2020年7月から「With/Afterコロナの新しい働き方」を実施

株式会社ショーケース

 ~リモートワークをメインとした、時差・ローテーション型オフィスワークの導入~

 株式会社ショーケース(東京都港区六本木、代表取締役社長:永田豊志、証券コード:3909、以下ショーケース)は、「With/Afterコロナの新しい働き方」を2020年7月から実施いたします。

■これまでの取り組み

 ショーケースでは、お客様・従業員・従業員の家族・株主から新型コロナウイルス感染症の感染リスクを低減するため、2020年2月25日よりリモートワークおよびフルフレックス勤務体制を実施してきました。

 <取り組み内容>

 ・在宅勤務およびリモートワーク推奨(4月21日時点で移行率95%)

 ・やむを得ず出社する場合においては混雑時を避けたフルフレックス勤務体制推奨

 ・全従業員にリモートワーク支援金(一人あたり30,000円/月)を支給 ※1

 ・日次の安否および健康確認の実施

 ・リモートワーク体制の強化(コミュニケーションツールやセキュリティなどの環境整備)

 ・オンライン顔認証システムを活用したリモート株主総会の実施

 ・手洗い/手指消毒の徹底、手指消毒用アルコールの設置

 ・マスク着用や咳エチケットの徹底

 (ご参考)

 株式会社ショーケース 代表取締役 / 永田豊志

 リモートワーク率30%→95%を達成したプロセスの全貌。~リモートワークのヒント集~(2020年5月1日)

https://note.com/showcase/n/n5946c776c671

■With/Afterコロナの新しい働き方

 ショーケースでは、約3ヵ月のリモートワークでの経営・事業活動を通じて、経営層を中心にリモートワークとオフィスワークのメリット/デメリットを洗い出し、2020年7月から「With/Afterコロナの新しい働き方」を実施することにいたしました。

 <7月からのショーケース流 新しい働き方の模索>

 「『おもてなしテクノロジー』で、人を幸せに」をコアバリューに掲げるショーケースでは、お客様やユーザのみならず、従業員・従業員の家族・株主に対しても安心と安全という「おもてなし」を提供できるよう、今後も社会情勢に応じた新しい働き方を創造していきます。

 注釈)

 ※1 在宅勤務・リモートワークへの移行率や実施期間を鑑み、7月以降は一人あたり20,000円/月を支給。

 ■【株式会社ショーケース 会社概要】東証1部 証券コード:3909

 代表取締役社長:

 永田 豊志

 所在地:

 東京都港区六本木1-9-9 六本木ファーストビル14F

 設立:

 1996年2月1日

 コーポレートサイト:

https://www.showcase-tv.com/

 コアバリュー :

 「おもてなしテクノロジーで人を幸せに」

 私たちは人が感じる「不」を取り除き「幸せ」に導くお手伝いをしています。

 そして、私たちの喜びは、人の期待を超え、感動や満足感を提供するしくみ=おもてなしテクノロジーで、幸せな人を増やしていくことです。

 事業内容:

 ○ マーケティングSaaS事業

 EFO(入力フォーム最適化)を核とするクラウド型のWebマーケティング支援サービス

 口座開設におけるサイバーセキュリティサービス

 本人認証(e-KYC)、顔認証、免許証読み取りなどのオンライン認証サービスなど

 ○ 広告・メディア事業

 SNSと動画を中心とした広告配信サービス

 「bitWave」をはじめとするオウンドメディアの運営

 ○ クラウド・インテグレーション事業

 企業におけるDX支援

 ○ 投資関連事業(株式会社Showcase Capital)

 投資支援事業、投資家とスタートアップを繋げるマッチングプラットフォームの構築

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ