学生のアイディアやコンセプトに翼をさずけるRed Bull Basement審査員&メンター発表

レッドブル・ジャパン株式会社

 キックオフイベントを9月27日(日)・10月4日(日)に開催

 レッドブルは、大学生がキャンパス内外の生活をより良くする革新的なアイディアの実現と次世代のイノベーター育成を目指すプログラム「Red Bull Basement(レッドブル・ベースメント)」の参加者を現在募集中です。(応募締め切り10月25日[日])日本代表を決める審査員は、(株)マクアケの北原成憲氏、(株)トーチリレーの神保拓也氏、そしてForbes JAPANの谷本有香氏が務めます。また、グローバルパートナーとしてNTT Ltd.が各国で審査を行います。今年度日本代表に選ばれたチームは、編集部が取材をし、『Forbes JAPAN』本誌へ掲載されます。

 またRed Bull Basementをより知って頂く為のキックオフイベントを9月27日(日)、10月4日(日)に行います。北原氏と神保氏に加えLINE(株)、住友重機械工業(株)、楽天(株)、(株)bitFlyer Blockchain各社より、登壇者が参加してレクチャーを行います。このキックオフイベントへの参加者を10月3日(土)まで募集します。参加ご希望の方は、https://basement.redbull.com/ja-jp/eventsよりご登録ください。両日ともに先着500名様までご参加いただけます。

 ■Red Bull Basementとは

 将来のイノベーターを育成し、世の中を前進させる事を目的としたプロジェクト。学生のテクノロジーを軸としたアイデアを実現し、学生と世の中にポジティブなインパクトを残すグローバルプラットフォームです。2018年開始から年々規模を拡大し、昨年は24か国から1500以上の応募があり、グローバルウィナーに選ばれた学生のアイデアは企業サポートのもと、実現化が進んでいます。参加者にはアイデアを1分以内の動画にしてエントリーして頂きます。一般投票と審査員による選考で各国の代表チームが選ばれ、12月開催予定のグローバルワークショップに招待されます。レクチャー、ワークショップ、そしてメンターによるセッションで構成された3日間の最終選考でグローバルウィナーが決まります。

【Red Bull Basementキックオフイベント実施概要】

 内容:

 インスピレーションや起業家精神などをテーマとしたレクチャー

 日時と登壇者:

 9月27日(日)18:00~19:30

 LINE(株)

 住友重機械工業(株)

 (株)マクアケ 北原成憲氏

 (株)トーチリレー 神保拓也氏

 NOROSHI(2019年度日本代表)

 10月4日(日)18:00~19:30

 楽天(株)

 (株)bitFlyer Blockchain

 (株)マクアケ 北原成憲氏

 (株)トーチリレー 神保拓也氏

 NOROSHI(2019年度日本代表)

 応募資格:

 日本の大学に通う学生(18歳以上)

 応募期間:

 10月3日(土)23:59締め切り

 応募方法:

https://basement.redbull.com/ja-jp/eventsより必要事項を登録

 定員:

 各回、先着500名

 特典:

 日本代表に選ばれたチームは編集部が取材をし、『Forbes JAPAN』本誌へ掲載されます。

 またLinkedIn(リンクトイン)とのパートナーシップで、Red Bull Basementに参加した学生は上記企業をはじめとする日本を代表する企業が参加する特別なコミュニティでのマッチングも予定しています。

 備考:

 Red Bull Basementの詳細は下記よりご覧ください。

 開催告知リリース https://bit.ly/RBBU20-A

 ホームページ https://basement.redbull.com/ja-jp/

【審査員&メンター紹介】

 ■株式会社マクアケ 北原成憲

 過去2年間Red Bull Basementのメンターとして学生を

 育てたスペシャリスト。数多くのプロジェクトを牽引して

 きた経験から、日本代表を「育成」する技術メンターとして

 学生を世界へと導く。また審査員として日本代表を選抜する。

 ■株式会社トーチリレー 神保拓也

 元ユニクロ上席執行役員・社長直轄プロジェクト担当として、

 数々の新規事業を立ち上げ、組織変革・経営者育成を行い、

 現在は「心に火をつける“トーチング”」を展開している。

 神保氏の独占インタビュー記事はこちらで公開!

https://www.redbull.com/jp-ja/red-bull-basement-takuya-jinbo

 ■Forbes JAPAN 谷本 有香

 世界中の数多の経営者/起業家を取材してきたForbes JAPAN

 Web編集部 編集長。今回は、審査員として日本代表を選抜。

 また、Red Bull Basementの「イノベーターの育成」に賛同し、

 日本グランプリへは、本誌編集部が取材し、『Forbes JAPAN』

 本誌へ掲載されます。

 2019年12月にトロントで開催したグローバルワークショップでのレクチャーの様子

 (C)Ryan Bolton / Red Bull Content Bull

【参考情報】

 ■グローバルパートナー:NTT Ltd.

 NTT Ltd. は、 NTTコミュニケーションズの海外事業部、Dimension Data、NTT Securityなど28社を結集した世界的なテクノロジーサービス企業です。Red Bull Basementでは、参加者へインテリジェントワークプレイステクノロジーソリューションやメンターシップなど、テクノロジーサービスを提供することで共同イノベーションを実現いたします。

 ■LinkedIn(リンクトイン)

 リンクトインは、世界最大のビジネス特化型ソーシャルネットワークサービスです。現在、7億超えのユーザーを持ち、200を超える国と地域で、24カ国語でサービスを展開しています。世界の労働力を構成する全ユーザーに対し、より良い経済的チャンスを作り出すことをビジョンとし、人々と企業の生産性と成功の可能性を向上させると共に、企業の人材採用、マーケティング、販売活動を変革しています。また、外部調査による、最も信頼を受けているソーシャルプラットフォームに、3年連続で選ばれています。

 ■2019年度グローバルウィナー

 「Audvice」…音声を使用した学生E-LEARNINGツール。大学生がオーディオ学習コンテンツの作成・シェア・リスニングを同アプリケーション内で行えるユニークなソリューションを開発しました。現在はCiscoとRed Bullから支援を受けながら最初のグローバルパイロットバージョンの開発を進めています。(オーストリア代表チーム)

 プレゼンテーション動画はこちらhttps://youtu.be/kNDCT37-6H8

 ■2019年度日本代表

 「NOROSHI」…ビーコンを使った情報発信プラットフォーム(アプリ)。校舎や教室、図書館、学食やカフェテリア、サークルや学生団体の拠点など、場所ごとにビーコンを設置し、専用アプリでそれぞれの学生が欲しい情報を欲しいときに発信&専用アプリで受信することができます。休校や日程変更などの情報の見落としを回避し、シンプルでストレスのない学生生活の実現を目指します。

 プレゼンテーション動画はこちらhttps://youtu.be/oSKD2NU6hCo

 ■2018年の参加者情報

 ファイナリスト16案は下記より

https://www.redbull.com/jp-ja/redbull-basement-university-campus

 2018年度のグローバルウィナーの情報は下記よりご覧頂けます

https://www.redbull.com/jp-ja/basement-university-global-final-winners

 グローバルワークショップでレクチャーを行う登山家のWill Gaddさん(C)Ryan Bolton / Red Bull Content Bull

 レクチャーを楽しむ参加者(C)Maggie Stephenson / Red Bull Content Pool

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ