【4/15 参加無料】 ビジネスとSDGsをつなぐストーリー作りや指標設定について学べる Better Impact ラウンジ 第3回 を開催

ケイスリー株式会社

 ~課題解決型事業とインパクト投資の未来についてお伝えします~

 ケイスリー株式会社は、2021年4月15日(木)17:00-18:00に、本業を通じたSDGs貢献をめざす企業・投資家に向けたトークイベント「Better Impact ラウンジ 第3回 ~課題解決型事業とインパクト投資の未来~」を開催いたします。

 ゲストには、ベンチャーキャピタリストとして企業の社会性を加味したインパクト投資の実現をめざす日本ベンチャーキャピタル株式会社(https://www.nvcc.co.jp/)執行役員 照沼大氏と、同社の投資先であり、「病気にならない世界を作る」をミッションに掲げるスマートスキャン株式会社(https://smartscan.co.jp/)代表取締役の濱野氏をお招きし、企業のSDGsへの貢献と、持続的な成長はどう融合できるのか、また、その実現を投資家はどう支えられるのかについて、お話を伺います。

 SDGsのラベル貼りを超えて、ビジネスとSDGsをつなぐストーリー作りや指標設定の考え方や手法、その具体的な事例ににご関心のある方、そうした企業を支える投資のあり方にご関心のある方、ぜひお気軽にご参加ください。

◆ イベント概要

 ・日時:2021年4月15日(木)17:00-18:00

 ・場所:オンライン(zoom)

 ・参加費:無料

 ・申込方法:申込フォーム(https://forms.gle/zVpCisZJ1jfNtLVg7)よりお申込みください。

 お申込みいただいた方に当日の参加URLをご案内いたします。

 ・申込締切:2021年4月15日(木)14:00

◆プログラム内容

 イントロダクション:事業とSDGsをつなぐストーリーと指標

 日本ベンチャーキャピタルの取組み

 スマートスキャン株式会社の事例

 5月開始のプログラム『Better Impact』 のご紹介

 質疑応答

◆ゲスト紹介

 照沼 大氏

 日本ベンチャーキャピタル株式会社 執行役員 ベンチャーキャピタリスト

 バックグラウンドを活かし、ソフトウェア、および、ICT、インターネット、モバイル関連のサービス等の領域に、アーリーステージを中心に投資。また、通信機器ベンダーにも投資し、そこから派生し、製造業関連にも領域を展開。投資先への非常勤取締役就任は累計 15 社。

 濱野 斗百礼(濱野智章)氏

 スマートスキャン株式会社 代表取締役

 スマートスキャン株式会社 代表取締役 1969年生まれ。楽天株式会社にて執行役員、グループ会社のリンクシェア・ジャパン株式会社にて代表取締役社長を務めた後、スマートスキャン株式会社を設立。

※ 伴走支援プログラム「Better Impact」とは

 事業の社会的価値を可視化し、PDCAサイクルを回すことでSDGs達成に貢献する「社会的インパクト・マネジメント」を活用・実践したい事業者や資金提供者に対し、約2か月間の伴走支援を提供するプログラムです。本プログラムでは主に、事業を通じたSDGs達成までのストーリーづくりと、その検証を行うための指標づくりを支援します。

 参加各社には、官民連携や企業の経営支援、社会的インパクト・マネジメント等、経験・実績共に豊富な5名のメンターがつき、単なる知識のインプットやアドバイザリングを超えて、多角的な学びを提供します。(「Better Impact」の詳細はこちら:https://www.k-three.org/post/20210312

 ※現在、4月13日(火)開催「Better Impact ラウンジ 第2回」も参加者募集中です。 ご関心のある方は、こちらのURL(https://www.k-three.org/post/20210402)から詳細をご覧ください。

本件に関するお問合せ先

 ケイスリー株式会社 今尾 江美子

 連絡先:contact@k-three.org

会社紹介

 代表者:代表取締役社長CEO 幸地 正樹

 所在地:

 ・沖縄本店:沖縄県那覇市与儀86番地

 ・東京本社:東京都千代田区神田小川町3-28-5 axle御茶ノ水 P210

 設立:2016年3月

 ホームページ:https://www.k-three.org

 プロダクトURL:https://betterme.jp/

 事業概要:

 ・社会的インパクト・マネジメントや成果連動型官民連携など、成果向上に向けた手法の研究開発・導入支援

 ・EBPMの実装に向けたGovTechプラットフォームプロダクトの開発や共創による社会課題解決に向けたオープンイノベーション

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ