縫製工場の課題を解決するための「JUKI無料ウェビナー」を開催

JUKI株式会社

 JUKI株式会社(本社:東京都多摩市、社長:清原晃、以下「JUKI」)は、Withコロナ、Afterコロナ時代の縫製工場のニーズとして注目されているデジタル化、自動化、ネットワーク化を駆使して、縫製工程の課題を解決する無料のウェビナーを開催します。

 世界のアパレル産業を高速ミシンや自動化装置、システムで支えているJUKIが、縫製の現場で課題となっている「不良率の低減」「生産性のさらなる向上」「省人化」「脱技能」などに対して、具体的な事例を交えて、縫製工場の課題を解決するためのソリューションをご紹介します。

■ウェビナーの内容

11月24日(火)

11:00~11:45 (セミナー言語:中国語)

「不可能」が「可能」に変わる!~デジタル化で下着縫製の課題を解決~

 JUKIが提案するデジタル化により、下着縫製工場における、諦めざるを得なかった縫い品質の改善・解決や、ダウンタイムを低減するための方策を事例と共にご紹介します。

<お勧め対象者>

 ・現状の縫い品質に満足せず、さらなる品質向上を目指したい

 ・保全担当者のミシン調整の負担を減らしたい

13:00~13:45 (セミナー言語:日本語)

 不織布製品生産自動化

 最新鋭の防護服生産ラインをご紹介します。レーザー裁断機、超音波溶着機、折りたたみ機、封入機など、省人化・自動化を図ったライン構築が可能です。多岐にわたる機種構成に対するJUKIのサポート体制も含めてご紹介します。

<お勧め対象者>

 ・防護服生産設備導入支援補助事業 事業者

 ・防護服生産を行っており、設備増強を図りたい

15:00~15:45 (セミナー言語:英語)

 「不可能」が「可能」に変わる!~デジタル化で下着縫製の課題を解決~

 *1.の英語版で、同じ内容です。

17:45~18:30 (セミナー言語:英語)

 縫製効率の進化の先へ 「下糸自動供給技術による生産効率化とスクラップ削減」

 ミシンにはつきものの自動化を阻止する作業の解消方法をご紹介します。素材の供給、搬出の自動化、そして下糸供給の完全自動化ができます。具体的な事例をもとに、生産性を高めるだけでなく、空縫いによる失敗の防止、下糸の無駄の削減、さらにはオペレーターの負担軽減を実現する方法をご紹介します。

<お勧め対象者>

 ・AMS(電子サイクルマシン)の頻繁な下糸交換の手間を省き、生産性やオペレータの疲労を軽減したい

 ・生産ライン自動化を目指し、脱技能化や省力化を進め、不良率を下げたい

 ・環境配慮、生産性向上、コスト削減を図りたい

 ・下糸管理からの解放

11月25日(水)

 11:00~11:45 (セミナー言語:中国語)

「バッグパック生産効率化」 脱技能と生産現場の見える化

 バッグパックの大小を問わず、かつ厚み変化にも対応できる自動機をご紹介します。

 どんなブランドにも対応した、ミシンの稼働状況を見える化する管理システムもあわせてご紹介します。

<お勧め対象者>

 ・設備投資を抑えつつ、品質と生産性の両立を図りたい

 ・オペレーターの育成に時間がかかり品質の安定に苦労している

13:00~13:45 (セミナー言語:英語)

 縫製工場DX(デジタルトランスフォーメーション)

 縫製工場で使われるミシンの管理や、設備稼働率の向上、人材育成などを通じて、生産性を高める方法をご紹介します。また、スマホやタブレットを使った点検作業や、Webを使ったe-ラーニングによる人材活性化についてもご紹介します。

<お勧め対象者>

 ・オペレーターでもできる標準化された日常点検を工場に浸透させたい

 ・いきなりの故障によるラインストップを防ぎたい

 ・設備稼働率を高めたい

 ・新人オペレーター教育に工数がかかり困っている

15:00~15:45 (セミナー言語:英語)

 「生地風合いを大切にした切断品質」 、PS-800による新しい切断装置の提案

 レーザーではないのに布を滑らかに切断できる、両刃回転メス付きのパタンシーマ(PS-800)をご紹介します。

<お勧め対象者>

 ・生地カットにレーザーを使いたいが、布は焦がしたくない

 ・ダクトなどの周辺環境の整備への投資を抑えたい

 ・従来のカッター・メス装置には満足していない

 ・レーザーカッターを既に導入しているが、出来上がり品質が不満

■申し込み方法

 以下に必要事項をご入力の上、お申し込みください。

 URL  https://www.juki.co.jp/seminar-entryform/

■視聴用URL

 お申し込みをいただいたメールアドレスに、視聴用のURLをご連絡させていただきます。

■ウェビナーに関するお問い合わせ先

 JUKI株式会社 縫製機器&システムユニット ウェビナー事務局

 電話 042-357-2355

 E-Mail:aa.ismweb.seminar.1@ml.juki.com

 ウェビナー開催とあわせて、JUKIホームページの特設サイトにて、「JUKI Web Expo」を開催しています。

 「Withコロナ」「Afterコロナ」時代を見据え、スマートファクトリーの実現に向けた新たな展示会として、「JUKI Smart solutions」をご紹介しています。ぜひご来場をお願いいたします。

https://www.juki.co.jp/web-expo/

 【メニュー】

 ・TOPよりのメッセージ(公開中)

 ・SMT & 製造工場のスマート化(公開中)

 ・縫製工場のスマート化(公開中)

 ・ものづくり工場のスマート化(近日公開)

 ・労働安全衛生製品~Save the factory and operators~ (近日公開)

 ■JUKI株式会社について

 世界のアパレル産業を支える工業用ミシンの分野において、世界トップのミシン総合メーカーです。1938年の会社設立以来、本社のある日本を中心に、世界100ヵ所以上に拠点を構え、製品をお使いいただいている185カ国以上のお客様をサポートしています。このほかに家庭用ミシンや、あらゆる製品に使われている「プリント基板」を製造するための産業用ロボットの開発・製造・販売を行っています。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ