タルガ・フローリオでの4連勝から80年マセラティ MC20プロトタイプのテスト走行を世界最古のレースコースで実施

マセラティ ジャパン株式会社

モデナ発 - 1940年5月23日、伝説のタルガ・フローリオでマセラティは4連勝を飾りました。このレースにおいてゴールラインを先頭で通過したのは、マセラティ Tipo 4CLを駆るルイジ(ジジ)・ヴィッロレージです。

 この歴史的勝利から80年、マセラティはその新しい時代の幕開けとなるスーパースポーツカー MC20のプロトタイプを携えてシチリアに戻り、有名なフロリオポリのスタンド前など、タルガ・フローリオの歴史が刻まれた場所を走行しました。

 この新型スーパースポーツカーの開発は、さまざまな条件下でのテストを重ね、データ収集を行い、最終的な調整が進められています。

 モデナにあるマセラティ・イノベーション・ラボでのダイナミック・シミュレーターを使ったテストを経て、いよいよ公道やサーキットでのテスト走行へと進みました。

 MC20は、スタイルとテクノロジーの両面において、マセラティの新時代の幕開けを告げるものであると同時に、100%マセラティによって開発・製造される革新的な新エンジンを初めて搭載するモデルでもあります。

 モデナを拠点とするマセラティは、9月に発表を予定するこのMC20とともに、そのスポーツ性をさらに高め、2010年にMC12で世界選手権を制覇して以来、再びサーキットの主役へと復帰を果たします。

Topo 4CL

 1939年に誕生したこのシングルシーターは、マセラティ創業者兄弟の末っ子であるエルネスト マセラティの発案によるもので、当初 "ヴォワチュレット"クラスのレースへの参戦を意図して設計が始まりました。排気量1,491ccの4CLは、6CMのシャシーをベースに、マセラティ史上初となる1気筒あたり4バルブを持つ4気筒エンジンを搭載。当時としては非常に先進的なエンジンで、内寸78×78mmの正方形で、スーパーチャージャーの採用により8,000rpmで220psを発生しました。

 1939年にトリポリで開催されたリビアGPでは、ジジ・ヴィッロレージが空力仕様の4CLでポールポジションを獲得。初優勝はその2年後のナポリGPで、イギリス人ドライバーのジョン・ピーター・ウェイクフィールドによってもたらされます。彼はその後フランスのピカルディGPとアルビGPで2度の優勝を果たしています。

 1930年代後半には、シチリア島パレルモのレアーレ・パルコ・デッラ・ファヴォリータに設計されたサーキットでタルガ・フローリオが40周にわたって開催されています。ここで最初にゴールをしたのは、レース前から優勝候補と目されていたジジ・ヴィッロレージで、平均速度(142.288km/h)とラップタイム(147.201km/h)の新記録を樹立しました。この年(第31回)には、マセラティでの初参戦となるアルベルト・アスカリも参加しています。

 第二次世界大戦前のイタリアとヨーロッパで行われた最後のレースでヴィッロレージが勝利を収め、マセラティの力強さを示しました。

 そして戦後もその栄光は重ねられていきます。1946年4月のニースGPではヴィッロレージが4CLを駆ってレースを制し、フランスのエースドライバーであるレイモンド ソマー、イギリス人ドライバーのレグ・パーネル、偉大なタッツィオ・ヌヴォラーリらがその後も勝利を収めました。1947年にはさらなる勝利を記録し、1948年には4CLは4CLTにアップデート、新しいチューブラーシャシーと2段ターボチャージャー付きインテークシステムが採用されました。

 マセラティ S.p.A.

 マセラティは、驚くべき個性を持つ唯一無二の車を製造しています。そのスタイル、テクノロジー、本質的に特別なキャラクターにより、マセラティは常に最高を求める人々の高い要望を満たし、自動車業界のベンチマークとなってきました。旗艦クアトロポルテ、スポーツセダンのギブリ、マセラティ初のSUVであるレヴァンテ、スポーツカーのグラントゥーリズモおよびグランカブリオは、そうしたヘリテージのアンバサダーです。マセラティのラインアップは、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、後輪駆動、全輪駆動、最高級の素材、優れたエンジニアリングを備え、これまでにないほど完成されています。これら成功を収めた伝統のモデルは、デザイン、性能、快適性、優雅さ、そして安全性の観点から、イタリアのスポーツカーを再定義しています。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ