<金沢市×家庭画報ショッピングサロン>地域人気作家工芸品の販売をスタート。

株式会社世界文化ホールディングス

 地域産業に新しい販路を生むビジネスモデルを開始

 株式会社世界文化リテイリング(本社:千代田区九段北、代表取締役社長:中澤智子)が運営する通販事業「家庭画報ショッピングサロン」( https://shop.sekaibunka.com/shop/ )は、一般社団法人金沢クラフトビジネス創造機構と共同で金沢の新進工芸品を紹介、販売する取り組みを6月20日(日)より開始しました。

 金沢市により創設された(一社)金沢クラフトビジネス創造機構は、工芸・クラフトなど、ものづくりに関して専門的なアドバイスをし、ビジネス展開や販路の拡大を図るとともに、作り手や工芸に関するビジネスを企図する事業者との交流を促進する団体です。「家庭画報ショッピングサロン」は、生活雑貨カタログ「永く愛せる良いものを集めました。」(6月20日受注開始)と公式ECサイト(https://shop.sekaibunka.com/shop/ )にて、販路を提供し、金沢の工芸を盛りたてていきます。

第1回目は、金沢在住の型染作家 北村紗希さんの作品を紹介

型染作家の北村紗希さん

「永く愛せる良いものを集めました。」取り扱い商品

 第1回目は、型染作家の北村紗希さんの作品を紹介します。北村紗希さんは、型染という染色技法を用いて制作を行っている金沢在住の工芸作家で、季節や暮らしのモチーフを綿や麻、絹に染め、さまざまな作品を世に送り出しています。屋号は“型染工房紗希”。近年は、“妖怪”をモチーフに制作し、怪しく楽しい独自の世界観が人気を博しています。本企画は「dining gallery 銀座の金沢」と連動しています。次回、9月5日受注開始の秋号では、金工作家の坂井直樹さん、釋永 維(しゃくなが・ゆい)さんの作品を取り上げる予定です。

■ 家庭画報ショッピングサロンとは

 家庭画報ショッピングサロンは世界文化社が発行する雑誌『家庭画報』の公式通販サイトです。ファッション、インテリア、食のジャンルを網羅しています。多彩なカタログ掲載商品をお買い求め頂けるだけでなく、オリジナル商品やネット限定商品など、様々な視点から厳選した商品を数多く取り揃えております。その「家庭画報ショッピングサロン」が、お客様の声をもとに、独自に企画した商品が、『家庭画報オリジナル』になります。

■『家庭画報』とは

 1958 年 2 月創刊。毎月1日発売。「夢と美を楽しむ」をテーマに、 時を経ても色褪せない「本物」を追求し、日本の四季、伝統文化、食、おもてなしの心などを美しい写 真とともにお届けしています。「家庭画報の旅」をはじめ、家庭画報ショッピングサロン(通販)、イベント事業等も展開しています。公式HP「家庭画報.com」 https://www.kateigaho.com/

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ