映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)、ふたたび劇場へ!《東日本大震災から10年『Fukushima 50』”3.11を忘れない”特別上映》決定!!

株式会社KADOKAWA

 東日本大震災時の福島第一原発事故を描いた映画『Fukushima 50』が今年の3月5日(金)より全国で順次再上映となります。

 2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災発生。そして福島第一原発事故。日本人誰もが経験し、全世界が震撼した福島第一原発事故の関係者90人以上への取材をもとに綴られたジャーナリスト、門田隆将(かどたりゅうしょう)渾身のノンフィクション作品「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫刊)原作の映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)が、震災から10年目を迎える今年、【東日本大震災から10年『Fukushima 50』”3.11を忘れない”特別上映】と銘打ち、劇場で再上映されることが決まりました。

 日本アカデミー賞では優秀作品賞、優秀監督賞、優秀主演男優賞、優秀助演男優賞、優秀助演女優賞などを含む最多12部門で受賞を致しました。さらに、岩代太郎 さん作曲、世界的ヴァイオリニストの五嶋龍 さんが参加した『Fukushima50』の音楽が、国際映画音楽批評家協会賞 (IFMCA)「ドラマ映画部門」を受賞致しました。

 2011年3月11日午後2時46分に発生し、マグニチュード9.0、最大震度7という、日本の観測史上最大の地震となった東日本大震災時の福島第一原発事故を描く物語。想像を超える被害をもたらした原発事故の現場:福島第一原子力発電所(通称:イチエフ)に残った地元福島出身の作業員たちは、世界のメディアから“Fukushima 50”(フクシマフィフティ)と呼ばれた。世界中が注目した現場では本当は何が起きていたのか-、何が真実なのか-、浮き彫りになる人間の強さと弱さ。東日本壊滅の危機が迫る中、死を覚悟して発電所内に残った人々の知られざる“真実”が明らかになる。

 2021年3月11日で東日本大震災から丸10年を迎えます。今コロナと戦う医療従事者と同じように、原発内で戦い続けた名もなき作業員の目線を通し、震災や福島第一原発事故への記憶を新たにするために『Fukushima 50』がもう一度劇場に帰ってきます。今もなお帰還困難区域となっている地域、避難を余儀なくされている被災者、廃炉のめどが立たないイチエフ。10年経っても続く大きな余震。まだまだ終わっていないあの事故を描いた『Fukushima 50』、この機会にぜひ劇場でご覧ください。

 上映劇場情報はこちらからご覧いただけます。

https://www.fukushima50.jp/app/theater/

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ