2020年春、群馬県立世界遺産センターが富岡製糸場近くにオープン!

群馬県

 世界を変える「富岡製糸場と絹産業遺産群」やぐんまの絹文化をわかりやすく紹介

 世界遺産「富岡製糸場」のある群馬県富岡市に、群馬県立世界遺産センター「世界を変える生糸(いと)の力」研究所(略称:セカイト)が、2020年春オープンします。URL:https://worldheritage.pref.gunma.jp/

セカイト ロゴマーク

 同センターでは、2014年6月に世界遺産に登録された「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界遺産としての普遍的な価値や魅力を分かりやすく紹介するとともに、世界遺産や、絹産業、絹に関する歴史・文化等の研究に取り組み、総合的に情報を発信します。

センター外観

 同センターは、上信電鉄「上州富岡駅」から徒歩1分の場所にある歴史的な倉庫群「富岡倉庫」のうちの一つ、明治33年に建てられたレンガ積みの1号倉庫に開設されます。歴史ある建物が最新の展示施設にリノベーションされました。こちらで群馬の絹文化について学んでから世界遺産を構成する各資産(富岡製糸場・田島弥平旧宅・高山社跡・荒船風穴)へ訪れると、世界遺産の価値をより深く知ることが出来ます。

 【施設紹介】

 ▼エントランス

エントランス

 繭を素材とする美しい芸術作品で皆さまをお迎えします。

 ▼世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」

世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」

 「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界遺産としての価値や世界的に見た絹産業の歴史・技術の発展などをわかりやすく紹介します。

 ▼シアター

シアター

 高さ約3m、幅約6mの大スクリーンで、高精細CGを活用したガイダンス映像(約15分)を上映します。稼働していた当時の資産にいるかのような雰囲気をお楽しみ頂けます。

 ▼世界を変える4つの資産

世界を変える4つの資産

 世界遺産を構成する4つの資産(富岡製糸場・田島弥平旧宅・高山社跡・荒船風穴)の価値や現地での見どころ、高品質な生糸の大量生産に貢献した4資産の連携について紹介します。

 ▼ぐんまの絹文化

ぐんまの絹文化

 世界遺産の背景となった群馬の絹産業や絹文化、ぐんま絹遺産、日本遺産などについて幅広く紹介します。さわって体験できる展示もあります。

 ▼絹の国ぐんま情報コーナー

絹の国ぐんま情報コーナー

 世界遺産や絹遺産を見学いただくための案内や周辺の観光情報等を提供しています。

 【施設情報】

 施設名称:群馬県立世界遺産センター「世界を変える生糸(いと)の力」研究所

 略 称:セカイト

 住 所:〒370-2316 群馬県富岡市富岡1450-1

 電話番号:0274-67-7821

 開館時間:9:00~17:00

 観 覧 料:無料

 休 館 日:3月~11月 毎月最終水曜日(祝日の場合は翌日)

  12月~2月 毎週水曜日(祝日の場合は翌日)

  12月29日~12月31日

  その他臨時休館あり

 アクセス:上信越自動車道富岡I.C.から車で約10分

 上信電鉄上州富岡駅から徒歩1分

 富岡製糸場から徒歩10分

 U R L:https://worldheritage.pref.gunma.jp/

■日本遺産「かかあ天下 -ぐんまの絹物語- 」

 同センターでは、世界遺産だけでなく日本遺産「かかあ天下 -ぐんまの絹物語- 」についても紹介しています。日本遺産「かかあ天下 -ぐんまの絹物語- 」は絹産業に関する13の文化財で構成されており、かつて養蚕・製糸・織物の絹産業で家計・経済を支えた群馬県の女性の活躍を感じることのできる物語です。平成27年4月に日本遺産として文化庁に認定されました。

■日本遺産を楽しむ旅ガイドコラム「きぬ旅」公開!

きぬ旅サイト

 群馬県は、日本遺産「かかあ天下 -ぐんまの絹物語- 」を楽しむ旅ガイドコラムWebサイト『きぬ旅』を3月3日に公開しました。日本遺産構成文化財のある桐生市・甘楽町・中之条町・片品村の「女子旅」「カップル旅」「親子旅」プランを案内人が周遊、日本遺産・グルメ・観光・体験などのおすすめスポットを紹介しています。

 また、きぬ旅公式Instagramも開設しました。#ぐんまきぬ旅 のついた投稿をWebサイトやInstagramで紹介しておりますので、是非、「きぬ旅」のスポットに出掛けていただき、#ぐんまきぬ旅 で投稿してください。

 きぬ旅Webサイト

https://worldheritage.pref.gunma.jp/kinutabi/

 きぬ旅公式Instagram

https://www.instagram.com/gunma_kinutabi/

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ