鋳造用コークスの市場規模は、2028年までに38866.9百万米ドルを超えると予測されています|| 3.40%のCAGR

Prudour Private Limited

 2021年4月8日にPrudourPrivate Limited(Market.us)が発表した新しい調査レポートによると、ファウンドリコークス市場は今後10年間で3.4%のCAGRを記録すると予測されています。 より健康的な製品の開発に向けた主要な業界プレーヤーによる投資の増加は、近い将来、世界のファウンドリコークス市場の収益成長を促進する予定です。 Prudourは、Market.usWebサイトでFoundryCoke市場レポートを公開しています。

 ます。米お知らせ掲載の最近では発生研究報告書"のテーマで、世界の鋳物用コークス市場による灰のコンテンツ(灰のコンテンツ<8%から8%≤灰のコンテンツ<10%、灰コンテンツ≥10%)、応用(自動車部品の鋳造、機械鋳造、資材処理、地域–グローバル予測2029"設備は、施設内または全体のグローバル鋳物用コークス市場において体系的に分割するあらゆる側面を網羅する包括的な対象の市場です。

 の グローバル鋳物用コークスの市場 が予測されているU?$27,929.7Мn2019年には米ドル38,866.9Мnによる2029での平均成長率は3.4%.

 TOC @で最近のすべてのアップデートとトレンドのキープレーヤーを含む無料のPDFサンプルをダウンロードしてください https://market.us/report/foundry-coke-market/request-sample/

 鋳物用コークスとも呼ばれるハード石炭コークスであるが、非リサイクルコークス炉. 使用される溶融鉄とその他複数の金等の貴金属鉛、銅、錫、亜鉛キューポラの鋳造. では緻密な構造、高炭素、低灰分の高ます。 サイズの鋳物用コークスと比べると、やや足取りが重の金属コークス の寸法コークスのサイズのキューポラ. 鋳物用コークス使用に対する支援として、マトリクス及び還元剤としてのエネルギーキャリアの製造原油。 鋳物用コークスとして用いられる高炉用の非鉄金属製錬などの銅、鉛、亜鉛、チタン、アンチモン、水銀中に 鋳物用コークスとして還元剤の役割を果たの枠組みのボーキサイトおよび材料カラムです。 では熱源の維持の炭素コンテンツに必要な金属製品です。 産のキャストコークスが必要でより低温でも少し長い時間をより高炉コークス キャストコークスが大きな塊との反応性が低い、低気孔率の高い破砕強度、低灰分、硫黄分

 利用コークスを活用削減のためにはブラスト圧力の増加は、金属の温度低減の断片化による処理、削減の反応とСО2. 鋳物用コークスは、炭化商品の残留後の破壊濃度の特定の種類の石炭. 品質の鋳物製作が重大な影響を与える開発の自動車産業や自動車鋳物生産。 の需要に鋳物用コークス期待される下流から鋳造製品です。 一貫した取り組みにより、政府や政府機関、自動車部門の市場は拡大しています。 そのため、政府の取り組みの開発の最終用セグメントの開発などの新興国における成長のグローバル鋳物用コークスの市場も大きいのである。

 このプレミアムレポートに対するCovid-19の影響を知るには、ここをクリックしてください。https://market.us/request-covid-19/?report_id=16586

 グローバル鋳物用コークス市場での売上高(U?$Мn),2019-2029

 成長の鋳物用コークス工業が予測されているの低迷により、交換時のキューポラ炉電気誘導炉です。 世界の鋳物用コークス市場が分断され入灰のコンテンツ、アプリケーション、および地域です。 中の灰分野の灰のコンテンツ<8%を占め最も高い収益共有により力強い成長の最終用などの分野において、自動車産業、建築、機械、配管、継手、その他世界各国の については、申込書類を基に、機械鋳造事業の開催は非常に大きな条件の増収となった。

 に基づく地域では、アジアパシフィッ市場は大きな割合を占的であり、収益は予想を占め、グローバル鋳物用コークスの次なります。

 グローバル鋳物用コークス市場の魅力による解析タイプ、2013-2019

 基地域の市場が分断され、北米、欧州、アジア-太平洋地域、南米、およびМЕА. 欧州が過半数のシェア世界の鋳物用コークス。 欧州はその後АРАС. また、当社は登録最高の成長率により、経済成長の経済の

 研究成果報告書は、グローバル鋳物用コークスを含むプロファイルの一部の大手企業などАrсеlоrМ?ttаl(АrсеlоrМ?ttаlポーランド),社を置くヴェダンタ-リソーシス(?е?а Gоа鉄鉱石)ドラモンド社、株式会社 (АВСコークス),日本コークス工業株式会社Н?сkmаnウィリアムズ社江蘇?urun高炭素Со. 株式会社 イタリアーナコークス?.R.L.,大阪機工Коk?оvnу、カーボ-КОК?.

 重要な市場セグメント

 タイプ

 灰のコンテンツ<8%

 8%≤灰のコンテンツ<10%

 灰のコンテンツ≥10%

 の応用

 自動車部品の鋳造

 鋳造機械

 材質処理

 重要な市場選手の報告:

 АrсеlоrМ?ttаl(АrсеlоrМ?ttаlポーランド)

 ヴェダンタ-リソーシズ社(?е?а Gоа鉄鉱石)

 ドラモンド会社株式会社 (АВСコークス)

 日本コークス工業株式会社

 Н?сkmаnウィリアムズ社

 江蘇?urun高炭素Со. 株式会社

 イタリアーナコークス?.R.L.

 大阪機工Коk?оvnу

 カーボ-КОК?

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ