【COVID-19関連データ】神奈川県、外出先滞在時間に大きな減少見られず

レイ・フロンティア株式会社

 ライフログアプリ「SilentLog(サイレントログ)」を提供する、レイ・フロンティア株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役:田村建士 以下、レイ・フロンティア)は、COVID-19感染防止を目的とした、人流データの分析を実施したことをご報告いたします。

 ※本プレスリリースはレイ・フロンティアが運営する「Rei Frontier Tech Blog」の転載となります。

 Rei Frontier Tech Blog:

https://tech-blog.rei-frontier.jp/entry/2020/05/22/160925

 今回は5月20日の感染者数最多の神奈川県の外出先滞在時間を東京都と比較して調査しました。外出先滞在時間は居住地・勤務地以外に5分以上滞在した場合を集計しています。

 【期間】

 2020年4月1日(水)~2020年5月18日(月)

 【外出先滞在時間】

 居住地・勤務地以外に5分以上滞在した場合が対象

 2020年4月1日の値をベースライン100としてプロット

 【エリア】

 神奈川県、東京都

 【調査元】

 弊社アプリSilentLogより収集したデータに匿名化処理を施したもの

 神奈川県全域、東京都全域の外出先滞在時間推移です。

 神奈川県は東京都と比較して外出時間が長い傾向があり、4月1日の数値を上回る日が半数以上あります。

 次に特に外出先滞在時間が長かった地域、各都道府県5つの傾向を確認しました。

 神奈川県は横浜市港北区、川崎市中原区、横浜市中区、横浜市都筑区、藤沢市です。

 東京都は千代田区、世田谷区、新宿区、新宿区、渋谷区、港区です。

 神奈川県は緊急事態宣言発信後に外出先滞在時間が減少していますが、4月1日の値を上回る日も定期的に出てきており、平均値が100を上回ったのは5地域中3地域ありました。

 それに対し東京都は外出先滞在時間が大きく減少している地域があり、特に千代田区は4月1日と比較して約8割減少した日もありました。平均値も世田谷区を抜かした4つの地域で100を下回っています。

 神奈川県では緊急事態宣言解除後も再び感染拡大増加防止として「神奈川警戒アラート」の内容が発表されました。※1

 緊急事態宣言は解除に向かっていますが、私たち自身が気をつけなければいけない点はまだ続くように感じます。

 ※1参考記事

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59340860Q0A520C2L82000/

 ~お知らせ~

 この度iPhone版同様にお使い頂けるSilentLog、Android版をリリースしました。

 今後とも宜しくお願い致します。

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.reifrontier.silentlog

 「Rei Frontier Tech Blog」では定期的に独自の人流分析データを公開しております。

https://tech-blog.rei-frontier.jp/

 ■SilentLog(サイレントログ)公式サイト

https://silentlog.com

 ■企業概要

 ◆レイ・フロンティア式会社

 ・本社:東京都台東区台東2-26-8 KSビル301

 ・代表取締役:田村 建士

 ・事業内容:

 人工知能による位置情報分析プラットフォーム「SilentLog Analytics」の開発・運営

 1)弊社が保有するデータの統計結果、AI分析推測結果の提供

 2)行動データの収集手段(SDK)と、分析基盤一式および定期レポートの提供

 3)位置情報分析技術による、既存のGPSデータの可視化と行動分析支援の提供

 4)弊社アプリ(SilentLog等)を活用した行動分析、および実証実験支援の提供

 5)行動データを活用した新規サービス、事業開発

 ■本プレスリリースに関するお問い合わせ

 レイ・フロンティア株式会社 広報担当

 E-mail:info@rei-frontier.jp

 Web:https://www.rei-frontier.jp

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ