フィットネス・整体向けAIサービス『Sportip Pro』の姿勢分析機能がアップデート

株式会社Sportip

 【2週間無料キャンペーン】より高精度な姿勢解析を可能に

 株式会社Sportip(本社:東京都港区、代表取締役CEO:高久 侑也、以下Sportip)が提供しているアプリ「Sportip Pro(スポーティップ プロ)」の姿勢分析機能で4方向からの撮影ができるようになり、背面から身体のゆがみを分析することが可能になります。

■4方向からの撮影

 従来、正面と左側面からの撮影により結果を表示していましたが、背面と右側面からの撮影も可能になりました。

■背骨のアーチの推定

 重心線からの脊椎のずれがわかります。

 脊椎がずれてしまうと身体機能の低下や疼痛の発生、筋力のインバランスが生じてしまう恐れがあるので、脊椎の状態を評価する必要があります。

■骨盤の傾きの推定

 上前腸骨棘(ASIS)と上後腸骨棘(PSIS)とのなす角度から骨盤の前傾・後傾を評価することができます。

 姿勢のタイプや腰痛のリスクを判断するために必要になります。

 ※画像はイメージになります。変更の可能性がございます。

 【提供サービスの概要】

 ●提供サービス:「Sportip Pro」の機能

 <アプリ紹介ページ>

 整体師の方はこちら:https://sportip-pro-therapist.studio.site/

 トレーナー・フィットネスクラブの方はこちら:https://sportip-pro.studio.site/

 ●提供対象:整体・接骨院あるいは全国の中小フィットネスクラブ・個人のパーソナルトレーナー・スポーツチーム・学校機関・理学療法士・整形外科クリニックなど

 ●無償利用期間:利用より2週間

 ●お申し込み方法:こちらのURLよりお申し込みください。

 URL:https://forms.gle/hXhWHhXBAtDKrvBSA

 ●ご利用方法:お申し込み後、利用に必要な情報をメールにてお送りします。

 【会社概要】

 社名:株式会社Sportip (筑波大学発ベンチャー)

 本店:東京都港区南青山二丁目2-15 ウィン青山942

 本社:東京都文京区本郷二丁目39-6 大同ビル6階

 ホームページ:https://www.sportip.jp/

 代表:代表取締役 CEO 高久 侑也

 設立:2018年9月25日

 資本金:1700万

 事業内容:

 ■アプリケーション開発

 ■動作解析システムの開発

 ■メディアの運営:https://traininglab.sportip.jp/

 受賞・採択歴:

 - IAPS-TTA Soft landing Subsidy Program(台湾) へ採択

 - 筑波大学産学連携推進プロジェクトへ採択

 - InsTechオープンイノベーションビジネスコンテスト2019 最優秀賞

 - GESA(The Global EdTech Startups Awards) 日本予選2019 最優秀賞

 - Plug and Play Japan アクセラレータープログラム Summer/Fall 2020 Batch 採択

 - IVS(Infinity Ventures Summit)2020 ONLINE LaunchPad 登壇

 - Industry Co-Creation (ICC) サミットFUKUOKA 2020 登壇

 - Incubate Camp 13th 総合第4位

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ