杉山清貴がオメガトライブと再会する話題のライブ「杉山清貴&オメガトライブ The open air live “High & High” 2020-2021」を5/9(日)WOWOWで生中継・配信!

株式会社WOWOW

 https://www.wowow.co.jp/kiyotakasugiyama/

 『生中継!杉山清貴&オメガトライブ The open air live “High & High” 2020-2021』5月9日(日)午後5:00~生中継 [WOWOWプライム] [WOWOWオンデマンド]※放送同時配信のみ

 ※開催を予定しておりました「SUGIYAMA,KIYOTAKA The open air live“High & High”2020-2021」公演は、このたびの緊急事態宣言の発令、及び、日本政府からの無観客要請を受けまして、無観客に切り替えて生配信ライブにて開催されます。

 ※本インタビューは緊急事態宣言発令前に実施されたものです。

 --5月9日に「杉山清貴&オメガトライブ The open air live “High & High” 2020-2021」が生中継されますね。最初に、生中継のお話を聞いたときはどう思われましたか?

 「望むところだ、受けて立とう!」という気持ちでしたね(笑)。僕らはライブが本領というか、本来の居場所。録画して音声やサウンドを整えたものを届けるのもいいですが、それはもう「ライブ」とは別物になってしまう。だったら、生でそのまま流してもらえるのは願ったりかなったりだなと。

 --ライブパフォーマンスに絶対的な自信があるから、即断できたと?

 いやいや(笑)。誰がどんな失敗をしでかすか、なにかハプニングが起こりはしないかと、単に自分らで面白がってるだけ(笑)。ご覧になる皆さんも、結構それを楽しみにしてるんじゃないかな。

 --昨年12月、東京国際フォーラムで行われた「SUGIYAMA,KIYOTAKA High & High 2020 Special Edition in Winter」もWOWOWで放送されましたね。その時のライブはいかがでしたか?

 昨年はライブをやるにも、お客さんの入場数を半分に制限したり、それでも気を遣うことも多かったですし、いくら気を付けたとしても状況によってはやっぱりできないということだって起こりうる状況が続きましたよね。だから、ライブの直前まで「本当にできるんだろうか?」と半信半疑のところはありました。でも、実際にライブをやってみてすべてが払拭されたと感じました。ああ、ここが自分らの場所だなと改めて確認できたというか。

 --長距離の移動をためらう人もいらっしゃったと思いますので、そういうファンの方にも見ていただけるようにとライブ放映を決めたのですか?

 これまでも中継したことはありますが、意味合いがいままでとはだいぶ違うと感じます。会場に足を運びたくても来られないという人にも届けられたのはとても良かったと思います。

 --コロナ禍において、ライブの届け方が多様化したように感じます。そのなかでWOWOWの生中継の魅力はどこにあると感じていらっしゃいますか?

 いまは、自分たちでやろうと思えばインターネットなどを通じて生配信をすることもできますよね。ですが、やはりプロたちが撮る映像や、プロの機材による音質、画質などには及ばない。その点、WOWOWさんの中継なら、僕らは信頼してお任せできるのでパフォーマンスに全力を注ぐことができる。そこがいいですよね。

 --ありがとうございます。ところで、ツアータイトル「High&High」は、杉山さんにとって特別なものだそうですね?

 タイトルには、「行けるとこまで行くぜ!」みたいな思いを込めています。僕がソロになったばかりだったと思いますが、「毎年、野外ライブをやるんだ」と決めたときにつけたタイトルなんですよ。最初は…、よみうりランドEASTだったかな? 以来、いろんな場所で開催させてもらうようになりましたが、その後もずっと同じタイトルを継承しています。野外ライブなので、「心を解放していくまで行こうぜ!」と。

 --ホールなどでの屋内ライブと、野外ライブの違いとはなんですか?屋外ライブならではの魅力とは?

 ホールは本来ライブをする場所なので、良い環境がすべて整っていますよね。野外となると、そうじゃない。気象条件で音の響きも変わるでしょうし、音響設備そのものが整わないことだってありえます。そのぶん、自然を感じたり開放的な気分になれるという特別な魅力もある。ですから、僕らとしても屋外ライブは細かいことを気にせず、その時の状況にベストを合わせていく感じです。先ほども言いましたが、予期せぬハプニングも起こったりもするし(笑)、信じられないような奇跡の瞬間が訪れたりもするんですよね。

 --これまでの屋外ライブ「High&High」でとくに印象深いエピソードは?

 これは、もう忘れもしません!1999年、日比谷野外音楽堂のライブですね。晴天の下で、リハーサルをやっていて、「今日も真夏日でいいライブになりそうだね」って話してたんですよ。それで、気持ちよく本番を迎えたら…、急激に雨雲が湧いてきて土砂降りになり、雷が野音の避雷針に落ちて、中止になったということがありました。客席があっという間に滝のようになり、大量の水が流れて行きました。まったく雨の予報はなかったので、何の養生もしていなかったから、むき出しのケーブルに雨があたり…、青色の光が散り始めたときは「事故にならないといいな」とひやひやしましたね。ギターも全部だめになっちゃったんじゃないかな。いまでは笑い話ですが、雷のすさまじさがいまも焼き付いています。まだ世間では“ゲリラ豪雨”という言葉がなかったころだと思います。ブームを先取りましたね(笑)。

 --すさまじい思い出ですね(笑)。5月9日に生中継される「杉山清貴&オメガトライブ The open air live “High & High” 2020-2021」ではどんな思い出が作れそうですか?

 また昔の仲間が集まってライブができるので、それが楽しみですよね。“悪ガキたちが集まってわいわいやってるぞ”というのを、温かく見守っていただけたら(笑)。楽曲については、ご覧いただく皆さんのほうが十分ご存じだと思います。そうそう、一昨年は僕が、メンバーは去年、全員が還暦を迎えました。オーバー60になった僕らの、これからの音を届けられたらいいなと思いますね。

 --今回、オメガトライブとの再会も話題になっていますが、杉山さんにとって、オメガトライブのメンバーはどのような存在ですか?

 幼なじみみたいなものですね。高校に入ってすぐにバンドを組んだ仲間だから、なんでも言い合える。10年位前に、スターダスト☆レビューに呼んでいただき、スタジオに一緒に入ったときに、(根本)要さんがメンバーに対してすごい辛辣な口のきき方をしてびっくりしたんですよ。「そこまで言う?」って。

 でも、僕もオメガトライブのメンバーに対しては、同じような感じで言ってたりするんですよ(笑)。熱くなると、本気の、素の言葉が飛び出す。サポートメンバーには絶対に言えないことも、言えてしまうし、相手も僕に言える。それがバンドなんです。だから、ステージで、MCしていても「お前さぁ~」って言える(笑)。日常と同じやりとりだから、ステージ上でもどんどん自然体になっていくんですよ。楽ちんだし、素の自分がどんどんさらけ出される感じがありますね。久々に集まって、リハーサルをしていると、本当に良かったなって思いますね。

 --ファンの皆さんもとても喜んでいますね?

 僕らが遊んでいる姿を見て喜んでいただけるなら、そんなありがたいことないですよね。

 --仕事仲間でもあるメンバーに、何でも言えるというのは素敵ですし、羨ましいことだなと。

 確かに、職場で言いたいことを言える環境ってなかなかないでしょうね。ただ、僕らは「仕事」と思ったことは1度もなくて。中学でギターを手にしたときから、何も変わらずに50年が過ぎたという感覚です。僕らって、肩書が変らないんですよ。何年経ったから課長さん、その後は部長さんみたいにならない。ゆえに、“何も変わらないまま来ている強さ”があるのかもしれません。好きなことだから、自然と新しい音楽も聴きたくなるし、ギターも練習しようと思えるんです。

 --1983年にデビューし、40周年のアニバーサリーも近づいてきました。長くキャリアを重ねるなかで、大切にしてきたことはなんでしょうか?

 そうだな…。休まないこと、かな。だから、去年スパッと活動がストップしてしまったときは戸惑いました。どうなるんだろう、と不安もよぎりましたね。ただ、休んでみて初めて分かったんですが、声の調子がよくなったんですよ(笑)。長年の蓄積で、喉の筋肉も疲労していたんだなと気づかされました。悪いことばかりじゃないなって。続けていくこと、休まないことは大事だけど、詰め込み過ぎるのは良くないなって思いましたね。

 --STAY HOMEするなかで、とくに大変だったことは?

 ライブができない苦しさはもちろんありましたが、僕らがそれ以上につらかったのは、ライブの後の打ち上げができなかったこと(笑)。あの瞬間のために、全力でライブしてるようなものですからね(笑)。

 あと、「人前で歌えないってこんなにつまらないんだな」って。自粛期間に入ってすぐのころは、面白がってインスタライブなんかもやってみましたけど、面白くないんですよ。お客さんが目の前にいて歌うからこそライブは楽しいんだなと思ったし、長年歌ってきたなかで、“初めて”「お客さんって大切だな」って気づかされましたね。

 --“初めて”というのは照れ隠しだと思いますが(笑)、ライブはお客様と一緒に創り上げるものなのですね?

 ええ。同じ空気のなかでの、音を通じた対話がないと僕らは栄養不足になるんですよ。要さんがよく「俺らは拍手で食っている」と言いますが、まさにその通りだなと思いました。

 --杉山さんも根本さんも、素晴らしい歌声を保ち続け、体型もキープしています。かなり努力なさっているのでは?

 秘訣をお教えしたいところですが、本当に何もないんですよ。ギターは練習しますが、歌を練習したことはないですね。ずっとライブで歌っているだけ。酒も飲みますし…。ただ、10年ほど前にタバコはやめました。これは良かったですね。もっと早くやめておけばよかったと思うくらい、声の調子がよくなりました。

 体に関しても、走り込みとかつらいことは大嫌いなので(笑)、海に行くくらいですね。

 --では、STAY HOMEで喉の調子以外にも良かったことはありますか?

 家にいる時間が増えたので、時間をかける煮込み料理なんかをする機会が増えたんですよ。音楽を流しながら料理を作るので、YouTubeで何かないかなって探していたときに、「ローファイ・ヒップホップ」というジャンルに出逢った。そこからヒップホップを聴くのが楽しくなって、いろんな世代のラップや、レゲエも聴くようになりましたね。

 --ローファイ・ヒップホップは割とチルな感じなので、料理を作るときにいいBGMになりそうですね。

 そうなんですよ。そこから、「トラックってかっこいいな」と思ったり、音楽的にもいろんなことが気になり始めていって。かつては、ラップはまるで眼中になかったけど、ここにきて「いいな」って思うようになったので洋邦問わず聴いてます。

 --世代やジャンルにとらわれずに聴けるのが、SNSやストリーミングサービスの面白さかもしれませんね。そのなかで、日本の80年代の音楽、シティポップが世界的に評価されています。当事者である杉山さんは、どう受け止めていますか?

 最初は「ええ、そうなんだ?!」って驚いたし、不思議でしたね。また、ブームが戻ってくるとは想像もしませんでした。いまは、生音も打ち込みも一緒くたですが、あの頃は“生でいかにかっこいい音楽を創るか”を追求していた。アレンジも演奏スキルも高いですし、歌詞もあの頃にしか書けない世界観があると思います。だからこそ、あの時代にしか響かないのでは…と思っていたけど、3世代くらい時代が変わって、いままた受け止められるようになった。いまの若い人も、恋愛に対するあこがれを描いたあの時代の歌詞が響くんだなって。それでふと、「若者って、基本は同じなんだろうな」と思ったりしましたね。

 --なるほど。80年代のシティポップは、いい意味で浮世離れした感じがあると思っていましたが、そこがバーチャルにも違和感のないSNS世代に刺さったのかもしれませんね?

 そうかもしれません。現実ではありそうもないシチュエーションが描かれたりしていましたからね。歌詞を言葉のプロが書いていたので、リアルではないけど情景が浮かぶのもいい。あの頃の歌詞って、ファンタジーだなって思いますね。いま、ファンタジーが求められているのかなと。ライブには、親子、さらには3世代でライブに来てくださる方もいますが、リアルに聴いていた親世代より子供たちの方が夢中だという言葉をいただくことも増えました。

 --いい音楽はそうやって受け継がれていくのですね。今後はどんな音楽を鳴らしたいとお考えですか?

 とくに何かを変えようとは思っていません。70年代、80年代、90年代と音楽をやってきて感じていたことですが、新しい世代になるたびに、それまでの音楽を「古い」と切り捨てられてきた。それを、僕はずっと“気持ち悪いな”と思っていました。でも、21世紀にはいって、その感覚が薄れてきた。「古いよね」という言葉が聞かれなくなったし、いろんな発想で音楽を創れる時代になっているから、古いと切り捨てるんじゃなく「そういうものもあるんだ」と受け止められるようになっている。それがいいなと思っています。

 --いいと思う音楽を忖度なく創り続け、鳴らし続けてきたのですね。では、最後にWOWOWで視聴する方々にメッセージをお願いいたします!

 改めての言葉になりますが、僕らが奏でていたあの時代の音楽は、ファンタジーだと思いますし、いま、いろんな世代の方に響く音楽じゃないかなと思います。世代を超えて楽しんでいただけたらうれしいです。

 <緊急事態宣言を受け、無観客にて開催される今回の特別公演の模様は5月9日(日)午後5:00よりWOWOWで生中継・配信!心を吹き抜ける爽やかな風にも似た彼らのサウンドをお楽しみいただきたい!>

<番組情報>

 生中継!杉山清貴&オメガトライブ The open air live “High & High”2020-2021

 5月9日(日)午後5:00生中継 [WOWOWプライム][WOWOWオンデマンド]※放送同時配信のみ

<関連番組>

 杉山清貴「SUGIYAMA,KIYOTAKA High & High 2020 Special Edition in Winter」

 5月6日(木)深夜1:15 [WOWOWライブ] [WOWOWオンデマンド]※放送同時配信のみ

<番組サイト>

https://www.wowow.co.jp/kiyotakasugiyama/

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ