バリオセキュア、テレワークのセキュリティを強化する「Vario EDRサービス 最長3ヵ月間無料キャンペーン」を開始

バリオセキュア株式会社

 「Vario EDRサービス」によりサイバー攻撃対策を支援

 バリオセキュア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:稲見 吉彦、証券コード:4494)は、テレワーク環境のセキュリティ対策強化に有効な「Vario EDRサービス」の月額料金が最長3ヵ月無料となるキャンペーンを本日より開始いたしました

 テレワークによる新しい働き方が定着してきたことから、よりセキュリティに配慮した安全なテレワーク環境が求められるようになりました。

 Vario EDRサービスは、ウィルス対策をすり抜けて侵入しようとするサイバー攻撃のインシデントを可視化し、セキュリティ事故を未然に回避する機能を提供します。AI、機械学習による高い精度の検知手法を採用し、リスクレベルの高いインシデントに対しては端末の自動隔離※やセキュリティスペシャリストによる調査を実施し、テレワーク環境のセキュリティ強化、社内IT担当者の対応負担軽減、サイバー攻撃への早期対応を全て満たすサービスを実現します。

 この度の「Vario EDRサービス 最長3ヵ月間無料キャンペーン」では、2021年3月31日までにご契約のお客様を対象に、ご利用開始月+翌月以降2ヵ月の無料期間を設け、テレワーク環境のセキュリティ対策をお得に実施することができます。

キャンペーン概要

 キャンペーン名称:

Vario EDRサービス 最長3ヵ月間無料キャンペーン

 概要:

 2021年3月31日までにご契約のお客様を対象に、ご利用開始月+翌月以降2ヵ月を無料でご利用いただけます。

https://edr.variosecure.net

 対象:

 2021年3月31日までにご契約のお客様

 備考:

 ※ 最低ご利用期間は1年間となります。

 ※ Vario EDRサービスと同時に、VarioEndPointSecurity-Fをお申込み頂いた場合、VarioEndPointSecurity-Fもキャンペーン対象となりVarioEndPointSecurity-Fの月額費用がご利用開始月+2ヶ月間無料となります。

 バリオセキュアは、Vario EDRサービスの提供により、テレワーク環境のセキュリティ強化と企業のIT部門の負荷軽減に貢献してまいります。

 ※対応するウィルス対策ソフトが必要です。Vario EDRでは、VarioEndpointSecurit-Fのご利用を推奨しています。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ