番組出演本数 上半期最多出演は博多大吉さん!ブレイクは3時のヒロイン!

ニホンモニター株式会社

 ~ ニホンモニター 2020上半期タレント番組出演本数ランキング~

 メディアの調査・分析を行うニホンモニター株式会社(本社:東京都港区浜松町、代表取締役社長:韮澤美樹)は、2020年1月~6月のテレビ番組出演者データを基にした『2020上半期タレント番組出演本数ランキング』をまとめました。調査結果は弊社WEBサイトでも公開しています。( http://www.n-monitor.co.jp/ )

◇博多大吉さんが初の1位獲得・国分太一さんは7連覇へ暗雲◇

 2020年上半期の番組出演本数ランキングの1位には博多大吉さん(博多華丸・大吉)が輝いた。新型コロナウイルスの影響で全体的に番組出演本数が減少した中、「あさイチ」、「ライオンのグータッチ」などのレギュラー番組に精力的に出演し続けるなど安定感のある活躍を見せ、初の1位を獲得した。また2014年から6連覇中の国分太一さん(TOKIO)は14位となった。

 女性部門では近藤春菜さん(ハリセンボン)が1位を獲得。この部門では2016年から4年連続で1位を獲得しており、今年も視界は良好といったところだろう。また昨年に引き続き新井恵理那さんや夏目三久さん、ホラン千秋さんが上位に名を連ねた。その他ブレイクタレントにも選ばれた3時のヒロインが3人揃ってランクイン。女性芸人の新たな顔として、今後の活躍が注目される。

▼ 2020上半期テレビ番組出演本数ランキング *出演番組の放送回数分をカウント

 1位 博多大吉(博多華丸・大吉) 282番組 【あさイチ(NHK)/ライオンのグータッチ(CX)/有吉反省会(NTV)】

 2位 立川志らく 267番組 【グッとラック!(TBS)/ひるおび!(TBS)/プレバト!!(TBS)】

 3位 若林正恭(オードリー) 266番組 【スクール革命!(NTV)/セブンルール(CX)/激レアさんを連れてきた。(EX)】

 4位 設楽統(バナナマン) 261番組 【ノンストップ!(CX)/奇跡体験!アンビリバボー(CX)/YOUは何しに日本へ?(TX)】

 5位 近藤春菜(ハリセンボン) 233番組 【スッキリ(NTV)/幸せ!ボンビーガール(NTV)/ニンゲン観察バラエティモニタリング(TBS)】

 6位 博多華丸(博多華丸・大吉) 224番組 【あさイチ(NHK)/かみひとえ(EX)/華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!(CX)】

 7位 林修 222番組 【グッド!モーニング(EX)/林修の今でしょ!講座(EX)/林先生の初耳学(TBS)】

 8位 春日俊彰(オードリー) 219番組 【スクール革命!(NTV)/どうぶつピース!!(TX)/炎の体育会TV(TBS)】

 9位 坂上忍 213番組 【バイキング(CX)/直撃!シンソウ坂上(CX)/有吉ゼミ(NTV)】

 10位 加藤浩次(極楽とんぼ) 207番組 【スッキリ(NTV)/がっちりマンデー!!(TBS)/この差って何ですか?(TBS)】

 11位 粗品(霜降り明星) 201番組 【霜降りバラエティ(EX)/絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(CX)/ラストアイドル(EX)】

 12位 せいや(霜降り明星) 196番組 【霜降りバラエティ(EX)/日曜劇場 テセウスの船(TBS)/おはスタ(TX)】

 13位 岡田圭右(ますだおかだ) 195番組 【世界ふしぎ発見!(TBS)/ゴゴスマ(TBS)/クイズ!脳ベルSHOW(CX)】

 14位 国分太一(TOKIO) 192番組 【世界くらべてみたら(TBS)/国分太一のお気楽さんぽ(CX)/男子ごはん(TX)】

 15位 吉村崇(平成ノブシコブシ) 190番組 【しくじり先生 俺みたいになるな!!(EX)/くりぃむクイズ ミラクル9(EX)/あの人が「いいね」した一般人(EX)】

 16位 新井恵理那 189番組 【グッド!モーニング(EX)/新・情報7daysニュースキャスター(TBS)/所さんお届けモノです!(TBS)】

 17位 澤部佑(ハライチ) 187番組 【相葉マナブ(EX)/欅って、書けない?(TX)/なりゆき街道旅(CX)】

 18位 山里亮太(南海キャンディーズ) 185番組 【逆転人生(NHK)/東大王(TBS)/あるある発見バラエティ 新shock感~それな!って言わせて~(TX)】

 19位 有吉弘行 179番組 【マツコ&有吉 かりそめ天国(EX)/有吉反省会(NTV)/有吉ぃぃeeeee!(TX)】

 20位 小峠英二(バイきんぐ) 177番組 【ヒルナンデス!(NTV)/有田ジェネレーション(TBS)/超人女子戦士 ガリベンガーV(EX)】

▼2020上半期テレビ番組出演本数・男性タレント部門ランキング

 1位 博多大吉(博多華丸・大吉) 282番組

 2位 立川志らく 267番組

 3位 若林正恭(オードリー) 266番組

 4位 設楽統(バナナマン) 261番組

 5位 博多華丸(博多華丸・大吉) 224番組

 6位 林修 222番組

 7位 春日俊彰(オードリー) 219番組

 8位 坂上忍 213番組

 9位 加藤浩次(極楽とんぼ) 207番組

 10位 粗品(霜降り明星) 201番組

▼2020上半期テレビ番組出演本数・女性タレント部門ランキング

 1位 近藤春菜(ハリセンボン) 233番組

 2位 新井恵理那 189番組

 3位 夏目三久 167番組

 4位 ホラン千秋 165番組

 5位 池田美優(みちょぱ) 152番組

 6位 加藤綾子 142番組

 7位 福田麻貴(3時のヒロイン) 137番組

 8位 ゆめっち(3時のヒロイン) 134番組

 9位 朝日奈央 129番組

 10位 かなで(3時のヒロイン) 128番組

◇「お笑い第7世代」の躍進が目立ったブレイクタレント◇

 昨年と今年を比べ、出演番組の増加数を比較したブレイクタレント。2020年上半期では、3時のヒロインがトップに輝いた。2019年「THE W」の優勝をきっかけに一気にブレイクを果たした。「第7キングダム」や「ウチのガヤがすみません!」など特に日本テレビの番組を中心に出演数を増やし、2019年の上半期に比べ135番組増と大活躍の半年間となった。

 その他2019年「M-1グランプリ」で優勝したミルクボーイや同じく「M-1グランプリ」ファイナリストのぺこぱ、「お笑い第7世代」と呼ばれる宮下草薙、EXITら若手芸人の活躍が目立った。

▼2020上半期ブレイクタレント

 3時のヒロイン 146番組(2019上半期:11番組 +135番組)

 ぺこぱ 126番組(2019上半期:12番組 +114番組)

 松丸亮吾 183番組(2019上半期:74番組 +109番組)

 フワちゃん 112番組(2019上半期:5番組 +107番組)

 宮下草薙 131番組(2019上半期:29番組 +102番組)

 EXIT 176番組(2019上半期:81番組 +95番組)

 ミルクボーイ 93番組(2019上半期:0番組 +93番組)

 四千頭身 133番組(2019上半期:52番組 +81番組)

 ティモンディ 75番組(2019上半期:0番組 +75番組)

 ファーストサマーウイカ 82番組(2019上半期:12番組 +70番組)

【番外編】

◇新型コロナ関連専門家のテレビ出演・1位は二木芳人さん(昭和大学・客員教授)◇

 新型コロナウイルスの影響が続く中、2020年上半期には多くの新型コロナ関連の専門家がテレビに出演した。最も番組出演本数が多かったのは二木芳人さん(昭和大学・客員教授)。「バイキング」や「直撃LIVE グッディ!」など、フジテレビを中心に285番組に出演した。2位は岡田晴恵さん(白鴎大学・教授)。テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」やTBS「Nスタ」などを中心に267番組に出演した。コロナ禍が続く中、引き続き専門家の出演は続くだろう。

▼2020上半期 新型コロナ関連専門家・テレビ番組出演本数ランキング

 1位 二木芳人(昭和大学・客員教授) 285番組

 2位 岡田晴恵(白鴎大学・教授) 267番組

 3位 水野泰孝(グローバルヘルスケアクリニック・院長) 161番組

 4位 松本哲哉(国際医療福祉大学・教授) 129番組

 5位 小林寅●(=吉を2つヨコに並べる)(東邦大学・教授) 106番組

 6位 寺嶋毅(東京歯科大学市川総合病院・教授) 90番組

 7位 北村義浩(日本医科大学・特任教授) 80番組

 8位 三鴨廣繁(愛知医科大学大学院・教授) 67番組

 9位 堀賢(順天堂大学大学院・教授) 62番組

 10位 久住英二(ナビタスクリニック・理事長) 61番組

 10位 勝田吉彰(関西福祉大学・教授) 61番組

【調査概要 】

 ▼ 調査項目:上半期タレント番組出演本数 (出演番組の放送回数分をカウント)

 ▼ 調査期間:2020年1月1日~6月21日

 ▼ 対象局:NHK総合/日本テレビ/テレビ朝日/TBS/テレビ東京/フジテレビ(東京地区地上波オンエア分)

 ◎グループ出演と個人出演の合算にて集計

 ◎放送局所属のアナウンサーは対象外とする

 ◎通販番組出演者は対象外とする

 ◎再放送番組は対象外とする

 ◎ナレーション出演は対象外とする

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ