クラブハウス・スタジアムなどにおける感染予防のための調査について

株式会社モンテディオ山形

 モンテディオ山形は、公益社団法人 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)、ならびに国立研究開発法人産業技術総合研究所(以下、産総研)などと連携し、クラブハウスやスタジアムにおける、感染予防のための調査を行います。

 本調査では、クラブ内におけるスタッフ・選手の活動場所に、二酸化炭素計測器、センサーを設置して二酸化炭素濃度の変化や人々の行動を調べるとともに、クラブが各場所に出入りした人数、時間を記録することで、クラブ内の活動と密接、密集、密閉との関係を分析します。また得られた知見から、クラブハウス等において、どのような活動が密接、密集、密閉になりやすいのかについての確認を行います。

 調査概要/選手・スタッフが立ち入る場所に、二酸化炭素計測器やセンサーを設置し連続測定を行う。

 クラブは当該場所の行動記録表(入室人数・時間)を記入する。

 調査日程/2020年11月21日(土)開始予定

 調査場所/練習場・クラブハウス・スタジアムの選手・スタッフが利用する場所

 (ミーティングルーム、更衣室、トレーニングルーム、スタッフルーム等)

 設置機器/

 <CO2計測>

 ・手のひらサイズのレコーダー・モニターを室内に10か所設置

 <センサー>

 ・リアルタイムに人の位置だけ測定し、3次元的な頭の軌跡を記録するセンサーを1-2か所設置

 ※国立研究開発法人産業技術総合研究所の調査内容の詳細は下記URLをご覧ください。

https://www.aist.go.jp/aist_j/news/announce/au20201120.html

 以 上

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ