【新刊案内】まちを変えたい方必見!『シティプロモーション2.0』発売(7月31日)!!

第一法規株式会社

 まちづくりに関わる方全員に読んでほしい!新しいシティプロモーションがわかる本

 法律関連出版物、各種データベースを提供する第一法規株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:田中 英弥)が、『「関係人口」創出で地域経済をうるおすシティプロモーション2.0-まちづくり参画への「意欲」を高めるためには-』を7月31日に発刊します。商品紹介ページはこちらhttps://www.daiichihoki.co.jp/store/products/detail/103928.html

【本書の概要】

 シティプロモーションの新しい切り口として、「関係人口」の創出をメインに考え、進化した自治体のシティプロモーションの手法を解説。漫画ページもあり、サクサク読みすすめることができる内容です。

 従来のシティプロモーションは、定住人口の増加を主目的としていたが、「シティプロモーション2.0」は、このまちに貢献したいという人々の「意欲」を高め、「関係人口」を創出・拡大することを主目的・特徴としている。

 漫画の解説があるからサクサク読める!

 関係人口は、現在どのくらいいるのかという具体的な結果については、その多様性と概念の幅広さから統計的な把握が難しく実数を測りづらい。

 しかし、本書では「人々の地域参画への意欲」の効果測定の方法についての解説を掲載し、シティプロモーションの成果について、根拠に基づく説明ができるよう、工夫されている。

【目次(抜粋)】

 第1章 「関係人口」という考え方

 ◆ 定住人口偏重の罪

 ◆ 関係人口の「ゆるさ」が地方創生を可能にする

 ◆ 関係人口スーパーマン

 ◆ ゆるすぎる「関係人口」は説明が不可能

 第2章「関係人口」ネクストステージという提起

 ◆「関係人口」のゆるさをどう進化させるか

 ◆ 関係人口を定量化するmGAP

 ◆ 関係人口を定量化することで「打ち手」が見える -その1-

 第3章 ライフスタイル・ステイスタイルとしての地域ブランドの創造

 ◆ その地域に住む決め手、訪れる決め手は何か

 ◆ 定住人口はそれだけで資源なのか

 ◆ 関係人口をつくる「地域魅力創造サイクル」

 ◆ 知の資源の持ち寄りと「みんなでお出かけ」

 第4章「意欲」は「状況」を生みだせるのか

 ◆ 地域に「稼ぐ力」を生みだす関係意欲の向上

 ◆ 地域関係意欲と主権者意識

 ◆ 協働による福祉を実現するために

 第5章 シティプロモーション2.0

 ◆ シティプロモーションの3つの視点

 ・シティプロモーション2.0における3つの視点

 ◆ シティプロモーションの3つの違い

 ・基礎概念

 ・主な手法

 ・地域連携

 第6章 地域ブランドのアウトプットを利用したメディア活用戦略モデル

 ◆ 関係人口を獲得するメディア活用戦略モデル

 ◆ 地域ブランドのアウトプットをメディアとして機能させる

【商品概要】

 商品名:「関係人口」創出で地域経済をうるおすシティプロモーション2.0 -まちづくり参画への「意欲」を高めるためには-

 著者:河井 孝仁

 価格:2,100円+税

 本体仕様: B6判・256頁

 発売日:2020年7月31日(金)

商品紹介ページはこちら

https://www.daiichihoki.co.jp/store/products/detail/103928.html

発売元:第一法規株式会社

https://www.daiichihoki.co.jp/

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ