --------------------------------------------------------------------------------------

■ リリースと取材に関するお問い合わせ

 本社HP: https://buildsalon.co.jp

 メール: info@buildsalon.co.jp

 電話: 03-6822-4723(代表)

 お問い合わせフォーム: https://buildsalon.co.jp/contact

 公式LINE: https://lin.ee/psX1A0C

 --------------------------------------------------------------------------------------

■ ビルドサロンの事業内容

ビルドサロン コーポレートロゴ

 株式会社ビルドサロンは、オンラインサロンの専門事業者です。オンラインサロン制作業界 No.1。

 ・自前オンラインサロンの開発及び制作事業

 ・オンラインサロン運営代行業務

 ・既存オンラインサロンのページデザイン

 ・オンラインサロン関連 CMS プラグインの開発

 ・既存ブログからのコンテンツ移行作業

 ・その他会員制サイトの受託開発業

 ・オンラインサロン運用ブログの運営

https://buildsalon.co.jp/blog

 ※当プレスリリースに記載の商品名、サービス名は一般に日本もしくは外国における各社の商標または登録商標です。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ