開発部署をクラウドで持てる!スタートアップ企業におすすめの「CGクラウド開発部署サービス」を7月31日に開始します。

カスタマーグロース合同会社

 カスタマーグロース株式会社は開発部署をクラウドで持てる「CGクラウド開発部署サービス」を7月31日に開始します。低コストで開発部署を持つことができ、特に以下のような悩みを持ったスタートアップ企業に特におすすめです。・開発を外注しようにも、どの会社を選んでいいかわからない。・新規にWebサービスをはじめたいが、サービスを継続できるかわからないのに、正社員を雇うのは不安・クラウドソーシングを利用してアプリケーション開発を依頼したが、開発者が途中でいなくなってしまった

 カスタマーグロース合同会社は7月31日「CGクラウド開発部署サービス」を開始しました。

 低コストで開発部署を持つことができ、特に以下のような悩みを持ったスタートアップ企業に特におすすめです。

 ・開発を外注しようにも、どの会社を選んでいいかわからない。

 ・新規にWebサービスをはじめたいが、サービスを継続できるかわからないのに、正社員を雇うのは不安

 ・クラウドソーシングを利用してアプリケーション開発を依頼したが、開発者が途中でいなくなってしまった

 ■サービス立ち上げの背景

 スタートアップで一番のリスクとなるのは「システム開発に失敗すること」で、

 特に立ち上げ期のスタートアップ企業では、事業の管理からシステム開発まで一貫してCEOが行うことが多いです。

 その場合、以下のような問題が生じます。

 ・雇用するエンジニアの能力がわからない。

 ・正社員をはじめから雇うと、固定費となりリスクが非常に高い

 ・ビジネスと開発は言語が異なり、意思疎通が難しい。

 上記のような問題を解決するために、「CGクラウド開発部署サービス」を立ち上げました。

 ■CGクラウド開発部署サービスの強み

 ・プログラミング経験豊富なプロマネが開発管理をすることにより、ローコストかつシステム開発に失敗するリスクを減少させます。

 ・受託開発などと違い、システムやスケジュールのハンドルを握ることができます。MVPを回した結果、「システムを利用しなくなった」や「全く違うシステムが必要になった」など、スタートアップではよくあるかと思いますが、ビジネスの変更に対してシステムを変更、破棄することに対して、正社員雇用のエンジニアでは、

 抵抗やモチベーションの低下などの問題があります。

 「CGクラウド開発部署サービス」ではそのような社内マネジメントにコストを掛けずして、ビジネスのハンドルのみを考えて、事業に合わせたシステム開発を推進できます。

 サービス提供ページ:https://customergrowth.co.jp/cloud/index.html

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ