?おうち時間の充実”が根付いた2020年読者の購買行動からみる2021年の消費の予測~『みんなの暮らし日記ONLINE』の読者は何を買った? 何に満足? コロナ禍によって変わった価値観とお金の使い方~

翔泳社

 家事、暮らしを大切に、きちんと楽しみたい人に向けたWebメディア『みんなの暮らし日記ONLINE』を運営する株式会社翔泳社(本社:東京都新宿区舟町5、社長:佐々木幹夫)は、同メディアにおける「2020年の人気記事ランキング」を発表しました。また、読者から寄せられた「コロナ禍だから買ったもの、買ってよかったもの」についての記述回答をもとに、2021年の消費を予測しました。

■継続して読まれた?フライパンで手作りカステラ”レシピ ~2020年 人気記事ランキング

 1位 手作りカステラがフライパンで簡単に!ふわふわ絶品レシピ

https://minna-no-kurashi.jp/article/detail/2895

手作りカステラがフライパンで簡単に!ふわふわ絶品レシピ

 2位 「冷凍作り置き」で朝10分の楽チン弁当

https://minna-no-kurashi.jp/article/detail/2406

 3位 スッキリ写真整理術。おすすめは無印アルバム

https://minna-no-kurashi.jp/article/detail/1197

 4位 作ってあげられるのは3年間だけだから。双子の女子高生へ作るお弁当

https://minna-no-kurashi.jp/article/detail/3590

 5位 「えのき」が主役?!  ビールもご飯もすすむ驚きレシピ8選

https://minna-no-kurashi.jp/article/detail/3448

 6位 気負わない、農家の「ぎゅうぎゅう弁当」

https://minna-no-kurashi.jp/article/detail/2685

 7位 「納豆マニア」が全力でおすすめする、ベスト納豆7選

https://minna-no-kurashi.jp/article/detail/2534

 8位 おこもり時間をホットケーキミックスで楽しい時間に!

https://minna-no-kurashi.jp/article/detail/2808

 9位 あつあつジューシー! 箸が止まらない鶏もも肉レシピ10選

https://minna-no-kurashi.jp/article/detail/3080

 10位【タサン志麻さん】ラクしたいときこそ! フレンチな食卓のススメ

https://minna-no-kurashi.jp/article/detail/3649

 5月に公開した、人気インスタグラマーみきさん(@mikishi7283)による「手作りカステラがフライパンで簡単に!ふわふわ絶品レシピ」が下半期もよく読まれ、1位となりました。4月公開のホットケーキミックスの記事も8位に入り、年間を通して、外出を控えて自分たちなりに「おうち時間」を楽しもうとする様子が見受けられました。

 お弁当は通年で支持されているコンテンツですが、4位にはリレー連載「あの人のおべんと日記」から、娘さんたちへの思いをつづったともさん(@to_mo_sep)の心温まる記事が入りました。また、11月に登場いただいた?伝説の家政婦”タサン志麻さんの記事は注目度が高く、テレビや書籍などを通した根強い人気がうかがえました。

■「平凡な日常の中に喜びを見つけたい」という意識の高まり

~『みんなの暮らし日記ONLINE』編集長 本田 麻湖より

 2020年は、「おうち時間」をいかに充実させるかということに注目が集まった1年でした。外食や旅行が制限される中、お菓子やパンの手作り、免疫力アップや健康を重視したレシピなど、家での「食」に関連した記事がよく読まれました。コロナ禍によって生活者ひとりひとりがこれまでとは違う行動を求められ、働き方も変化する中、改めて、自分自身と家族のこと、価値観について考えたという人も多かったようです。

 2021年以降も、ミニマルで身の丈に合った暮らしを目指し、平凡な日常の中に小さな喜びや楽しみを見出していこうという流れが続いていくことと思います。

 ■媒体資料(2020年10~12月):以下よりダウンロードしていただけます。

https://www.shoeisha.co.jp/static/adinfo/pdf/minna2010-12.pdf

■読者は何を買った? 何に満足? 「コロナ禍だから買ったもの、買ってよかったもの」

 編集部では2020年11月、「コロナ禍だから買ったもの、買ってよかったもの」についてのご意見を読者から募りました。その中からカテゴリごとに、編集部が注目した「来年も定着しそうな消費行動の兆し」と、「そのインサイト」を解説しました(ご意見は、漢字の統一および誤字脱字以外は編集しておりません)。

1.「衣類・ファッションや身の回り品のお買い物」編

 パジャマ。居心地のいい睡眠と寝起きを迎えたくてちゃんと着るようにしました。onとoffのスイッチが切り替えやすくなった気がします。

 パジャマ。家での生活の質を高めたくて、以前にパジャマで寝るとよいと聞いたのを思い出し試しました。からだの締め付けがなく快適です。

 スキンケア用品。家にこもる時間が増え、メイクするタイミングが少なくなり、お手入れに時間をかけられるようになった。外出費を抑えてその分スキンケアに回している部分もあるため、以前より良いものが購入でき、満足している。

 スキンケア製品。マスク生活への備えと自分時間(自分自身)を大切にするために買った。癒し度が違うし肌がキレイになると気持ちがいい。

 フェイスマスク。おうち時間を充実させるため。最近まで家族のために時間を割いてきたほうが多く自分メンテナンスを疎かにしていたので…ほんの少しの時間でも癒されています。

2.「食関係のお買い物」編

 産直の野菜や魚、肉。生産者を直に応援できることと、外食ができない分、おいしいものを頂きたいと思ってるのでその両方を楽しんでます。

 コロナで打撃を受けた生産者支援の食品。生産者さんの力になりたくてよく購入してます。特においしかったのは、静岡の緑茶(業務用水出しティーバッグ)。たっぷり入ってリーズナブル! 意識的に水分補給できました。

 地元の飲食店のデリバリーを頼んで、お店を応援するとともに、おいしさも味わえた。

 外に飲みに行くことがなくなり、居酒屋気分を味わうため、お刺身盛り合わせを高頻度で買うようになりました。大好きなビールも少しリッチなクラフトビールを買っています。グランドキリンはスーパーで手軽に購入でき、フルーティでワイン感覚で飲めるのが好きです。

 キンミヤ焼酎の大きい紙パック。レモンも買いためて生レモンサワーをよく飲むようになりました。お店よりもコスパも味も満足できることに気づきました。

 寮生活をしている息子が在宅になり、夫婦ふたりだとなかなか飲まなかったが、ウィスキーやビールなどいろいろ買って来てくれて一緒に飲む機会が増えました。それに伴い私の体重も増加してしまいましたが、オトナになった息子と宅飲みできるのはなんとも幸せでした。

3.「住まい関係のお買い物」

 パソコンとケータイを新調し、オンラインで情報や活動を知る機会が増えた。またインスタグラムに登録しフォトジェニックな料理の数々を見て、積極的にオーブンを使ったお菓子作りをするようになった。

 iPad。雑誌購読や映像サービスも見やすくなった。

 アウトドア用の折り畳みイスを家族分買いました。ベランダで日光浴や食事をしてました。ちょっと外の空気に触れると心が安らぎますね。また、それを室内でも使ってます。リビングで家族が、ソファーだけでなく、好きなところで読書したり、テレビを見たりして、同じ空間にいるけど向き合わないから楽に過ごせます。あと、ハンモックも癒されますね。おすすめ!

 小さい子がいるのでおうちでもピクニックを楽しめるようにレジャーシート、アウトドア用のチェアを購入しました。お昼ごはんやおやつをベランダで食べるのを楽しみにしてくれています。

 田舎へ帰省できなかったので、子供達の夏休みのイベントの代替として県内でのキャンプを始めました。今までインドア派だった家族ですが、自然に触れて、家族そろっておいしいものを食べられる特別な時間をとても楽しんでいます。

 家。これからのことを考えた結果、移住を決意したから。

 4.「癒しや楽しみのためのお買い物」編

 漫画 SLAM DUNK全巻。学校に行けない子どもに脳内青春をと。大人がハマって泣いた。いい気分転換になった。

 在宅で外出が少なくなり、からだについて見直すきっかけとして養生を学ぶことに。養生をテーマにした料理教室に通ったり、そのための書籍を購入し、からだ作りは食事からだなと改めて感じた。

 アロマ系のちょっと高級なバスソルト:普段の生活で汗をかかなくなり、モヤモヤするようになったので、お風呂時間で解消。香りもよく、肌もスベスベでお気に入りです。

 家にいる時間が長くなり切り花を買う習慣ができた。姿だけでなく香りも楽しめてとてもいい。下手なインテリアよりずっと部屋に雰囲気が出る。

 宝塚歌劇団のファンなので、それ関係のグッズなど(劇団に貢献という意味でも)

■キーワードは「自分への意識の高まり」「新しい投資先の登場」

 ~価値観の変化から読み解く、2021年のインサイトと消費の予測

 コロナ禍によって「変わった」と思う意識や価値観について、今後の消費行動に影響を与えそうなご意見をご紹介します。

 一緒にいられることが奇跡のようで、人はいつ別れが来るか分からないので後悔ないように生きる。時間を大事にして生活をていねいに。食べ物に気をつけて、なるべく心身ともに健康でいられるよう気をつけている。

 当たり前のものは当たり前ではない恐怖(特に買い物、外出)。自分で自分の行動や信念を決めるのだと、自分に責任を持つ=自分と向き合う時間が増えた。これらの感情が今までなかった。本当に必要な関係性を見つめ直すきっかけになった。

 日々の家事を丁寧にすることで、家で過ごす時間がとても心地よくなりました。最近よく聞く言葉ですが、”自分の機嫌は自分でとる”ことも、すごく大事……と感じています。

 世間や周りにふりまわされず、自分が快適なのものは何かとか、自分はどうしたいかとか、正直な自分の気持ちに向き合うようになった点が変わりました。

 自分が本当に良いと思えるもの、ことにお金を使う。

 お金の使い方が大きく変わりました。これまではコスパ重視で買い物していましたが、今は「応援したい」を軸にどの店で買うか? どのメーカーを選ぶか? が買い物の決め手になっています。

 年に一度の海外旅行を楽しみに仕事もしていました。その海外旅行が行けなくなった今、他に楽しみを見つけられず仕事へのモチベーションが上がりません。いつどんな事があっても良いと思えるような暮らしをしたいと思いました。暮らしを愉しむことをしています。

 強制的に子どもと向き合う時間が増えたので、子どもの日々の学習や学びに自分の時間を以前よりも投資するようになった。

 ※実際の回答のご提供が可能です。以下お問い合わせ先からご連絡ください。

【『みんなの暮らし日記ONLINE』について】

 累計発行部数50万部の書籍シリーズ『みんなの日記』(『みんなの朝ごはん日記』『みんなの持たない暮らし日記』など)を母体に、2017年にオンラインメディアとしてオープン。約50人の「公式アンバサダー」をはじめとする、ブロガーやインスタグラマーなどの書き手によるコラムや、編集部オリジナル記事を通して、日々の暮らしを大事にしている人をささやかに応援するコンテンツを提供しています。

https://minna-no-kurashi.jp/

■書籍シリーズも好評発売中

https://www.seshop.com/campaign/minnano

【会社概要】

 会社名:株式会社翔泳社

 本 社:〒160-0006 東京都新宿区舟町5

 代表者:代表取締役社長 佐々木 幹夫

 事業内容:コンピュータ・資格・実用・ビジネス関連の書籍・雑誌・電子書籍の編集出版、Webマガジン・ECサイトの企画・開発・運営、イベント・セミナー等の企画・運営

 URL:http://www.shoeisha.co.jp/

 問い合わせ先:http://www.shoeisha.co.jp/contact/

 運営するWebメディア:MarkeZine(マーケジン)、ECzine(イーシージン)ほか11媒体

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ