AI食×機能性野菜ナスで「結果」を届けるビジネスプランが令和2年度技術・ブランド・知的財産ビジネスプランコンテスト特別賞を受賞

株式会社ウェルナス

 2021年1月28日、株式会社ウェルナス(本社:東京都港区、以下(株)ウェルナス)は、日本弁理士会が主催する「令和2年度 技術・ブランド・知的財産ビジネスプランコンテスト」において日本弁理士会特別賞を受賞しました。受賞ビジネスプラン名は「機能性野菜ナスで挑戦する健康実現」です。表彰式が、2月26日(金)15:00~16:45にYouTubeライブ配信で開催されますので、ぜひご覧ください( https://youtu.be/f12Rt3DVk9M )。

 本コンテストでは、健康などの自己実現を達成するための食の個人最適化技術であるAI食と科学的エビデンスに裏付けされたナス機能性食品の、新規性、独占的な事業展開を可能にするコア技術特許(AI食サービスおよびナス食品機能性)、上記技術を組み合わせた「モノ(食)」だけでなく「結果(健康)」も届けるビジネスモデルが、「巨大な国際疾病予防マーケットの中で成長が期待できる」と評価されました。

 ▼受賞ページ

https://www.jpaa.or.jp/cms/wp-content/uploads/2021/01/oshirase-BPCjusyousya_20200128.pdf

ビジネスモデルイメージ

 ■受賞ビジネスプランについて

 受賞ビジネスプランは、QOLに配慮しつつも食が本来持つ健康維持・増進機能を最大化できるAI食サービスと、血圧、気分、睡眠改善作用を持つナス機能性食品を組み合わせた、食による健康を実現する次世代型個人最適化ヘルスケアサービスです。AI食サービスとナス機能性食品を組み合わせるという新たなマーケティング手法を利用して、手段である「モノ(食)」だけでなく「結果(健康)」を届ける、継続性の非常に高い新規なヘルスケアビジネスモデルを構築することができました。これまで提供されている機能性食品やヘルスケアサービスは、規格基準に基づいた画一的な商品またはサービス提供となっているため、ユーザーが本当に健康目標を達成しているかは担保されないという問題があります。(株)ウェルナスは「機能性食品とデジタルソリューションの組み合わせ」による次世代型個人最適化ヘルスケアサービスを通じてこの問題を解決し、食を通じた実効的な健康を届け、医療費低減にも寄与することを目指します。また、本ビジネスプランはコア技術特許(非公開出願特許含む)により高い参入障壁を構築しており、新規ヘルスケアサービスを独占的に展開するための準備が整っています。

 ■AI食とは

 AI食は、個々人が望む自己実現(健康、美容、記録、学力など)を達成するように個別最適化した栄養素と機能性成分を含む個人最適食です。(株)ウェルナスが、信州大学学術研究院農学系・中村浩蔵准教授の発明を基にして共同開発しました。インターネットなどの情報通信技術、血圧や体重などの自動計測・記録技術の発展とスマートフォン・ウェアラブルデバイスなどのスマートデバイスの普及によって、日々の食や体のデータを個人毎に簡便に記録保存できるようになったことでAI食が実現しました。技術詳細は、(株)ウェルナスプレスリリースをご覧ください*1。

 *1.最優秀賞&企業賞2件のトリプル受賞!第1回フードテックグランプリでウェルナスが快挙!(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000062426.html

 ■ナス機能性食品とは

 食品機能性に乏しいと思われていた野菜・ナスが、血圧、気分、睡眠改善作用を有する機能性野菜であることが世界で初めて明らかとなりました。これらの機能性は、ナスに他栽培野菜の約3,000倍も含まれている新規食品機能性成分「コリンエステル」の自律神経活動調節作用により引き起こされます。コリンエステルの食品機能性詳細は、(株)ウェルナスプレスリリースをご覧ください*2。機能性野菜ナス研究は、信州大学を中心とした産学官連携プロジェクトであるナス高機能化プロジェクトやNEDOベンチャー支援プログラムにおいて進められ*3、その研究成果に基づいて消費者庁に届け出られたナス由来コリンエステルを機能性関与成分とした高めの血圧(拡張期血圧)を改善するナス機能性表示食品3商品が昨年受理されました*4。(株)ウェルナスは機能性表示ナスサプリメントの届出者であり、ナス由来コリンエステルを含む非機能性表示ナスサプリメント「wellnas」を自社webショップや楽天市場で販売中です。ナスの新規食品機能性(血圧・ストレス・気分・睡眠改善)のうち、血圧、ストレス、睡眠改善作用は特許化され、気分改善作用は出願中です*5。

 *2.ナスサプリメントに続く!生鮮ナスおよびナス漬物も機能性表示食品に!(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000062426.html)、世界で初めて確認、ナスの睡眠改善効果!(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000062426.html

 *3.農研機構生研支援センター革新的技術開発・緊急展開事業(うち経営体強化プロジェクト)「新規機能性成分によるナス高付加価値化のための機能性表示食品開発」(2017年度~2019年度、代表機関:信州大学)、2018年度研究開発型べンチャー支援事業/NEDO Entrepreneurs Program(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)「新規ナス快眠サプリメント独占事業化のためのエビデンス取得と特許出願」(2018年度、代表者:(株)ウェルナス 小山正浩)

 *4.「ウェルナスサプリ」(サプリメント、届出番号:F129、届出者:(株)ウェルナス)、「高知なす」(生鮮ナス、届出番号:F311、届出者:高知県農業協同組合)、「ひとくち茄子漬」(漬物、届出番号:F312、届出者:三井食品工業(株))

 *5.睡眠を改善するための経口摂取用組成物(発明者:中村浩蔵、小山正浩、出願人:(株)ウェルナス、特許番号:WO2020175605、特開2020137462)、心理状態改善用組成物(発明者:中村浩蔵、西平順、出願人:(国)信州大学、(学)電子開発学園北海道情報大学、(株)ウェルナス、出願日:R1.11.15)、経口摂取用コリンエステル含有組成物(発明者:中村浩蔵、出願人:(国)信州大学、特許番号:WO/2018/070545)

 ■会社概要

 私たちは、食の機能を最大限に発揮する個人最適食・AI食サービスと、科学的エビデンスに基づいた効果の高い機能性食品を提供するヘルス・フードテックベンチャーです。個々人の体質やライフスタイルに寄り添った「食」を提供することで、未来の健康社会に貢献します。

 商号:株式会社ウェルナス

 代表者:代表取締役 小山 正浩

 所在地:〒105-0001 東京都港区虎ノ門 1-12-14 虎ノ門マスターズビル6階

 設立:2017年5月

 事業内容:個人化ヘルスケアサービスの開発・販売、ナス機能性食品の開発・販売、機能性表示食品届出サポート

 資本金:1,275万円

 URL:事業紹介サイト(http://wellnas.biz/)、サプリメント販売サイト(http://wellnas0523.shop24.makeshop.jp/https://www.rakuten.co.jp/wellnas/

 ■本件に関する問い合わせ先

 代表取締役 小山 正浩(こやま まさひろ)

 TEL:03-6822-3107(代表)、080-3165-7898(携帯)

 e-mail:mkoyama32@wellnas.biz

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ