地方創生SDGs国際フォーラム2021で熊本県豪雨被害におけるUPWARDの被災地復興支援が優良事例に選定

UPWARD株式会社

 ~ 令和2年7月豪雨における災害調査業務をクラウドで効率化 ~

 本日開催の内閣府主催地方創生SDGs国際フォーラム2021にて、 UPWARD株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長 CEO:金木 竜介、URL: https://upward.jp)の令和2年7月熊本県豪雨被害での被災地復興支援(災害調査支援)が、地域課題を解決する優良事例に選定されました。 https://future-city.go.jp/platform/download/data/case2020/053.pdf なお、優良事例として選出された事例は、地方創生SDGs官民連携プラットフォームに掲載された全96事例(https://future-city.go.jp/platform/case/)のうち5事例となっております。

 日本は世界有数の災害大国であり、災害に対するレジリエンスの向上は重要な社会課題の一つです。

 被災地での災害調査は様々な困難が伴いますが、UPWARDの位置情報技術を活用することで災害調査を効率的に行うことが可能です。UPWARDは引き続き自治体と連携し、日本のレジリエンスの向上に貢献して参ります。

地方創生SDGs国際フォーラム2021優良事例公表にかかるコメント ー UPWARD株式会社 CoE 剣持卓弥

 この度は弊社事例を選定いただき、感謝申し上げます。私たちは普段、”営業活動のパートナー”として、フィールドワーカー、エッセンシャルワーカーの方向けに位置情報をCRM(顧客管理システム)に連携させるサービスを開発・販売しております。

 今回ご紹介した災害時の現地調査業務の事例をはじめ、コロナ禍においても訪問が欠かせない業務は多数存在します。UPWARDは、今後もこのような訪問業務へのご支援を通し、社会課題の解決に貢献できるよう、企業として、サービスとして成長していければと考えております。

 (*)プレスリリース「位置情報×モバイルCRM「UPWARD」の無償提供により、令和2年7月豪雨において罹災証明書のスピード交付を実現」

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000015260.html

地方創生SDGs 国際フォーラム2021とは

 「地方創生SDGs国際フォーラム2021」では、地方創生SDGsの深化に向け、国内外都市におけるSDGsへの取組並びに地域活性化に関する取組の先進事例の共有、及び地域企業の技術やノウハウを活用した海外における地域課題の解決やSDGs達成に向け展開するビジネスモデルを共有します。その上で、本フォーラムを契機とし、持続可能な発展に向けた取組の加速化及び国内外の地域経済の活性化に向けた取組の裾野が広がることを目指します。

 (引用:内閣府 地方創生SDGs 国際フォーラム2021サイト) https://web.apollon.nta.co.jp/chihososei_sdgs/

「UPWARD」について

 「UPWARD」は、“営業活動のパートナー”として、モバイルワーカーの営業活動を支援している次世代型モバイルCRMです。2021年1月14日現在、大手上場企業を中心に約300社に導入いただいており、営業活動で把握した情報を現場でカンタンに蓄積するための入力インターフェースを提供しています。位置情報を活用し、入力した情報を顧客情報とあわせて地図上に自動で配置することで、優先的かつ素早い営業計画の策定などを支援します。

 UPWARDについて、詳しくはこちらをご覧ください。

https://upward.jp/

会社概要

 社 名 : UPWARD株式会社

 所在地 : 東京都中央区日本橋小網町11-9 ザ・パークレックス小網町第2ビル 3F

 代表者 : 代表取締役社長 CEO 金木 竜介

 設 立 : 2002年3月

 資本金 : 1億円

 事業内容: モバイルワーカー向けCRMサービス「UPWARD(アップワード)」「UPWARD AGENT(アップワード エージェント)」「UPWARD BOARD(アップワード ボード)」の開発、提供

 URL  : https://upward.jp/

 ※本文中に記載されている会社名は、各社の登録商標または商標です。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ