休校中の学習・生活について保護者にアンケート【朝日小学生新聞・朝日中高生新聞】

株式会社朝日学生新聞社

 最も望むのは「双方向オンライン授業」、実現した学校は1割未満、塾は3割強

 「朝日小学生新聞」「朝日中高生新聞」を発行する朝日学生新聞社は、新型コロナウイルス感染防止に伴う学校の休校について、小学生の保護者と、中高生の保護者または本人に、4月末~5月上旬にアンケートを実施しました。回答者は主に、朝日小学生新聞、朝日中高生新聞を購読中または過去に購読していた人で、有効回答数は小学生1018、中高生176です。

リリース全文は以下をご覧ください。

https://prtimes.jp/a/?f=d21716-20200522-1261.pdf

 【主なトピック】

 ■休校中の学習形態として最も望んでいるのは「教師との双方向オンライン授業」だが、調査時点では、実現していた学校は1割に満たない。塾では3割強が実現していた。

 ■休校中も学校や塾から課題は出されているが、半数の児童生徒は自主的な学習にも取り組んでいる。3割は無料の参考書や動画も使っている。

 ■学習の遅れよりも「友だちと会えないこと」「運動不足」を心配している傾向がある。

 ■自由回答からは、オンライン授業の未整備、学校再開の見通しに対し、保護者の強い困惑がうかがえる。いっぽうで、自分のペースで学習ができるようになった、興味のある学びを深める機会になった、家族のコミュニケーションが増えた、など、休校を良い機会ととらえている意見もみられる。

 アンケート結果について、藤川大祐さん(千葉大学教育学部副学部長、千葉大学教育学部附属中学校校長)からコメントをいただきました。

【アンケート概要】

 ■実施期間と方法:2020年4月30日~5月6日、インターネットでのウェブアンケート

 ■有効回答数:小学生の保護者1018、中学生・高校生の保護者または本人176(本人41)

 ■回答者の居住地:小学生 首都圏(埼玉・千葉・東京・神奈川)60.4%、

 関西圏(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)13.6%

 中高生 首都圏(同)52.3%、関西圏(同)13.1%

 ■回答者の学年:小学生 5,6年生が49.8% 3,4年生が34.5% 1,2年生が13.3% 不明2.4%

 回答者の56.5%が私立・国立・公立の中学受験を予定している

 中高生 データ不備により計測不能

 ■調査時点での休校期間:9割以上が3月から休校状態

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ