新型コロナに立ち向かう医療やエンタメ従事者を支援する「Dress farm 2020基金」1月12日より支援先の第2回目の公募を開始!

公益財団法人パブリックリソース財団

 公益財団法人パブリックリソース財団(所在地:東京都中央区、代表理事:久住 剛)は1月12日、「Dress farm 2020基金」に集まった寄付を原資として、新型コロナの治療等にあたる医療従事者の方々と、音楽ライブ業界を支える専門スタッフの方たちを支援するため、第2回目の助成対象法人・個人の公募を開始しました。

 公益財団法人パブリックリソース財団(所在地:東京都中央区、代表理事:久住 剛)は2020年5月28日、4人組バンドsumikaを発起人として、新型コロナウイルスと戦う医療機関・関係者や、活動の継続が困難な状況にあるエンタテインメント業界を支援する「Dress farm 2020」基金(読み:ドレスファームニーゼロニーゼロ)を設置し、同年12月31日まで寄付募集を行っていました。2021年1月12日より、第2回目となる助成金公募を開始しました。

 公募情報サイト:https://www.info.public.or.jp/dressfarm2020-apply

sumika

 第2回目の公募では、『新型コロナの治療等にあたる医療機関・医療従事者を支える活動を行う非営利法人』に対して100万円/法人まで2法人程度、『音楽ライブ業界を支える専門スタッフ(フリーランスの個人)』に対して20万円/人まで12人を助成対象として予定しています。

 申請期間は、2021年1月12日(火)~2021年1月26日(火)17:00までとなります。審査にあたっては、第三者である専門家・有識者が審査委員となり、助成対象となるとなる法人・個人を公平・中立かつ適正に選考します。詳細は、上記公募情報サイトよりご確認いただけます。

 本基金の第1回目の公募では、総額4,780,960円の助成金交付を行いました。『新型コロナの治療等にあたる医療機関・医療従事者を支える活動を行う非営利法人』に対して4件(合計3,200,000円)を交付しました。『音楽ライブ業界を支える専門スタッフ(フリーランスの個人)』に対して8名(合計1,580,960円)を交付しました。

Dress farm 2020について http://sumika.info/dressfarm2020/

Dress farm 2020基金 ロゴ

 新型コロナウイルス感染症の治療等にあたる医療従事者の方々を応援するために、そして今、瀕死の状況に追い込まれつつある日本のエンタテインメントを支える人たちを支援するために、4人組バンド『sumika』が発起人となって、『Dress farm 2020基金』を立ち上げました。

 「本プロジェクトの寄付額の半分を、この国の医療を支えて下さっている医療従事者の方々に。そしてもう半分を、自分達をここまで育ててくれたエンタテインメント業界の活動支援とさせて頂きます。」(sumika)

 この呼びかけに賛同した多くの方々のご寄付をもとに、第一線で新型コロナウイルス感染症の治療等にあたる医療機関・医療従事者を支える活動に、そしてエンタテインメントの中でも特に音楽ライブを支えてくださっている専門スタッフ(フリーランスの個人)の方々を対象に助成することで、一日でも早くこの危機を乗り越え、新たな活動が始められるよう、医療やエンタテインメントを守る一助になることを目指します。

公益財団法人パブリックリソース財団http://www.public.or.jp/

 2000年に非営利のシンクタンク、NPO法人パブリックリソースセンターとして発足し、NPO など非営利事業体のマネジメント強化、SRI(社会的責任投資)にかかる企業の社会性評価やCSRの推進支援、そしてオンライン寄付をはじめとする寄付推進事業などを展開。2013年1月、これらの成果と蓄積を踏まえ、「誰かの力になりたい」という人びとの志を寄付で実現するために、個人や企業の資金力を社会的事業への投資につなぐ寄付推進の専門組織「公益財団法人パブリックリソース財団」として新たにスタート。「意志ある寄付で社会を変える」ことをミッションに、テーマ基金、オリジナル基金、遺贈など様々な寄付の方法を提供し、人生を豊かにする寄付、未来を切り拓く寄付の仕組みづくりに取り組む。2020年度は新型コロナ感染症に対応するため、様々な分野や人を支援する基金を複数創設し、支援を続けている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ