ゲームで仕事を疑似体験 PDCA、目的志向、報連相等を体感していち早く戦力に-コロナ禍で大きく進化 新しい新入社員研修のカタチ

グローバルアストロラインズ株式会社

 体験型オンラインビジネスゲーム『 “新”仕事の進め方研修』4月提供開始<1月20日(水)・2月2日(火)オンライン説明会を実施>

 株式会社ノビテク(本社:東京都文京区、代表取締役:大林 伸安)とグローバルアストロラインズ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役:児玉 教仁)は、共同開発した新入社員向けオンラインビジネスゲーム研修『“新”仕事の進め方研修』を2021年4月から本格的に開始します。

リモートで難しくなった現場での新人育成

 『 “新”仕事の進め方研修』は、これまでにない体感型オンラインビジネスゲームを活用した新入社員研修です。従来、研修会場に集合して実施することが多い新入社員研修ですが、コロナ禍により昨年2020年度の新入社員研修は、急遽オンラインに置き換えて実施した企業が多くありました。しかし、準備期間があまりなく、初めてのこともあり、従来「集合型」で行っていたコンテンツをそのままオンラインに置き換えた形とならざるを得ませんでした。そのためリモート環境で受講できる安全・利便性が高い一方で、直接講師と受講する新入社員同士がやり取りできる集合型の研修に比べると、体感型の研修は難しいのではという声もありました。

 こうした状況を受け、教育研修事業を行うノビテクと、デジタル教育ソリューションの開発を行うグローバルアストロラインズは、デジタル環境の特性を十分に活用した「オンライン発」の体感型の新入社員研修を開発・販売する運びとなりました。

 これまで多くの企業では、入社時に新入社員に向けてビジネスマナーと学生から社会人への意識の切り替えのためのマインドセットに重きを置いた新入社員研修を行っていました。しかし、昨今のテレワーク導入により、現場にて育成・指導を十分に新人の状況を理解して行うことが難しくなっています。また、新型コロナウイルスの感染拡大により、組織の在り方や働き方(内部環境)の2軸における大きな変化も余儀なくされています。このタイミングで入社し現場に配属される新入社員も従来とは大きく違う環境が待っています。

オンラインだからできる思考力と判断力の強化

 そこで、『“新”仕事の進め方研修』では、新人を指導する現場の負担を軽減し、より早く新人が現場で戦力として活躍できるよう現場で活かせるスキル=「仕事の進め方」を学べる研修としています。

 仕事の進め方のスキルとは、1.PDCA、目的思考です。このスキルを演習の実施で学ぶのではなく、ビジネスゲームへ転換し、受講環境であるオンラインの特性を活かした思考力と判断力を強化させる内容となっています。会社の仕事を疑似体験できるビジネスゲーム内でのさまざまな行動や決断は、受講生たちの行動ログとしてシステム内に記録されます。講義とともに、良かった点、改善点を、自分たちの行動ログをもとに振り返ることで、より深い気づきや学びが実現します。学びのあとは再度ビジネスゲームにチャレンジ。行動を変えることで結果が良くなる改善サイクルの体感は、自律的に成長していく人材育成の土台にもなります。

コロナに負けず、新人教育止めず企業成長へ

 ノビテクが8月に2021年度の新入社員研修について企業へ行った調査では、オンラインでの実施を検討している企業が6割近くにものぼりました。さらに、2021年1月7日からの緊急事態宣言の発出に伴い、オンラインでの実施へシフトする企業が増えてくることが予想されます。

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、企業の成長に欠かすことが出来ない若手(新人)への教育を止めることは、企業の成長エンジンを止めてしまうと言っても過言ではありません。

 ノビテクとグローバルアストロラインズは、大切な第一歩を踏み出す新人に向けた『“新”仕事の進め方研修』で、企業の成長を支援してまいります。

 なお、4月からの『“新”仕事の進め方研修』開催に向けて、2021年1月20日(水)、2021年2月2日(火)に企業の教育担当者を対象にしたオンライン無料説明会を実施いたします。いずれかの日程で説明会に参加された方への特典として、後日、研修を体感していただけるセミナーへ無料でご招待いたします。

【オンライン無料説明会について】

【『 “新”仕事の進め方研修』概要】

【株式会社ノビテクについて】

【グローバルアストロラインズ株式会社について】

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ